藤景色2 水銀燈・翠雨
2014-05-03 Sat 01:01
# 翠雨

藤景色2 SD13水銀燈 




藤を遠くから眺めると そぼ降る幾筋もの雨のようです。




140502水銀燈7





        140502傘 (2)







140502水銀燈3
SD 水銀燈







140502水銀燈8






140502水銀燈9






140502水銀燈5






140502水銀燈2






140502水銀燈4






140502水銀燈10






140502水銀燈14






140502水銀燈15






140502水銀燈11






   140502水銀燈18






140502水銀燈19





************************************************************

ヒトリゴタク(ひとり言+ゴタク)



野外撮影をしていると、カメラを向けてきたり傍でタバコを吸いながら見てたり、
話しかけてきたりするひとがかなりいます。

正直面倒くさいし気が散ります。

はたからみたらめずらしいのでしょうね。
でもドールと色んな所で色んな顔を見せてもらいたい気持ちが断然勝るので、
そこは仕方ありません。


”そういうひととも気軽に話し合えばわかりあえる”
と言っていたドール撮影がお好きなブロガーさんもいますが、
ドール趣味は同居の方にさえ内緒の隠密活動だそうで、
なんか・・・大事な身の回りの人間と話し合ってないのに!?
と失礼ながら思います。
自分も誰しも矛盾をかかえていますが,
矛盾と筋が通ってないは別。



脱線してしまいました。
話しかけてくることの大抵は「何をしているんですか。」 
「どうして人形の写真を撮っているんですか。」
という質問。


こういう方はなんとなく言っているのでしょうから
「人形の撮影です。」「単なる趣味です。失礼します。」と、
お辞儀をして終わらせるのが常です。


「お人形が好きなんですか?」と聞いてこられる方はその方も好きなようです。
「私もいつも持ち歩いているんです。」と小さなテディベアをみせてくれたり、
「うちの家内もたくさん集めててね。」なんてお話しをしてくれます。


この日はよくいるデカイカメラを持った年配の男性に
とても面白い質問をされました。


「その人形は旅行に連れてきてあげたのですか?」


突拍子もないことを聞かれて目が丸くなりました。
質問の意味が把握できません。
何この切り口。
(確かにたまの旅行には幼かMSDサイズは連れて行きます)


「あの・・・違います。この辺りに住む者です。
ただ人形が好きなんです。人形を撮るのが好きでこちらに来ています。
失礼ですがどういう意味でしょうか。」


年配の男性は笑顔で
「そう、旅行にこれないひとの代わりにお人形を連れてきたのかと思ったんですよ。そう見えました。」


病人やご老人が大事にしているお人形をその人の代わりに連れてきて、
人形に藤を見せてあげているように見えたそうなのです。
その写真を撮っているかと思い尋ねてこられたそうです。


・・・・煩わしいから話しかけないでなんて思ってごめんなさい!
講釈たれたい面倒くさい人かと思ってごめんなさい!


キャリーバッグ持っていたから旅行だと思われたようです。
うちのドールからそんな気持ちを持っていただきありがたいです。
この人の撮る写真って・・・


自分アピをするわけでもなく
こんな視点や想像力で他人や対象物を捉えるこのとできる人が撮る写真って
どんな写真だろう。


心に残る人だから・・・・

きっと

心に残る写真を撮るんだろうな。

きっと

自分の目で物事を見て感じて、きちんと相手の話を聞ける人なんだろうな。

こんな方がいると知って  逢えてよかったです。 





スポンサーサイト
別窓 | 水銀燈・真紅F25・蒼星石ミカエル・翠星石教室B・F15 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |