休暇 Ⅱ † 日光東照宮 †
2012-10-07 Sun 19:10
      昨日に続き旦那との旅行の2回目です。
      約10年ぶりの日光。
      東照宮までの巨大な杉並木の間を歩くのも今回の旅行の楽しみのひとつです。


          日光9DSCN5719_convert_20121007133204

      この杉はまだ小さいながら苔むして美しい。

          日光1DSCN5676_convert_20121007131039

  
      ん?木の洞になにか見慣れぬ生き物が。  
  
          日光2DSCN5680_convert_20121007131236


      でたー。なんじゃこりゃw日光天然記念物?ってあいかわらず遊んでいます。

          ちみっこしろたん 恐竜ver.
          日光3DSCN5682_convert_20121007131447


      東照宮までこんなに歩いたかな。
      確実に年を感じまする。
      
      旦那は障害者割引で通常大人1300円のところ700円で入れます。

      ところがチケット売り場の巫女さん姿の女の子に
      「本堂の鳴き龍には障害者割引の方は入れません。」
      と言われました。

      ”障害者”ではなく”障害者割引”

      「じゃ割引適用しないと入れるんですか?」

      「はい。」

      ???

      なんじゃそりゃ

      これは聞き方が悪かったか!?

      理由を知りたいところ、当の旦那が嫌がるので聞かずじまい。
      でも双方のリスク、対応の大変さから遠まわしのお断りですね。
      国宝、世界遺産ですものね。
       
      「ママはせっかくだから見てきなよ。俺昔見たことあるし割引使う。」と旦那。

      どうにも思い入れがある作品ならお言葉に甘えて見させてもらいますが、
      そんなさびしいこといわないでよん。水くさいなぁ。
      せっかくふたりできたのに。

      権現様商売上手~。ってことにしよう。いや正に殿様商売。

      もう鳴き龍見れないなら拝観料500円でいいわ! ←本音
                
          日光4DSCN5688_convert_20121007131626

              

      って世界遺産でこんなことしているアホ夫婦が何言ってるってやつですね。
      旦那のお気に入り パンダしろたん

      じゃなくて有名な 見ざる、言わざる、聞かざるの三猿。

      うまく説明できないですが、なんかこの猿本当に脳みそが入っているような
      雰囲気ありますよね。わたくしより頭良さそう。

      
          日光5DSCN5693_convert_20121007131832


      今回一番感動した上神庫の彫刻
      霊獣の獏(ばく)だと思っていました。
      家に帰って調べたら狩野探幽が実物を見ず想像して描いた象を彫刻にしたようです。
      素晴らしい~。

      三猿の向かいにあるというのに前回まったく目に入りませんでした。
      


          日光7DSCN5695_convert_20121007132648


          日光8DSCN5707_convert_20121007132819


      陽明門。別名日暮(ひぐらし)門。彫刻をひとつひとつ見てたら本当に
      日が暮れるといいますか、
      だめだ、細かすぎてギブアップ!背筋がざわざわしてめまいがしてしまう。
      10年前はあんなにも感動したのに。
            
 
      眠り猫も前回ほど感動せず、むしろその門の先のお墓まで
      長い長い階段を貧血になりながらも上れた自分に感動しました。


      なんかですね、
      年代とともに見るもの感じるものがこうも違うと思い入ったのです。

      うん。それがわかって良かったです。
      
      それに10年前は今は亡き父と今はもうこんな険しい階段は昇れない母、
      小学生でまだ度々自分の膝にのせてた息子と来たのですからね。

      そういう時の流れを知るにもまた来て良かったです。      
   


   
      
          日光9DSCN5778_convert_20121007133359


      宿は東照宮そばの 『鶴亀大吉』という福々しい名のホテルに泊まりました。
      こじんまりとアットホーム感があります。


          日光10DSCN5765_convert_20121007133621


      ちみっこちゃんたち大喜び。



          日光12DSCN5815_convert_20121007134443



      やまめ食べたのも10年ぶり。
      これは小さな一夜干しの半身。
      しいたけ大きくて美味。栃木牛もこくがある~。


日光10DSCN5796_convert_20121007133829日光11DSCN5803_convert_20121007133954


      もうこれは飲めっていってるようなものじゃないですか。
      ね。(笑)

      いただきます。



      お・ま・け
      旦那が撮影した パンダしろたん


日光14CIMG0177_convert_20121007192853日光15CIMG0178_convert_20121007193036



      いつも拍手コメント本当にありがとうございます。
      心が温かくなります。

      
スポンサーサイト
別窓 | † 文箱【日記】     | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<休暇 Ⅲ † 金谷ホテル 100年カレー † | † 箱庭のHEAVEN † | 休暇 Ⅰ † 1970年代 †>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |