湯西川温泉 平家の隠れ里
2015-02-04 Wed 23:01
DSCN1356.jpg


旦那の会社から勤続アニバーサリーでJTBの旅行券をもらいました。
指定期限までに使わないと税金をのせて給料からひかれてしまう (°д°)。


それでありがた~く行ってきました。 

湯西川。

旦那今月で退職するし(ゾー)。

2月は有給が残っているから家にいるらしいし(ゾー)。


宿泊は本家伴久、平家直孫25代目が守る時間が止まったような歴史と趣ある旅館。




敷地内に架かるかずら橋(葛類の吊り橋)
DSC_0307.jpg




落人が逃亡のために橋を切り落としたと知ると感慨深いものがあります。



部屋から見るかずら橋とライトアップされた氷瀑
DSC_0328.jpg







橋を渡った先の囲炉裏のある館で夕飯をいただきました。



傾斜の土地、曲がった古木でなんで建造できるの?
旦那に聞くと「大工って器用で頭いいよなぁ~。すげぇな~。」  ←これで話がおわた
150206伴久5




新鮮な山川の幸や竹酒。 

岩魚の塩焼き最高。



150206伴久1



初めて食べた鹿肉のたたき。


馬と鯨とマグロをミックスしたような味。
かつおの土佐造りのようににんにくや紅葉おろし醤油で食べます。


2切れじゃよくわからなかった って言っていいですか?


150206伴久4



かまくらの中には岩魚のお造り  うんまっっっ!


150206伴久2



その他季節の前菜、向う付け、煮物、ふきのとうの天ぷらや、
旅館オリジナルの「一升べら」。

うずらを骨ごとミンチ、山椒と味噌を添えてへらに盛り囲炉裏で焼く名物。
一へらで一升飲めるほどの味わいから女将が考えたそうです。
しょっぱくて山椒もめちゃ多かった。 あ、だから一升飲めるとか?
山の肉って香辛料を強くした方がいいのかな。
山ならではだな。


img-08[1]
公式より拝借画像



これも完食するほどおしかった山菜と大根おろしの豆乳鍋。

家でもチャレンジしましたがなにか別物に。



150206伴久3




夜は送迎で近くのかまくら祭りのライトアップや、
河川敷に並ぶたくさんのミニ かまくらに蝋燭が灯され、幻想的な光景が楽しめるのですが、


・・・旦那に寒いし危ない(すべるとか?)とNGをだされ見れませんでした。
残念。写真撮りたかったな。



河原のミニかまくら 昼間見ると風情がなくて残念
DSCN1458.jpg



川に接した露天風呂からは吊り橋と氷瀑、ほぼ満月も眺めることもでき、
銘木古木の木造建築が風情ある宿で別世界の時間を楽しむことができました。


DSC_0061.jpg



DSCN1370.jpg


以下画像たたみます。






DSC_0271.jpg



DSC_0154.jpg



DSCN1464.jpg



DSCN1456.jpg



スポンサーサイト
別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |