苺リズム
2014-04-12 Sat 18:36
   午前中に用事やら家事(テキトー)が終わってしまい午後中暇人。
   こんな天気のいい日の午後にしたことっていったら近所のママ友、
   通称苺夫人に苺を分けてもらいに行ったくらいです。

   わたくしのこの暇な時間を忙しい方にわけてあげたいと思いました。
   

   苺夫人の旦那さんは数年前に脱サラして単身苺づくりをしています。
   


140412ローゼンリード1
ローゼンリード クローバー・ベージュ・セージ


   とても大きくておいしい苺なのにうまく表せない。
   
   2パック譲ってもらい、ショルダーバッグの中にいれようとしたら
   普段おだやかで聡明な彼女が厳しい口調で

   「重ねないで。」 ← きっぱり

   す、すみません。そうですよね、重ねたら苺が傷んじゃうよね。


   両手に苺のパックをひとつずつ持って帰って来ました

   すごいマヌケな姿だったことでしょう。



140412ローゼンリード2



   丹精込めて作ってるんですものね。
   
   苺が可愛い ってい言ってました。



   140412ローゼンリード3



   それでまったり雑誌なんか読んじゃったりしまして。

   おばさんのくせにPOPEYEなんて買ってきたりしまして。


   うわーーー文字ちっさい ← しょっぱなくじけました

   内容は
   ”これから東京にやってくる君、東京生まれの君にも薦めたいマニアックガイド。”
 
   相変わらず雑貨やらファッションやら食やらてんこ盛で。

   いや、昔はファッションが主だったのに食べ歩き雑誌のよう。

   それとやけに懐かしい感じがするんだけれど、本当にリアル若者が読んでいるのだろうか。
   実はギリ老眼前の小さい文字OKのアラフォーが昔の趣味で読んでいるとか?


   下世話にも「POPEYE 対象年齢」で検索すると、ちゃんと20代中心シティボーイ
   ってありました。シティーボーイ・・・久々な言葉。
   すんません。暇人で。
   雑誌によってスーツスタイル、アメカジ、まぁオラオラオ系もわかるとして
   さっぱりわからないのがツヤリズムってカテゴリーでした。
  
   どんな主義?

   もうなんでもいいや。


140412羊1


   本屋に行くと人形関係の雑誌を見かけることがほとんどなく、
   もしかしてものすごーーーーい少数派の趣味なんだろうか?
   錯覚?確信?


140412羊3


   リズムの狂った日。

   そろそろ夕飯の買い物に行ってきます。




    
スポンサーサイト
別窓 | ROSEN LIED    | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |