水銀楼浪漫帳 其の壱 -いらっしゃい-
2015-08-06 Thu 07:36


気まぐれな店主、水銀燈が営むレトロなBARにやってくるお客との何気ないひとコマ




150806 SD水銀燈 支倉1








ここはこれといったストーリーも


150806 SD水銀燈 7



気のきいたオチもない(銀様ですから)



150806 SD水銀燈 1



余計なことは忘れて
静かな時間と懐かしいような空間をただ愉しむ処



150806 SD水銀燈 6




運が良ければオープンしています



       150806 水銀楼






『 やあ こんばんは 』



150806 SD水銀燈 4



『 いらっしゃい 』


150806 SD水銀燈 5



『 お久しぶりね 』



150806 SD水銀燈 3





『 えー 足げく通っても滅多に開いてないからなぁ

          せっかく別嬪さんに会いたくて来てるのに』


150806 SD 支倉3




『 あら じゃあどうぞごゆっくり

    どうせ今夜も待ちぼうけを食うんでしょうから

    なんなら夜明けまでお店を開けておいてさしあげるわ 』



150806 SD水銀燈 8



『 相変わらずだよなぁ 』


『 ふふ 』



150807 SD支倉・水銀燈 1




とまぁ こんなたわいも無いやりとりで其の弐に続きます。 次回は支倉メインで。

水銀楼浪漫帳シリーズ

◆其の弐 待ちぼうけ  




住人(うちの人形)達も住人同士お互いつきあいが長くなってきました。
古株のルカとセシルなんてオーラに貫禄が伺えるしw。


それぞれの世界でそれぞれの出会いや物語があるんだろうなと思うと
後見人及び管理人としてはおおいに楽しませてもらっています。


和服好き。
昨年も着せていないまま季節が終わってしまった浴衣が何着かあるので
ちょっと気が気ではありません。



これは息子の甚兵衛。
試験がおわって週末にでも寮から帰ってくるというので新品に水を通しました。

暑い夏の朝に子供の甚兵衛を干すのが毎年の小さな楽しみ。

人形の服みたいに小さかったのが・・・デカくなったなぁ。
そうだ、お米やら買い出しいってこなきゃ。
旦那とふたりだと夏場はご飯を週に1回しか炊いてないありさま。


甚兵衛








スポンサーサイト
別窓 | 水銀燈・真紅F25・蒼星石ミカエル・翠星石教室B・F15 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |