イヤープレート1945年と週末の骨董市
2018-11-18 Sun 17:00



もうそろそろ所持していいんじゃないかと思い、
やっと手にしたロイヤルコペンハーゲン1945年のイヤープレートです。

181117DSC_7444


何故もうそろそろと思ったかと言いますと、
この春から子供が社会人になったのと、自分の両親の介護が一応終わった区切りの年だからです。

次は歳が離れた旦那と自分が控えていますがね。
旦那の親は自分たちが親の介護で随分と問題があったから、
私たちに相談はするし力になってもらうけれど、直接介護はしてもらいたくないそうです。
気持ちはよくわかります。私たちもそうです。

それと半世紀生きておめでとう自分という理由。(なんか複雑)
区切りと次の人生の記念プレートとして、その時に手にしようと決めていました。

そんなわけで先月の誕生日頃に購入した為、気の早いクリスマス風になってしまいました。


ただの絵皿ながら眺めていると気持ちを重ねられるものがあります。

不毛の地を白く覆う雪の中に開く一輪のクリスマスローズ。

幼児のように喜々と身をかがめ、それを愛でる小さな天使の姿に涙腺が緩みます。

この『平和のモチーフ』プレートは、1945年に終戦した後のデンマークを表していると聞きます。

世界各国がこのような状況だったことでしょう。

初年度の1908年から現在までに制作された中で、私は最も好きな絵柄のプレートです。

なんでしょうね、メッセージとして伝えたくて制作しているのではなく、
気持ちがそのままここに込められているからか、見ていていつまでも飽きません。


元々食器などの陶磁器、とくに古伊万里の染付が好みで江戸後期の蕎麦猪口など自由な絵が面白いですね。

味のある蕎麦猪口やお手塩皿は普段使いにしています。

毎月1500円ずつ陶磁器用に貯めており、気づいたら20年続いていました。

あ、自分の趣味娯楽用に○円を毎月貯金しており、その中で色々と内訳があるんですよねw

子供の教育費にあてる時もけっこうありましたが。


181117DSC_7439.jpg


上の方の画像にある同じくロイコペのミニプレートは、
アンデルセン童話シリーズで、確か全25枚だったかを所持しています。

それぞれのお話が絵のモチーフになっています。
なかでも子供の頃から好きなアンセデルセンらしからぬ舞台が中国の『小夜啼鳥(ナイチンゲール・王様とうぐいす)』、
アンデルセンを代表する『あかいくつ』など。


1811170356512[1]


物語と絵皿を題材にした5年前のブログ”小夜啼鳥(ナイチンゲール)”より

1811170817030786f.jpg



詳しいコレクターではないので他には家族の記念プレートなどが幾つかあるくらいで、
数年毎に気持ちと合うものがあれば楽しみに買い足しています。

181117DSC_7451


それと先週浅草のライオンビルで年に2回の骨董市がありました。


181114_143102.jpg


今回少しだけ持ち帰ってきたの物は、まず手描きの小さな木製ゴブレットをふたつ。

おそらくはドイツのビンテージ。民芸調でなんともかわいい。

181114DSC_7370.jpg


お次は銀座の裏窓さんの出店から見つけた蜂のメタルパーツ。

手製の豆本の表紙にデコパージュをしたくて。

天使やコウモリ、鹿に羽のモチーフなど、色々目移りしてどれもこれも欲しくなりました。

でも気に入ったのはひとつ1500円前後で、なんか桁が違う・・・クラッ(゚´Д`)

これまで予算的に見送っていたんですが、どうしても欲しくてひとつだけ買ってきました。

なくさないようにしなくちゃ!なんか手製に見合わない値段の本になっちゃった。

まだ暫定でこれから豆本を新たに作ろうと思います
パーツが高いからもっとデザインを凝りたいけどできるのか私に?大雑把で器用じゃないからな
181114DSCN7108.jpg


最後はドライフラワー。

当初は体裁よくスワッグ(壁掛け)を作るつもりが、しばらくこのままでいいかな~と横着こいてます。

ピンクのペッパーベリーも買って全部まとめて紙に包んでもらったのだけれど、
それだけ丈が短くて束ね方も甘かったらしく、不注意な私は途中で落としてきちゃいました。涙

それから左の薄ピンクの花の匂いが変なの。ドライフラワーでも匂うんだな。

時間が経てばそのうち飛ぶかしら?次はその辺も気をつけて選ぼうと思います。


181114DSC_7435


突然旦那が何年かぶりで洗濯をしてくれて、ちょっとどうしちゃったのかと思いました。
やだ何か後ろめたいことでも?株で損でもしたのかしら?なんて勘ぐりをしたりしてw
旦那の株については私はノータッチなので聞いてませんが。

気づいたらテーブルに置いておいたアンティークチュールまでゴンゴン洗濯してくれちゃってすっごいショック。
ち、縮んで風合い台無し(;_;)ゴワゴワになっている。倒

「なんかみすぼらしいから洗った。」だって。くーっ。
蔵がある古い家系や物の中で育ったから、アンティークに興味がないどころか嫌なんですって。

住まいもモダンなホテル調が好きなんですよね。
だから私の部屋は気に食わないそう。(頼んでもいないのに入ってこなきゃいいのにねw)

子供にチュールのことを愚痴ったら「まぁ・・・自己管理がダメだったね。」だって。くーーーっ。
ほんとうっかり油断しました。



本日もおいでいただきありがとうございます

にほんブログ村



関連記事
別窓 | ドルパ・イベント・展示会 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |