かずら橋の宿
2015-02-08 Sun 08:45
ご覧いただきどうもありがとうございます。 m(_ _)m

3連続、旅先での最後の銀様画像です。



↓ 水銀燈オーナーの息子が推しの1枚
  肩あたりのセミロングだと尚可だと(茶系は持っていない) 


150210水銀燈9




ここ一連のUP画像を見ると、
いつにも増しことごとく絵で習った構図満載で・・・苦笑いをしてしまいます。

雪国の野外撮だとモロ教本通り。

ほとんど無意識なのでガチガチに染み付いているんだなぁ。

はは。



せっかく趣味での写真なのだから型にはめず、もっと自由で良いんじゃないかなと。


でもこれも自分史だから、個性だと思って楽しくやろう・・・。
もしかしたらそのうち変わってくるかもしれませんし。


150210水銀燈2



今回は目の前にいそうな少女を意識しました。


こんな顔を見てしまうとついつい
うちにも女の子どもが欲しかったなんて思ってしまいます。

やわらかそうなほっぺを触りたい。

育てるのに金かかりそ


150210水銀燈1






150210水銀燈13



湯西川の本家伴久、平家直孫25代目が守る時間が止まったような歴史と趣ある旅館。




敷地内に架かるかずら橋(葛類の吊り橋)と見事な氷瀑
150206伴久6



落人が逃亡のために橋を切り落としたと知ると感慨深いものがあります。



湯西川に架かるかずら橋の上から
150206伴久7






150210水銀燈10







150210水銀燈3






150210水銀燈4






150210水銀燈5






150206伴久8







150210水銀燈14






スポンサーサイト
別窓 | 水銀燈・真紅F25・蒼星石ミカエル・翠星石教室B・F15 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |