休日の日記
2015-06-07 Sun 11:51

ブランチ
150607 1
気づいたら20年以上使っているお皿(ワイルドストロベリー 生誕50周年だそう) 
白無地よりむしろ飽きのこないデザイン




老朽化して冬は雪の重みで屋根がいよいいよ危ない旦那の実家。

20年以上介護生活をしているわたくしにとっては経験上、
無駄に広い土地を売ったお金で、マンションへ移って貰った方がセキュリティ面を初め安心でおすすめながら、
本人(義父はもうすぐ90歳)が嫌がるので嫁としてはどうしようもありません。

今更新築って覚悟はしていてもやっぱり大変。

当初の金額で土地が売れず(福島は難しい)建物のプラン変更。(旦那が基本設計)

おちおちしていると冬になってしまうので、てか義父母の寿命がくる!

午後は急いで図面を描き直し。


図面



夕飯は天ぷら
150607 3
きすがなかったので本ししゃも  みょうがの天ぷら大好き
シソ、あなご、小海老と貝と玉ねぎのかき揚げ、サツマイモは揚げたてが最高



今あさりのお味噌汁がおいしいー
150607 4




昨日母が「夢で亡くなったT姉とK義姉と一緒にとても楽しく談笑していたの。
私お迎えが近いのかしら。きっともう長くないのね。」
って・・・

K義姉(伯母さん)はまだまだ生きてるんですけれど?
彼女の実の息子が頭が下がるほど甲斐甲斐しく介護してるし。
介護者の身にもなって。などと言うとショックでパニックを起こすので言えない。

母の肩を揉みながらわたくしは苦笑いするだけ。 

年寄りとはいえ悲劇の主人公(かまってちゃん)の話はどうにもこうにも疲れる。


どうせならもっと素っ頓狂なボケ話で楽しませてくれると面白いのに。

K伯母のお見舞いに行くと、「あら〇ちゃん(わたくし)昨日も赤ちゃんを抱っこして来てくれたでしょ、
今日も来てくれたの?うれしいわー。」

「この間Hちゃん(親戚)の車で海に行って、あのこの運転荒くてジェットコースターみたいね。」
って勿論K伯母の脳内展開話だけれど明るくて好きだ。




150607 2




さて、天気がいいのでお布団を干そう。

夜中から朝まで煩いカラスが少しずつおとなしくなってきました。



スポンサーサイト
別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |