常盤万作(ときわまんさく)
2012-08-17 Fri 01:10
    主人の実家、福島に帰省しておりました。
    先週やっと震災による家の補修工事がほぼ完了しました。

    大きな倒壊はなかったものの、なかなか工事が進まず、終わらずでした。

    浴室が新しくなり、これでこの冬は義父母が
    寒さから逃れてお風呂に入れると思うとうれしいです!

    
    ここは第一原発から55kmほど離れた場所です。

    昨年から小さいお子さん達の姿はみえません。

    今年の夏は蝉の声が聞こえず、音のない世界のように
    静まりかえったお盆でした。

    結婚して20年、こんなことは初めてです。
    85歳を過ぎた義父も蜻蛉がいない夏は初めてだそうです。


    ですが孫(うちの息子)の誕生を喜び
    その時庭に植えてくれた常盤万作(ときわまんさく・約2m弱)は
    以前と変わらず出迎えてくれました。


    郡山1DSCN4188_convert_20120816225732



    義父母の笑顔も変わりませんが、
    福島はずいぶんと変わってしまいました。



    郡山2DSCN4201_convert_20120816225920
    (8年ほど前)

    ニジマスが泳ぐ川


    郡山3DSCN4202_convert_20120816230052
    (息子の小学生の頃の絵)

    オニヤンマのいた山



    そして思い出の場所、
    第一原発から20km圏内の楢葉町、木戸川。
    ここは秋になると鮭が産卵しに海から遡上してきます。

    昔、卵からかえした鮭の稚魚をこの木戸川に放流したことがあります。

    息子の小学校で下町隅田川(東京)に鮭の稚魚を放流するプロジェクト
    がありました。

    頑固な息子は隅田川ではなく卵の故郷、木戸川に放流すると
    泣いて譲りませんでした。
    (隅田川では生き残れません そして鮭は生まれた川に戻る習性がありあます)

    木戸川の鮭やな場の職員さんのご好意に甘え、
    立会いのもと家族で育てた稚魚(4cm名前は元気)を個人的に放流させて
    いただいたことがあります。

    (いつかこの時のことをブログに書かせていただけたらと思います)

      
    あの場所も変わってしまいました。



    楽しかった昔のことばかり思い出してしまいます。

    これからどうなるのかわかりません。
    どうしていいのかも良くわかりません。


    でも義父母が生まれ育った福島を離れたくない意思が強いので、
    できる限り見守り助けたいと思います。


    常盤万作は常緑の木です。
    東北の寒~い冬でも元気です。
      
    色々ありますが
    この万作の木を見るとこんな風に青々としていたいと
    少し元気がでてきます。

    
   
      
スポンサーサイト
別窓 | † 文箱【日記】     | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<コスプレ いいわ | † 箱庭のHEAVEN † |  散 華>>
この記事のコメント
ベーグル様へ
ただいまでーす。

> 私もさろ吉さん同様、福島のソースカツ丼食べたいって思ってました。
> 昨夜、ケンミンショーでやってたんです。
> カツの下に卵を流し込んで焼いたソースカツ丼が美味しそうでしたよ(*゚ー゚*)

そうだったんですか。
今ケンミンショーで調べたらでてました~(笑)
ご飯の上にキャベツ、そして卵焼きが下に敷いてあるアツアツのとんかつをのせ、
自家製ソースをかけて出来上がりみたいですね。

普段食べているのは(親子丼のようなもの)煮込みカツ丼というらしいです。

そうそう、近所のチェーン店で旦那がカツ丼を頼んだら
ご飯の上にキャベツ、そしてとんかつがのりソースがかかっていました。
カツ定食を丼にまとめただけじないかと自分達には結構新鮮でした。
でも確かにカツ丼ですよね、何も間違ってない!(笑)

楽しいですね、地域によってローカルルールがあって。
いや、本当に夕飯とんかつにするかもです!


復興を願っていただき本当にありがとうございます。
不甲斐無いことに何をして良いかわからず、
今は義父母が少しでも福島で暮らしやすいように
家をリフォームすることしかできていません。

> 変わらないものが見つかるのは、ほっと心に明かりが灯ったようですね。
> 建物の修復が終わっても、心の修復は終わらないですよね。。

いつも心に沁みる言葉を頂きうれしいです。
変わらないものがあって本当にほっとしました。
義父母はわたくし達には笑顔をみせてくれますが、
生まれ育った場所なのでつらいはずです。

それでもできるだけ住み続けたいとの意思が強いです。
心配ではありますが若い人に比べ
寿命も長くはないので、無理強いせず気持ちを尊重していきたいと思います。

2012-08-17 Fri 15:12 | URL | しろたんのママ #-[ 内容変更]
しろたんのママさん、おかえりなさ~い(^o^)

私もさろ吉さん同様、福島のソースカツ丼食べたいって思ってました。
昨夜、ケンミンショーでやってたんです。
カツの下に卵を流し込んで焼いたソースカツ丼が美味しそうでしたよ(*゚ー゚*)

震災。。。本当に悲惨な出来事ですよね。。
たくさんのことが変わってしまったなか、
変わらないものが見つかるのは、ほっと心に明かりが灯ったようですね。

平穏な日常が一瞬のうちに無くなってしまうなんて、
誰も想像しなかったことです。。
建物の修復が終わっても、心の修復は終わらないですよね。。
少しでも早く、復興が進むことを願います。
2012-08-17 Fri 14:27 | URL | ベーグル #-[ 内容変更]
さろ吉様へ
戻って参りました~。

え、ソースカツ丼有名なのですか!?
どうしよう喜多方ラーメンぐらいしか知らなかったです。
少しだけ調べたら会津の方にお店があるような。
でも会津ってソースより味噌のイメージ。
カルチャーショック!!

あ、トンカツ食べたくなってきました。
デブなのに 家族で自分だけ・・・。


形のあるものが同じ姿でいるのは難しいこととは思いますが、
いつかまた虫や魚に戻ってきて欲しいです。

息子もわたくし同様面倒くさがりです。
絵はほとんど描いてくれないんで
これは宝物です。

ありがとうございます。
2012-08-17 Fri 13:32 | URL | しろたんのママ #-[ 内容変更]
トーチ様へ
> お帰りなさい~^^ノ

はーい。ただいまです。

> でも息子さんには良い思い出があっていいですね!^^

そうなんです。
義父は孫に代々続いた福島の家とか土地を残したかったと思いますが、
それもかなわないかもしれません。

でも福島で育った思い出話をたくさんしてくれました。

そういうものを息子に残してくれてありがたいです。
心の無形文化財?ww


> 真夏の緑色の草木と、セミの声と、川のあの冷たさとかを味わってるのといないのとでは、人間として情緒的に何かが違うんだと思います。

> 今は試練の時ですが、また子供たちの笑い声やトンボたちが福島に戻ってくることをお祈りしてます!!


ありがとうございます!!!
東京で生まれ育った自分にとっても大事な場所です。
まずは自分にできることから、
義父母のフォローをしたいと思います。

そしてまたトンボとりや、鮭の遡上を心から楽しみたいです。

応援本当にいつもありがとうございます。
2012-08-17 Fri 10:48 | URL | しろたんのママ #-[ 内容変更]
しろたんのママさん、おかえりなさい。
素敵な思い出がいっぱいのご主人様の郷なんですね。
夕べふと「福島に行きたい」と思ったんですよ。
(目当てはソースカツ丼だけど・・・)
虫の音が響く夏が一刻も早く戻りますよう、祈っています。

さすが、しろたんのママさんの息子さん!
トンボの絵が凄い上手!
2012-08-17 Fri 10:46 | URL | さろ吉 #323FncHk[ 内容変更]
http://torch9700.blog.fc2.com/
お帰りなさい~^^ノ
福島だったのですね・・大変なのですね;;
でも息子さんには良い思い出があっていいですね!^^

子供はああゆう自然の中で川遊びしたりする思い出があったほうが良いんですよね。
真夏の緑色の草木と、セミの声と、川のあの冷たさとかを味わってるのといないのとでは、人間として情緒的に何かが違うんだと思います。
何がとはうまく言えないんですけど^^;

今は試練の時ですが、また子供たちの笑い声やトンボたちが福島に戻ってくることをお祈りしてます!!
2012-08-17 Fri 02:59 | URL | トーチ #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |