砂金と白猫: Angels talk 11
2017-03-04 Sat 02:55



170303DSCN8270-1jpg.jpg





夜目の利かない私は


少しばかりの月灯を頼りに




170303DSCN8268 2




貴方の落とした砂金の跡を辿り


また貴方を探しに行くのです




170303DSCN8271 1




声は声にならず 
抜け殻の身体のどこに力を入れて歩けばいいのかもわからない 


私に見えるのは 照らされたその背中ではなく




170304DSCN8272.jpg




地べたで微かに輝く砂金の色ばかり



170303DSCN8273 1






白猫は
**********************************************


10年以上前に買ったコンデジで撮った白猫クリス(削りなしの方)です。
4年前に撮影したもの。
デジイチと比べ奥行のなさが、
クリスの視界の狭さを表してくれているようで好きな写真です。

夜の室内では天井灯とスポット的に卓上電気スタンドを使用のみ。
補助で卓上ランプやキャンドルで柔らかい色をいれる場合も。
意識して光を回したり(拡散?)しないのでレフ板や周辺機器はなし。

でもカメラなどはそれほど関係ないようで、
クリスの底力に息を飲んでいます。

どう言えば良いのでしょう。
私には手に負えない物を持っている、この少年人形はという気持ちです。

彼は黒猫(ルカ)がいないと何も喋らなくなります。
目に映っているものもないように思えます。


彼のみている砂金とはなんでしょう。
残念ながら私には見えません。






雛祭り
*******************************************


旦那と弁護士事務所に行き疲れたので、
出来合いものを多用してなんとなくの雛祭りをしました。
そして今日は弁護士と話し合っている私の態度を、旦那が褒めてくれて意外でした。
猫にするようなよくわからないヨイショはしてくれますが、
たいていしっかりしろ的な注意されていますので。
(今回は私がビジネスモードだったからだと)


今年はお料理の盛りつけを少し頑張りたいと思い、
日本料理の板前さんの記事を拝見していたら、

盛りつけは日本庭園とか山水の空間だとかのキーワードを見つけ、
おお、そういうことかと目からウロコでした。
庭園にはびっくり。でもなんかイメージできました。なるほど。


それって子供が小さかったり、
熱々の料理を家族にたんと食べてもらいたい時などは難しいですね。
見た目が良くても家庭的な楽しさが無いような。
臨機応変・・・って簡単に出来ないからそこはやっぱり地道に練習か。


旦那が「俺、パンをトーストにしたこともない。」
と話していてそれもびっくり。
いるんだ、そんな人。 自分の旦那だけど



DSC_0233 


DSC_0243.jpg

DSC_0245.jpg


とら〇で桜餅を買おうとしたら1個411円という値段でげげっ。しかもちさっ。
コンビニのわらび餅に変更。
お腹いっぱいなのでまた明日食べます。
そんな雛祭りでした。

170303DSCN9165.jpg

170303DSCN9135.jpg

170303DSCN8569.jpg





追: おまけ 


ルカ君、また何を?

170303DSCN8574).jpg









スポンサーサイト
別窓 | ルカ・クリス・眠ルカHYDE | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |