白ウィルさん来たのでハンドのメイクしました
2017-06-25 Sun 19:34



白ウィルが約1ヶ月遅れでやっとおいでなさいました。

さすが御仁は100年前からそこに居るような貫禄。


なんだったんだろう・・・

儚い露みたいな美人がうちなんかに来て、はらはら泣かれたらどうしようと心配していたのに。

かなり本気で。

いそいそ白いレースのクッションやガウン、ケープなどを用意していたというのに、開けてみたら最初に着せたのは黒の袴よ。 
下が写っていませんけれど。


なんで袴姿かというと、明治時代に父親の仕事で外国から来た坊ちゃま、に見えてしまいその流れで遊んでいます。


今回はハンドパーツと首や胸の塗装をしたので顔とその試し撮りです。

手の雰囲気が見たい為バイオリン持たせてバストアップばかりの画像。

でも首や胸の塗装なんて全く見えていません。



名前を超めずらしくつけまして通称ミカヤ(Micajah)です
170625DSC_0565.jpg






170625DSC_0558.jpg






170625DSC_0568.jpg






170625DSC_0580-.jpg



銃持ちハンドの存在を忘れていて・・・・はぁ・・・(´・ω・`)

一度にやらないと面倒くさくて今度はいつ手を付けることか。


白肌ハンドのメイクのモデルはピアニストのキーシンです。

彼の手がやばいほど好きで、特に小指を折り曲げた時のポジションに萌える。(聞き流して)

ピアノ弾きの手っていい。(≧∇≦)b


子供が3歳から20歳まで、タイプの違う二人のピアノの先生に習っていました。

ひとりはバリバリクラッシックで、もうひとりはポップスやジャズ系が得意。

後者の先生に私も子供と一緒に5年ほどレッスンをしてもらいました。


音大を目指していたわけではなく、旦那が角膜変性症で発症当時は不治でいずれ失明と言われていて、

子供に遺伝したらと考えると音楽が身近な生活をしようと思ったわけです。

今は医学の進歩で旦那は両目の角膜移植をして日常生活に問題無しです。

旦那がいい加減勉強に専念しろと強制的にやめさせなければ、息子はまだレッスンに通っていたでしょう。

好きなことがあるのはいいことです。


話が横になりましたが、私が死んだら角膜でも臓器でも使えるようなら使っていただきたい。




銃持ちハンド、存在を忘れてごめんよ~
170625DSC_0555.jpg


SD17の手の形はピアノよりバイオリン(の撮影)向きな気がします。(私は勿論弾けません)
SD13Bはピアノいける。



細かいとこ直して次回は天気の良い日に・・・
と言いながら横着だから撮影しないだろうな
170625DSC_0557.jpg





曲があったほうが撮影がそれっぽくなるかなとバッハのシャコンヌを聴きながら
170625DSC_0575.jpg






170625DSC_0574.jpg








到着時   さすが見下す見下すww
170623DSC_0548-.jpg





170623DSC_0550-.jpg








スポンサーサイト
別窓 | ウイリアムズ | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |