GOSICK - ゴシックー   † お茶会篇 †
2012-08-28 Tue 18:01
  


  クッキーが焼けるしばらくの間おつきあいください




  ゴシック 二次創作
  201208281504431fc[1] (2)






GOSICK 1





    ヴィクトリカ
    「さあ 久城、 わたしがお茶を一杯いただく間に
         この庭の薔薇を全て青く塗り替えたまえ。」



    2012082815044290d[1]






    久城 
    「ヴィ、ヴィクトリカ、いったいなんの罰ゲームだよ。
        まったく君の考えてることってわからないことだらけだよ。」



    20120828150441238[1] (2)




    この容姿と話し方がちぐはぐな美少女と気の弱そうな少年は、
    ラノベ(ライトノベル)のGOSICK-ゴシック-の登場人物。


    舞台は1924年頃、
    貴族の為の寄宿学校に在籍する日本からの留学生久城一弥は、
    天才的な頭脳と毒舌を持ち、退屈をもてあます謎の美少女、
    ヴィクトリカと共に様々な事件に遭遇していく。


    原作:桜庭一樹 イラスト:武田日向
    コミック作画:天乃咲哉

    ゴシック茶4DSCN4451_convert_20120828145237


    ヴィクトリカ・ド・ブロワと久城一弥  ゴシック (ボークス・造形村)

    ゴシック茶5DSCN4452_convert_20120828145410


    ヒロインのヴィクトリカは負けず嫌いで天邪鬼。
    いつも一弥に無理難題や難癖をつけては困らしているけれど本当は寂しがり屋。

    そんなヴィクトリカに腹を立てながらも放っておけない一弥。

 
     


    久城 「ねぇ、君、聞いてる!?」


    20120828150440e3e[1] (2)



    

    ヴィクトリカ 「さて 飲み終えてしまうぞ。 どうするかね久城。」      


    201208281505269b6[1]





    久城 「あのね、おかわりが欲しいなら素直にそう言いなよ!もう!!」



    本当はヴィクトリカは久城と午後中一緒にいたいからなのに・・・・


    
                    

       201208281505265ae[1]






       さて クッキーが焼きあがりました

       20120828151601edc[1]





        おつきあいくださりありがとうございました






スポンサーサイト
別窓 | † 筆箱【イラスト墨絵】 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<黒潮の騎士 赤潮の騎士 (アーヴィン・ルカ) | † 箱庭のHEAVEN † | ガンプラ ハルート>>
この記事のコメント
篠原藍樹様へ
そう、オチがわかるけれど推理?って感じがまたいいですよね。
何故かなつかしい気がする小説です。

自分も昨年ドールが発売されて結構驚きました。
純粋なドールファンはなにGOSICKって、誰?
な雰囲気でしたよw


お越し頂きありがとうございました!
2012-08-29 Wed 20:41 | URL | しろたんのママ #-[ 内容変更]
さろ吉様へ
わぁ、感激です!!
本当にありがとうございます。
励みになります。

言わずと知れたアリスの一場面を思いながら描きました。
背景の迷路はさろ吉さんもお好きなディズニーの、
アリスのアニメーションをほぼそのまま真似しました~。
2012-08-29 Wed 20:32 | URL | しろたんのママ #-[ 内容変更]
Re
こんにちわ

おおー、Gosickは推理物?としては一番好きです

こんな人形さんがあったんですね((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ
しかも、絵のほうが綺麗! 
服のしわの塗り方が分からない人←

以上です。

2012-08-29 Wed 14:17 | URL | 篠原藍樹 #iVT7Zno6[ 内容変更]
しろたんのママさん、こんにちは。
いや~ステキですね~。
お絵描き好きな娘達に見せてあげたいです。
色々と言いたいんだけど、全部が好きな感じだから、
何をどうお伝えしていいか分かりません。
とにかく、私はしろたんのママさんの絵が好きです。
2012-08-29 Wed 12:18 | URL | さろ吉 #HvtSq7Co[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |