ウィリアムズと小さな天使
2014-12-12 Fri 00:06
いつも仲良くしていただいているPさんの作ったお洋服が届きました。


クラッシュベロアのワンピ 。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

お洋服を作れる才能がうらやましいー。



141212 クローバー 1





旦那がうまい具合に忘年会(何回目?)なのでヤッホイホイ♪と、
自分のお夕飯などは後回しで撮影したてのホヤホヤです。



ジャン!  ウィリアムズは幼児が好きだと思うんだ(将来は子煩悩 親バカ)。


141212 クローバー ウィリアムズ 2



ずいぶん前の銀貨クルーズでウィリアムズの周りに小さい子がワラワラ集まっていて、
なにかものすごく納得してしまったのです。


そうだったのか   と。



ふたりとも涙出そうに可愛い 
141212 クローバー ウィリアムズ 5




『俺は今まであの馬鹿どもとなんて無駄な時間を過ごしていたんだ』  




141212 ウィリアムズ 1







141212 1




ウィリアムズおじさま ご本読んで』




141212 クローバー 2




『ねぇピーターのパパはうさぎのパイになっちゃったんでしょ?』


『え、そんな切実な事情を子供の読み物でいいのか!?』  



その後お坊ちゃんのウィルは、
母親がうさぎの毛の手袋や袖口飾りを編むなどして生計を立て
ピーター達兄弟を育てているという事実を知り更にショックを受ける


加えて英国の伝統料理のうさぎのパイもしばらく口にできなくなる



OK出した編集担当者はどこの馬鹿者だと思うウィル
141212 クローバー ウィリアムズ 3



それにしてもクリスマス休暇に遊びに来た親族の子、小さい天使があまりにも可愛くて

ちょっと海軍から引退を考えたりしちゃったり




『あいつらさっさと海に沈めるか』
141212 クローバー ウィリアムズ 4



束の間の幸せを噛み締める 相変わらずジジく ウィリアムズでした。




じーーーーん 。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
141212 ウィリアムズ 2










†     †     †     †     †     †     †     † 




12月になると廊下の照明も冬支度



141212 クリスマス飾り1




もう何十年もおんなじ    時間が止まっているみたい

小さなツリーは20年以上前のもの

これからも毎年おんなじ



141212 クリスマス飾り2




先週末は息子が寮から戻っていたのでお鍋も久々豪華で

大きな土鍋が活躍できてうれしそう。


うどんの寄せ鍋  白菜をきらしていてキャベツやお大根の葉をいれたけれどおいしかった
141212 寄せ鍋



旦那はずっと忘年会続きで、息子も年末はサークルで第九の合唱や
地域の教会のクリスマスのアカペラ、商店街のお掃除のお手伝いで忙しいみたい。



ひとりのお鍋だとこんな感じ。  なるべく包丁を使いたくない気が。

ひとりで食べる贅沢な?手抜き夕飯万歳。


このあと昆布のお出汁がきいたところにご飯と卵、アサツキでお雑炊♥
141212 お大根鍋







スポンサーサイト
別窓 | ウイリアムズ | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |