散 華
2012-08-11 Sat 21:33
      残暑お見舞い申し上げます。

      立秋を過ぎると時折裏風を感じる時がありますよね。



      散華DSCN4168_convert_20120811142358

      

      甕の中で泳ぐ金魚も心なしか涼しげです。



      父の法事も無事終わりました。

      ほっとしましたら
      なにやらひきこもって墨でもちまちまと磨ったりしたいです。
  
    
      墨絵2DSCN4161_convert_20120810220835
              
             
                 
      以前 仕事(内装デザインや図面かきやら事務)の傍ら、

      単発で変わったバイトをしていました。

      知合いのお寺に頼まれ ”散華(さんげ)”に塗り絵をしていたのです。
        

      散華とは法会で仏を供養する際に花びらを撒くことです。

      その花びらにみたて型どられた
      手のひら大の紙に描かれた誕生仏や飛翔天に
      顔彩で色をつけていくのです。


              墨絵3DSCN4165_convert_20120810221054


      お寺の修行をしておらず、仏教に詳しいわけでもない人間が
      そんなことをしていいんでしょうか?


      お寺さんとしたらどうせ印刷にまわすなら
      にわか絵師の手描きが重宝のようです。

      コスパ的には印刷ですが、手描きは供養へのこだわりでしょうか?

 
      最終的にちゃんとお寺の方がドラ焼きのように大きな判子を
      散華の裏に押印して供養をしてくれてたので
      ご利益はあるのでしょう。


      でもそのお寺の住職、

      青学出身ですよ。キリスト教の


      他宗教も理解するって大事なんですかね。     
      星の王子様を原書で読みたいからって
      仏語の講義をうけていたそうです。
      面白い人で大好きでした。
      奥様にもとても良くしていただきました。


      彼は子供が生まれると
      ちゃんと立正大にサンスクリット語などを学びに行かれていました。


      回り道も経験として人生には大事ですよね。
  
    

      そのお寺でのバイト、

      ひとりでボーっと何も考えず、ひたすら塗り絵を続けるのは
      しょうに合っていました。
           
      

      墨絵6DSCN2597_convert_20120810221952
      F30号(910×727) 仏像 迦桜羅(かるら)王  7年くらい前に描いたもの
      鳥の口ばしと翼を持つインドの異形の神。 あれ、仏かな?
      襖の半分位の大きさがあります。
      正直置き場所困ります。




      そのお寺に20歳から10年以上墨絵を習いに通っていました。

      
      大きな長流筆と刷毛でダイナミックに
   
      わっし、わっしと一発勝負で描くのが好きです。

      消したり塗りつぶしたりできないので真剣勝負!

      墨だけで光と影、ものの材質を表すことに成功するとうれしいです。

      展覧会に出品していたころ、よく年配の男性が描いたと勘違いされていました。

      
      
                やり直しがきかない分余計開放感
                
              墨絵4DSCN4164_convert_20120810221718

                    やり直しがきくと思うと

                    自分のような人間は

                   むしろあれこれ悩むようです

                  やり直せばいいだけなのに不思議
                   

                やり直しがきかないと思うとやる気がでて

                    失敗しても後悔もしない
     



                  散るためにある華のようでいいですね



            
スポンサーサイト
別窓 | † 筆箱【イラスト墨絵】 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<常盤万作(ときわまんさく) | † 箱庭のHEAVEN † | 蒼星石 翠星石>>
この記事のコメント
ありがとうございます。
お寺は気持ちが漂白?されていいです。
子供の頃はお墓とか超怖かったですが、
知人がお寺さんで、絵を長く習いに行くと
怖くなくなりました。
夜ひとりでいくのは無理ですが(笑)。
2012-08-16 Thu 21:43 | URL | しろたんのママ #-[ 内容変更]
はわわ~~!!!
凄い~~~!やっぱりすばらしい絵の才能が!!
しかも油絵や水彩ではなく墨絵って渋いですねえ。
素敵~~

お寺で精神統一の修行のような感じでいいですね^^
心が表れる気がしますw
貴重な経験をなさってよかったですねえ!
2012-08-14 Tue 07:22 | URL | トーチ #-[ 内容変更]
おいでいただきありがとうございます。
こちらこそいつもお邪魔させて頂いております。
コメントまで頂戴し感激です。

そうですね、何でもそうなのかもしれませんが
その時は意識せずとも何年か後に
あの時のなにげない出会いが
こう縁を結ぶんだと思うことが多々ございました。
(長くいきていますので ん 妖怪?)

ブログの新参者ですが、
このようなご縁を本当にありがたく思います。
ありがとうございます。

またそ楽しみにそちらにお伺い致しますね!!!

2012-08-13 Mon 20:48 | URL | しろたんのママ #-[ 内容変更]
 お邪魔します。
 絵を描くことにも、一期一会があるのですね。

2012-08-13 Mon 18:08 | URL | amino #-[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |