ビター&スイートバレンタインのテーブルコーデ 
2020-02-17 Mon 06:00
                                         
                                   

先日のバレンタインにはチョコがアクセントになったプチムースのケーキを選んでみました。

陶磁器やグラスのテーブルウエアフェスティバルでお勉強した(つもりの)効果をちょっとは出したいぞ。

200217DSC_4341.jpg


これだけです(;´∀`)特にバレンタイン用のお料理を作ることはなく、買ってきたものを並べただけなんですけど。
はは。

200217DSC_4341 ー


バレンタインの朝の息子の朝食。とても普通。
普段家にほとんどいませんからね、朝にチョコを渡しちゃえとデザート代わりにチョコムースケーキを。

200217DSCN4513.jpg


それとは別に旦那には旬果瞬菓のおいしすぎるトマトの求肥菓子、息子にはおつまみ用に紅茶のチョコを。

200217DSCN4515.jpg


200217DSC_9758


(ノ∀`)ああやっぱお人形さんとインテリアのコーデの方が慣れてて好きかな。
今日はビター&スイートチョコな香りがしそうなこを選んでみましたよ。

200217DSC_9747.jpg


気づいたら・・・うちはラブラブなバレンタイン光景ってのを見たことないじゃないか・・・・。

200217DSC_8027.jpg


なんでだ?笑 よそ様のような素敵なロマンスはどこ。

200217DSC_9696.jpg


あ、ルカとクリスチーナがいた。良かったうちにも深く愛し合っている人形がいたわ~。
でもクリスチーナは甘い顔してチョコを渡すようなタイプじゃないな・・・。

ビター系揃いなのか。

181225DSC_7628 (2)



最後は海外の老舗窯元のテーブルウエアのご紹介。
草花やインテリアを手がけるプロが作る空間に負けない、
各国で愛されているイタリアのジノリの佇まいはさすがとしか言えません。
一見飾らない無造作な配置でもこの存在感。

2002176DSCN4402


私の写真では実際の洗練された空気を伝えきれないのですが、ハンガリーのヘレンドも完成されているテーブルコーデでした。
和洋の融合がしっくりしてとても自然だと思います。清潔感と気品がありますね。

人形で言う元の造形の美しさが漂っているというのでしょうか、何も難しくはなくあるべき場所に配置され、東洋的な食器デザインに落ち着いてテーブルに着ける気持ちになります。

昔からノリタケ、オールドノリタケ好きな私ですが、数々の甲乙つけがたい食器とテーブルやインテリアのコーデの中で、一番欲しいと思ったのがこのヘレンドのシリーズでした。
ライトスタンドがまたひときわ美しかった。

200217DSCN4416.jpg


こんな素敵なセットはとてもじゃありませんが高嶺の花でも、食卓は食・文化・健康・コミュニケーション・芸術・技術・愛情、総合的な要素が詰まった場所だから大事にしていきたいと思っています。

手頃なお土産に買ってきたのが大人っぽいリバーシブルランチョンマット3枚。@400円

DSCN4514.jpg


それと切子の実演販売をしていたので息子にお猪口をプレゼント。
10歳くらいの頃近所の江戸切子店で一緒にグラスカット体験をしたことがありその頃から切子のファン。
けっこう器用で私よりデザインもカットもうまかった・・・。私は下手すぎ・・・。

その時に息子がカットした緑色のグラスを今でも本人が愛用していて、似たようなデザインをここで初めて見かけたので手にしました。

200217DSC_4344_20200216170624fae.jpg


素敵なテーブルウエアフェスティバルの写真はまた機会がありましたら紹介しますね。

それにしても毎日新型肺炎の新しいニュースが気になります。
私はこのところドライバー用の薄い白手袋を5枚ほど100円ショップで買い、出かける時に着用し帰宅したら除菌して頻繁に洗い取り替えるようにしています。

家族の食事を作ったり配膳をするので手にはしっかり注意をしないと。
簡単な対策でもとにかく気をつけるのにこしたことはないですから。

本当に早く終息して欲しいものです。皆様もお大事に、本日もどうもありがとうございました。

† 箱庭のHEAVEN †

にほんブログ村 



関連記事
別窓 | ドルパ・イベント・展示会 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |