今年もできなかったフォトブック絵本と穏やかな年越し
2019-12-31 Tue 23:54
                                      


本年もお世話になり皆様どうもありがとうございました。

こうして大晦日と新しい年を穏やかな気持ちで元気に迎えることができありがたいです。

 
毎年自分のクリスマスプレゼントとして、フォトブックを1冊だけ作ろうと思いながら今年もできませんでした。

そんなことを繰り返してもう何年になるかなぁ。自分の趣味用だからたいしたものじゃなくていいのはわかってるんです。

気軽に毎年楽しみながら作ればいいのにね。

でも大事に思えば思う程どうしたらいいんだろうと手が止まってしまう、
そんな自分の性格をわかっているので、じゃあできるようになるまで、気長に自分に付き合おうと、そうやって過ごしています。

で過ぎてゆく・・・・シミュレーションはしていて笑 絵本みたいにしたいなぁと思っています。


12の月の贈り物としてひと月ごとの世界とかいいな。(たくさんあって選べなくてまた手と頭が止まる)
たとえば12月は・・・

† 12の月の贈り物 12月
191224DSC_フォトブック3


シリーズものがいくつかあるので、たとえば『骨と人魚』はダーク系絵本にしていみたい。
かい摘むと


† 骨と人魚
191231フォトブックDSC_5932



191231フォトブックDSC_0354-



191231フォトブックDSC_6521-


イラスト集も作ってみたいな


† 瑠璃色の船に乗る
191231フォトブックDSC_0175-1



† クロッキー
191231フォトブックDSC_0346


花ごよみだと桜、紫陽花、彼岸花と一緒に撮影したもの・・・数だけは豊富。
どうできるかな、いつかの楽しみにします。


恒例、お正月の伊達巻作り。新しいオーブンレンジはプログラムと手動の差がまだ把握できなくて、
自分設定だとこんなトラ猫のしっぽのような伊達巻になってしまったw

息子の熱海土産の干し海老などを使ってかき揚げを作り年越し蕎麦に。

191231DSC_4218.jpg


もっと気の利いたことを話たかったのですが、座る時間がなかなかとれなくて、書いていたらそろそろ新年を迎えてしまいます。

元旦から家族で義実家で過ごしてきます。

それでは皆様どうぞ新しき年も良い年でありますようお祈りしております。



にほんブログ村



別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
2019年セルフカスタム特集2/キャラドールチビ猫(月曜子)
2019-12-30 Mon 05:40
                                     


今年セルフメイクをしたヘッドは3個で、その最後の紹介は『綿の国星』のキャラドール、チビ猫です。
編集したものですがよかったらご覧下さい。


彼女は昔の少女漫画にでてくる、小さな女の子の姿をした白い子猫。

素体はRosenlied Monday`s Child Melon 。鼻を少し削っています。
うちのキャスト製BJDのなかでは16cmと一番小さなこです。

ウイッグは前髪をカット、猫耳はお手製でウィッグに縫い付けました。


手前味噌でごめんなさい、かわええ~
190611DSC_9219_20191222152931ce7.jpg


服は以前買った玩具メーカー制で、20cm程のビスクチビ猫ちゃんから借りているのでちょっと大き目。
それと手持ちのエプロンと組み合わせ、簡易に縫い縮めています。

このビスクチビ猫は胴体、腕、足は布製で動かすことはできません。
190609DSC_9239[2]


古いドイツ製のおまごごと、うん?違うおままごと家具といい感じ


190609DSC_9214.jpg


好奇心旺盛でうちの住人達をみるとソッコー近づいてはマイペースな無邪気さを発揮。


『ねーねー あたしチビ猫ってゆーんだ、あんたの名前はねー、チョコレートミントうさぎ』
190609DSC_9221_20191222153218178.jpg


『あんたは本の虫でしょ ジャストライクアブックワーム、本の虫ってどう鳴くの みーんみん?』
190609DSC_9228.jpg


『あたしはチビ猫』

『そうかい、まんまだな』

『あんたは片目のジャックでしょ』

『お前さんずいぶんと古い話を知ってんね』

190609DSC_9232.jpg


スタンダードなエプロンドレスの他は、レトロなセルロイド人形ミーコちゃん用に作られたとっても可愛い洋服がぴったりで何着も購入しました。


190617DSC_9266_20191222152934fdc.jpg


セルロイド・ドリーム様製  あああ愛しい!まだ増やす気満々
191222DSC_9273[1]


190907DSC_9615_201912221530316eb.jpg


大島弓子さんの作品は、自分の歳や生活環境によりお話の受け止め方が違ってくることが、他の漫画より大きく感じられ、
何度でも真新しい気持ちで読み返せる作品だと思います。

それでいて郷愁感。
中学生の時に初めて出会い、あの時は主にチビ猫や若い登場キャラの気持ちになってたりしましたが、
大人になるにしたがって全ての登場人物(猫)の思いに沿える傑作です。


190718DSC_9387-.jpg


『わお、おっきなくつ。いったい誰がはくの?
人間のお母さんが読んでくれた絵本の大男がはくみたいなブーツ』

すると靴の中から何やら楽しそうなひそひそ話しが聞こえます。 

~チビ猫絵本・大きなくつ~より


190718DSC_9388.jpg


しっぽがなかったのですが、ようやく白いもふもふした太い毛糸をみつけました。

お正月休みに付けてあげます。


銀猫ラフィエルのイメージは白ウィリアムズ
チビ猫が成長したホワイトフィールドは、うーん、白亜美ちゃん妄想かな

171210DSC_0089-.jpg



あああ、もう30日の早朝!

自分の部屋以外はなんとか、なんとか大掃除終了(か?)自分の部屋が直視できないほど悲惨。

今日は買い出しと新年の義実家や親戚への挨拶用に、パウンドケーキと伊達巻をいくつか焼きます。

それと家族でハプスブルク展へ行き(残念1/1まで休館のよう)、納め会で焼肉の予定なんですが、
私そんな体力あるかな?とりあえずこれから朝食を作ります!


冷蔵庫にあるものを年内に片付けたくて作ったランチがいつもより豪華な気がw
ケーキはジャムおじさんと呼んでいる知人お手製の柚子ジャムをいただいたお礼に、物々交換よ
191230DSC_4213.jpg


お忙しいところご覧いただきどうもありがとうございます。
明日年内最後にもうひとつ記事を書きたいんですが・・・。
本日も頑張ります。

にほんブログ村


別窓 | セルフメイクヘッドログ | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT