ミクロコスモス
2012-09-22 Sat 21:00
着せ綿(菊)という不思議な名前の和菓子に出会いました。
      
   
    
     
和菓子秋着せ綿逹€縺帷カソ・郁所・吋SCN5333_convert_20120921210125


菊の着せ綿(きせわた) -wiki参考-
平安時代の貴族の習慣で、重陽(ちょうよう・9月9日)の日に菊の花に
植物染料で染めた黄色の真綿を被せ、明くる早朝に朝露を含んだ綿を菊より外し、
その綿で体を拭えば菊の薬効により無病であるという。



薄紅の練りきりが菊で上の白が綿をあらわしています。
お茶をされている方には茶菓子として今の季節馴染み深いのではないでしょうか。



    
     
水銀燈2DSCN1083_convert_20120921212014



花びらを幾重にもあらわしたものもありますが、
自分はこのシンプルなのも好きです。           



和菓子秋着せ綿DSCN5358_convert_20120922203830





水銀燈1DSCN1085_convert_20120921211810





水銀燈3DSCN1087_convert_20120921212254
SD 水銀燈 デフォルト



墨田区の東向島、昔ながらの和菓子屋・埼玉屋さんによく足を運びます。
おいなりさんやかんぴょう巻きも好んでいただきます。
コンビニよりおおぶりなのは下町だからかな。
お酢と海苔のかおりが妙に懐かしい。

   
小さな間口のお店にところ狭しと並ぶかわいい和菓子たち。
昨日はお彼岸のおはぎ、こしあんとつぶしあんの2種があり、
皆さんどちらも同じ数ずつ買っていかれたのか、
お盆に同じ数だけ残っているのがなんとも可愛らしかったです。


      
春のお彼岸は牡丹の花が咲くので”ぼたもち”
秋のお彼岸は萩の花が咲くので”おはぎ”と呼ぶそうです。
         

和菓子って季節の行事や由来が見事にシンプルに伝えられています。
こういう小宇宙ってとても惹かれます。


日本人の細やかな感性ならではですね。 


そう言えば今日は秋分の日でした。22日は116年ぶりだそうです。
秋分の日は23日だとばかり思い、月曜は振り替え休日だと勘違いしていました。
(旦那がっかりしていました。わかる週休3日欲しい。)      


天文計算の調整。)
こちらは大きな宇宙が感じられます。




スポンサーサイト
別窓 | 水銀燈・真紅F25・蒼星石ミカエル・翠星石教室B・F15 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ドリトル先生と迷い小路 | † 箱庭のHEAVEN † | 季節のドール 2012 初秋>>
この記事のコメント
> 5000越えコメントありがと~うッ!!
>
> 銀様、綺麗ねぇ~
>
> って、まだはらぺこ日記で、和菓子ってやってないような?
>
> ところで、しろたんのママさんって、何て呼べば良いの?
>
> さらばじゃぁ~!!ドロンッ!!
>
> お腹空いた~
>
> ドロンッ!!

本当におめでとうございます~。

ひーちゃんいつもお腹すいててたのもしいな。
確かひーちゃんは洋菓子が好きなんですよね?
いつか和菓子も紹介してね。

呼び方はしろたんのママでいいのですよ。
面倒だったらママでよろしくです。
2012-09-22 Sat 23:55 | URL | しろたんのママ #-[ 内容変更]
5000越えコメントありがと~うッ!!

銀様、綺麗ねぇ~

って、まだはらぺこ日記で、和菓子ってやってないような?

ところで、しろたんのママさんって、何て呼べば良いの?

さらばじゃぁ~!!ドロンッ!!

お腹空いた~

ドロンッ!!
2012-09-22 Sat 23:29 | URL | V-MAX ひーちゃん #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |