天国の階段
2016-12-30 Fri 02:30
本年もありがとうございました m(_ _)m

※古い夢がモチーフなっている話です。 
湿っぽい要素が許容外の方はお控え下さい。 m(_ _)m




     201505201303043dd[2] (2)



昔人間のオヤジが言っていた。

天国には109段の階段が左右両側にあって、
それぞれ地上に向かって真直ぐ伸びているそうだ。

生まれてくる時は左側の階段を降りてくる。

ひとつ降りる度に煩悩とやらをひとつ背負って、
地上に降りた時はそれを108個、ご丁寧に誰もが持っているだとか。



じゃあ生まれたらすぐにその煩悩を背負って、
反対の右側の階段を折り返し昇って死んで行くのかい?
って冗談で聞いたらその通りだと。


昇るごとに煩悩が減っていって、108段目が生への執着を捨てるところらしい。

で、寿命が終わってその先の109段目が晴れて天国に逆戻りだ。


それってなんか身も蓋もないシュールな話だな。



昔人間のオヤジが言っていた。

「だからお前、生まれるのも死ぬのも最後の力が大事なんだ。
                     最後の力は残しておけよ。」と。


ああ、あんたの言ってる事が良くわかんないけど、(俺人形だしな)
折角だからちゃんと覚えとくよ。




『 煩悩って乱れや欲とかだってよ 』 『 俺ら300コくらいあるんじゃね? 』 
161212DSC_2864(1)
『『 急ぐこともないからここで100年程眠りながら考えるか 』』






*********************************************************


古い夢の話です。

父が亡くなってからすぐに頻繁に夢に出て来ては、私にあれこれ話しかけてきた事がありまして、
そのうちのひとつに、

「天国には109段の階段があって、生まれてくるときは階段を降りて来て、死ぬときは昇って行くんだ。」
と妙な事を言っていたのが印象的でした。


話はそれだけなんですが、目の前には青白い大理石のような床が奥まで広がって、
その左右両側にはそれぞれ白く細い階段が下へと真っ直ぐに伸びていました。

あたりは蒼くて薄暗く、静かで誰もいません。
想像と違って天国って荘厳な門も立派な扉もなく番人もいないんだ。案外オープン。
と夢の中で思ったのを覚えています。

ところで中途半端な109段ってなんでだろう?と疑問でした。

この夏に父の七回忌を終えたのですが、
(お寺まで車で30分かからず体調も悪くないのに、
そっちでやっておいてと母と姉は欠席という薄情さ パンを踏んで黒い川に沈んでおしまい)
ふと、あの夢はこういうことかなと答えみたいなのが出ました。
ただのこじつけです。



また別の夢で
「俺が最初にこの世に生まれたのは7435万年前(うろ覚え)だ。」
と、しょーもないことを言ってました。

それって白亜紀? そんな告白されても・・・。

他にも色々・・・
もうわかったから静かに成仏していいよ、と苦笑いでした。
寝ながら父の記憶の整理でもして折り合いをつけていたのかな。 どういう整理


普通の事でさえ満足にできなかった父のおかげで、ずっと尻拭いの人生に疲れましたが、
彼の「相手には逃げ道を残しといてやれ」「最後の力は必ずとっておけ」の言葉は忘れません。
うわべのきれいごとでは言えない言葉です。
時代もあり、父も苦労したのでしょう。


年の瀬だからでしょうか、こんな忘れていた事を思い出すのは。
いや、歳かな。
このような話にここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございます。



最後に懐かしの1stの写真 レイズナーのデフォが最近のヒット 
DSC_1850 3





本年も誠にありがとうございました。
どうぞ良い年をお迎えください。
新しい年、皆様に良きことあまたありますように。





スポンサーサイト
別窓 | レイズナー  | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |