逢瀬 Ghosts in my room 11   
2016-09-16 Fri 18:16




                   お帰り 兄さん


160917DSC_2115 1


Ghosts in my room 10 緋蝋燭 の続きです





ルカ『 何処に行ってたの? 』

クリス『 また今年もこの華  いったい誰に貰っているの? 』


160917DSC_2123_20160916132217114.jpg







『 昔とても愛してくれたひとの所  それはその彼女から貰った華だよ
  私が居なくなって随分と泣いて過ごしていたようだから
  元気そうで安心したよ 』


160917DSC_2127.jpg





ルカ『 だってさー 聞いてらんないし 』

クリス『 兄さんにその手の話なんていくらでもあるじゃんね 』


すかしたスケコマシ   ばか、クリス聞こえるぞ
160917DSC_2120_20160916132216509.jpg






『 そんな色っぽい話じゃないよ 
  あの頃彼女はまだ子供だったし  第一人間だよ 

  それでも絵の好きな彼女のスケッチに付き添ったり 散歩をしたり 
  日がな色々な本を読んだりと  私達はいつも一緒だった

  彼女に教えてもらったことは多いよ 』



160917DSC_2130_2016091613221896d.jpg





ルカ『 ふーん 兄さんにそんな時があったなんて意外 それって年の功ってやつ? 』

クリス『 人間ってさ 僕たちがどんな風に見えてるんだろうね  ふふ 』


160917DSC_2141.jpg
案外失礼な双子(同型ヘッド)




『 さあどうだろう  彼女は私に赤いリボンと鈴をつけクロと呼んでいたね 』


160917DSC_2132_20160916132220860.jpg
兄さん謎すぎる






『 そうだね  逢えてよかったよ 』


160917DSC_2138_201609160248228c8.jpg










***********************************************


子供の頃とても可愛がっていた猫(達)と、
不思議な夢で逢えてうれしかったことがあります。
それも随分と昔の出来事で、
彼岸花が咲くと思い出す、そんな話を題材にした連作でした。


この時狭い玄関で撮影していたら、郵便配達や宅急便の方が次々に来て、
さすがにあせりました。


眠ルカ兄さんのこのヅラいい味があってすごく好きなのに、
不器用な自分にはスタイリングが最後まで定まらない。
前にも言ったかな。
UP画像を見て・・・ギャグになってない?と苦笑い。
とりあえず似合いそうな人形に被せています。

ヅラには関係なく、眠ルカ兄さんとウィリアムズは
実物の良さを出すのが自分には難しい。


教室Aの椿 わりと違和感ない
20160211042831313[1]



それと帽子でごまかす 
2016020919093325c[1]



カットの練習・・・しよう。







スポンサーサイト
別窓 | ルカ・クリス・眠ルカHYDE | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |