また藤の頃が過ぎ
2018-05-23 Wed 00:01



藤の写真を撮りたくてイメージが幾らかあったのに季節が過ぎてしまいました
タイミングは大事にしたいと思うも上手くいかないものです
180522150508163213356-1_20180524112756470.jpg


2013年 薫風



風が爽やかな今日の気候はとても過ごしやすいものでした。

なにより息をしやすい。

おそらく気圧や貧血のせいで、普段当たり前にできる呼吸が”今迄どうしていたっけ?”と焦ることがあります。

苦しくて深呼吸をしすぎると、過換気気味になるので注意しないと。

この気候と気圧がずっと続いてくれるといいのに。

寝込むことはなくとも梅雨や台風の季節が憂鬱。

せめてもう少しこのまま待ってくれないものでしょうか。

願ったところで、季節も日々も自分の思うようなところに留まってはくれません。


このところ子供の教育費から開放され、うちの老後は大丈夫かと危惧するような大金を姉の分まで負担したけれど、認知症の母が昨年施設に入居してやっと安堵することができました。(だから終わったわけではありませんが)

さあ、今迄できなかったこと、やったこのとない仕事を第二の人生で、食べていけるくらいにポツポツしてみたいと思った矢先に、旦那が突然会社を辞めて独立したいと言ってきました。


つい数ヶ月前、今後の生活設計と予算立てをちゃんと話し合ったばかりじゃなーーーい!

独立は定年退職後年金をもらう頃にって話だったじゃなーーーい!


皆ちょっとは落ち着いた生活をさせて欲しい


旦那の仕事に関しての能力は、説得力があるので独立を反対する気持ちはゼロ。

むしろできる限りの応援をしたいし、出来なきゃだめだと思っています。

息子も同じく「もうあの人の好きにしたほうがいいよ。」(歳だし信頼しているからの意味で

数年前旦那が転職した時も、何の反対も心配すらしませんでした。

でもそれは企業から企業への転職。

今回は話が違ってリスクが心配です。 今じゃなきゃ駄目?

実母の件で私立大の学費相当のかなり大きな出費が痛手・・・。

旦那にしてみれば、やっと彼のやるべきことをきちんと片付けたからこそのタイミングなんでしょう。

面白くない組織変更が大きな原因らしいし、経済状況も含めて。


それでもまず足元は固めないと。

彼のことだから水面下であらかたネットワークができてることでしょうが、家計的わたし的には急な予定変更。

さて、これからやったことないことを♥なんて悠長に言ってる場合じゃないじゃないですか。



お義母さんに言わせると「なんでもなるようになるんだわ。」

えええ、なんとかするように皆あの手この手で努力したり回避してるんじゃ・・・大きな手遅れにならないように。

いや、まさか成り行き任せって意味で言っているわけじゃないよな、人一倍責任感強いし。

じゃあ結果はついてくるから、それでいいじゃないという意味?

ふう。


でも旦那は何年も長期病気休職をして、両目の角膜を頂いてこその今の人生だから、そうできるのはありがたいものです。

あの頃金銭的にも精神的にもかなり大変だったけれど、やってこれたのは若さが大きい。


過ぎていく季節みたいに、人生は思うように待ってなんてくれないんですよねこんな歳になっても。


またやっていき方を変えていかなくては。



安心して 養っていけるよ君達は
DSC_4864.jpg


問題はこっちよ お金かかりそうなこーゆー坊ちゃん達よ(゚∀゚ ) 
20150421001817087[1]-


可愛い皆とずっと一緒にいられるようこれからも頑張ります。
( *`ω´)/大きなモチベーション







スポンサーサイト
別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |