アマノトリフネノ
2020-02-15 Sat 10:40
                                            


† アマノトリフネノユリカゴニノル
a20200214033443b03.jpg



a20200214102644c27.jpg


これは6、7年前に気に入って遊んでいたオリキャラシリーズです。

白鷺天、墨隼天、金糸雀天の3兄妹を中心とした天界小芝居ファンタジー、なんてことを楽しんでいました。

今更これを引っ張り出してきたのは先月の中頃に区が主催した『日本書紀成立1300年特別展出雲と大和』の展示記念レクチャーが催され、学芸員さんによる涙の展示品運送苦労話、ではなくて見所を旦那と観覧し、その後開催されている東京国立博物館に足を運んだことによります。

歴史や宗教に詳しくはありませんが、神社仏閣の建造物が好きな旦那と、仏像の完成されたスタイルの奥深さに惹かれる私。

島根県と奈良県が誇る出雲・大和の素晴らしい至宝の数々をたっぷりと見てきたわけですが、ところで関連がある先日2月11日の建国記念の日の由来をご存知ですか?

私はこれまで日本書紀が編纂された記念日?それともなんちゃら天皇即位記念?と深く考えることもなくあやふやなまま2月の祝日としか気にしていませんでした。

古事記や日本書紀の伝承で初代天皇とされる神武天皇の即位日だそうです。なんと紀元前660年のことなんですね。 (日本書紀に紀元前660年1月1日 即位とありそれをグレゴリオ暦に換算した日付)

神話的な古事記は昔から好きで思い出しては繰り返し本を読んでいたのですが、日本書紀とどう違うのかや考察などがわかりやすく書かれている文庫版を3冊、展示会のお土産コーナーで購入し、建国記念の日に合わせてこれらを読み終えたんですよ。

その感想のほうはひとまずおいといてですね、雰囲気からうちの愛しいオリキャラ人形を思い出して(忘れ去ってたのではなく)今回久々に登場してきたとそんなワケなんです。
前置きと関係が薄くて申し訳ない・・・続きはよろしかったらご覧下さい。


懐かしいなぁ・・・異聞草子というシリーズの登場人物。

白鷺(しらさぎ)天・旧教室A削り盛りカスタム
a20200214DSCN8978z
三兄妹の長男 なよやかな見かけによらず理路整然と几帳面でやたら厳しい性格

全て古いコンデジカメラ撮影なんで学芸会な小芝居が増してます・・・


墨隼(ぼくしゅん)天・教室A削り盛りカスタム
a20200214DSCN9395.jpg
次男 やれやれが口癖の飄々とやる気のないかったるい性格で口煩い兄がウザイ


金糸雀(かなりあ)天・遠夜デフォルト
a20200214DSCN8966z.jpg
末っ子のわがままお嬢 白鷺の心配をよそに地上に好きな男ができて天界から家出中←

長男の白鷺にお前さっさと妹を下界から連れ戻して来いと命令され『マジかめんどくせーほっとこうぜあんなじゃじゃ馬』と顔をしかめる墨隼。


雷公(らいこう)・アーヴィンデフォルト
a20200214DSCN9347.jpg
破壊力抜群の鬼 気は優しくて力持ちな誠実な男


風伯(ふうはく)・傷レイズナーデフォルト
a20200214DSCN9375.jpg
あっけらかーんとした気のいい鬼 細かいこときにしないアニキタイプ

雷公、風伯ともに墨隼の悪友。

a20200214DSCN9996.jpg


そして清藍という名のウィリアムズ(1st17デフォルト)は、同じく天界の僧侶のような絵師で、彼が若葉を描くと地上には若葉が芽吹き、鮎を描けば清流に鮎が泳ぐという設定。


a20200214DSCN9577.jpg


気丈な白鷺が唯一心を許せる風雅な友人。

a20200214DSCN9580.jpg


イメージイラストなんかもあり、描きながら小芝居を考えるのが楽しみのひとつ。

a20200214135834ac9.jpg


a2020021413592049c.jpg


a20200214135916879.jpg


当時15作ほど関連作品を作ったものの、やり直そうとしてほとんどを削除してしまい時が流れました。
こんな遊びをして楽しんでいましたと言う本日の思い出話。

中途半端なこのシリーズをいつか再開する日が楽しみな自分。人形遊びってほんと飽きない世界だと感じます。
でも今はこの衣装を着せるのだけで精一杯だろうな。

抜粋だけ残している状態ですが異聞草子シリーズはこちらから(小芝居注意)


本日もご覧下さりありがとうございます。こちらは連日暖か、良い週末をお過ごし下さいね。
† 箱庭のHEAVEN †

にほんブログ村 


別窓 | 異聞草子(教室A・遠夜・レイズナー・アーヴィン・ウィリアムズ  | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |