その2 ドールワールドフェスティバル 2018初夏
2018-06-19 Tue 18:33



ドールワールドフェスティバルその2(後半)


アニエス(SDGrアーニー)達に似合いそうな襟飾りをみつけました。
180619DSC_5645.jpg


本来は8・9号(45~50cm程)ビスクドールのヘッドドレスですがうちではSDに。

サイドのリボンを首の後で結んでいます。

これだと首の細い女の子には、新たにホックをつけないとゆるいかと思います。


180619DSC_5653_20180618150447292.jpg


こちらは小さい子供用の付け襟でしょうか。それとも大きな人形や彫像用?

少々傷んでいますが時代を感じる慎ましいデザインと素材が美しい。

その下はシックな色合いで、当時の流行りか面白い自由なデザインのチュールレースのはぎれ。

アンティークも手元に幾つか集まってきました。

コレクションしたいつもりやそんな費用も知識もなく、宝探しのようにゆっくり探すのがただ愉しみで。


180617DSC_5605.jpg



ビスクドール用ドレスは欲しかった色デザインにマッチしてうれしくなりました。

ところどころビンテージなどの素材で、ここ最近作られたもののようです。

安くもとめられてよかった。


180617DSC_5607.jpg


素晴らしいアンティークチュールレース。

繊細な風合いと手触りで糸が細い~。

予算以上に値が張り会場を後にしても悩んだ挙句、なかなか手に入らないかもとそそくさと舞い戻り購入しました。

SD人形用のオーバーブラウスもどきをまた手縫いしたいと思います。

が私の悲惨な腕ではこのレースが気の毒・・・。

このままでもいいんだけど(悩)、そしたらお店の方が「これは素材用に何枚かに切って売っているものだから作れば。」
と言ってくれたので頑張りますか。

素敵なものが作れますように。


180617DSC_5610.jpg



180619DSC_5652_20180618150445b85.jpg


以前アンティークチュールレースのはぎれで作った17オーバーブラウス
まだ分解せずなんとかもっていますよw
13サイズが着るとガウン風でそれも可愛くて、よく着まわしています
171010DSC_0043[2]


愛らしいミニョネットも手に入れました。

この作家である鈴木紀子さんのミニョネットに惹かれて、次回もぜひ再訪しようと思います。

小さくて作るのが大変でもうやめようかしらなどとおっしゃっていました。

想像よりご苦労があるでしょうが、また作ってくださるとうれしいな。

お人柄も素敵でにわかファンになりました。

10cm程のビスクドールもいいな。イースターエッグに入れたい。


見るとこちらも笑顔になってしまう 大きいほうでリボン含め3.8cm
あまりにも小さいと私にはもうよく見えないから丁度いい
足かわいいいい ぷっくりお腹にキスしたい
180617DSC_5613-.jpg


その他目に留まったもの。

1806198DSC_5660.jpg




子供の頃からオートマタのピエロエクリヴァンが好きでアニエスといると彼を思い出してしまう
180619DSC_5655.jpg



それではまた次回12月の開催を心待ちにしています。






別窓 | イベント・展示会  | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |