たかが写真されど写真への愛の源
2019-11-30 Sat 22:40
日常話(苦手な方はスルー下さい)



2週間前、11月中旬に訪れた筑波山です。

ロープウエイから古いコンデジで写した風景。芸のない写真でごめんなさい。
この頃少々早い紅葉の時期だったようですが、爽快に晴れて気持ちの良い行楽日和を満喫してきました。


191118DSCN3946_20191129152530b49.jpg


ころんとしたロープウエイの影が見えるのがかわいらしくて好き。

ああ、でもいいですね、この時期の様々な木のシックな色付き具合が懐かしい気持ちになれて。

191118DSCN3947_20191129152531139.jpg


筑波山で知られているのがガマの油売り。(知ってるかな?)画像左一番上がガマ(蛙)石ですって。

口をめがけて石を投げているひとが沢山いました。そんな距離がないのにやってみるも笑えるほどとどかず。

売店で買ったカエルのマスコット。顔にマグネットがあり、近づくとちゅーするんだよw
そばにいた小学生の子とこのカエルで遊んでしまった。ああかわいい。

191129DSCN3934

夫婦のむさくるしい(旦那ガラが悪い)顔出しであしからず失礼します。

旦那は定年の60歳を超え、私は50歳を超えて息子は既に社会人です。

実家の親、大正生まれの義父も先日施設に入りまずはここでと安心し、
それなりに山あり谷ありの人生を過ごしてきましたのでもう色々いいや・・・
思うところがあり、ブログも自然にこんな感じでやっていきたいと思います。


登りのケーブルカーを降りたところ、周辺にある売店の自販機で缶コーヒーを飲んでいた旦那は、
なんでこんな山頂で街中と同じような160円で販売しているのか、儲けがないんじゃないかと気になり、
店主のおかみさんにさっそく話を伺う。

ひとケースで配送料〇千円(高い!)かかる話から始まり、
気になるお店を建てた建材の運搬方法から総運送費用を教えてもらい、
なにげに耐震診断まで勝手に目視でしていたという・・・さすが職業柄のリサーチにぬかりない・・・。
(この災害続きで皆さん山頂は大丈夫かなと心配になりますよね、私は心配です。因みに旦那はボランティアの診断士)


そこから女体山の頂上まで丁度良い岩登りができ、加えて良い温度と景色でした。
私にはこれ以上岩の高さが険しいとハードで泣きそう。

そんな岩から岩をひょいひょい跳びながら登るヤングマスターな体育会系や、
なんでこんなところを?な犬との散歩の男性がいたり、呼吸が大丈夫か心配になるおじいちゃま、
小さいお子さんに合わせてゆっくり楽しむ家族、それぞれがそれぞれに楽しんでいる様子でした。

それがとっても良かったので、次は逆側の男体山へ初夏にでも行こうかと旦那と話ています。

山頂からは親しんだ関東平野がぐるっと一望できなんとも眼福のですが、実は旦那は高所恐怖症。
頂上の記念写真の撮影後、私を置いてひとりでさっさと下っていきました おい!w


写真といえば今やスマホやデジカメが当たり前ですが、
うちは子供が小学4年生くらいまでフィルムを使用していました。今から15年程前ですね。

その古いフィルム写真のデータ化をまだしていないんですよ。

下の画像はもう25年前のもの。かなり前に卓上食洗機が壊れて周囲が水浸しになり、
勾配を伝わりキャビネットに保管していた子供の写真が、
印画紙の為に水でくっついてボロボロになってしまいました。

ネガはあるけれどこれら破損したものを探すには、ネガが大量だし日々忙しいから、
そのうち簡単にデータ化できるいい機材がでてくるだろうと、長年放置のままでいます。


191130DSC_0265 (2)
坊や一歳ごろの年季の入った写真。後に旦那の独身時代に設計したビルもまだ新しかった~。
周辺の風景が違う。


子供が生まれた頃に旦那が治療不可能な角膜の病気で、良く目が見えてなかったんですよね。

失明するかもしれないと言われていたのですが、将来必ず医療が発達すると信じ、
子供の顔をはっきり見れない旦那の為に、成長写真をできるだけ多く撮っていたんです。

自分の赤ちゃんの成長はなによりも一番見たいものじゃないですか。

いつかきっと見られる日が来ると思い撮りためた、そんなネガがたくさんあるのですよ。

おかげさまで息子が中一の時に旦那の片目の角膜移植が成功し、
まだあどけなさが残っている、小学7年生のような顔を見て旦那はボロボロ泣いてましたっけ。

「(息子が)おっさんになる前の可愛いうちで良かった~。間に合った。」 ←そこ

そんな感じだから余計に息子が可愛いみたいで、
今だ毎朝のように赤ちゃんの写真に話しかけたりして「よく盗まれなかったな。良かったなぁ。」

・・・この私でさえまじ引くわだけど、日常なので慣れました。

私の子供の頃の写真はほとんどないですね、誰かが撮ってくれた数枚くらい。
入学式や七五三のも勿論ありません。そういう親なので。姉のはありますが私はいらないそうです。

一冊しかない写真館での私の成人式の記念写真は病的姉に捨てられてしまうし・・・現実は悲しいより怖いんです心底。


たかが写真、されど写真。

そこには愛を育む時間や、それぞれの愛の形をみつけられる場所のひとつなんですよね。

だから根本にある撮り方や見え方は本人にしかわからないものでいい。



生活が落ち着いて、息子の赤ちゃんの時の写真をまた綺麗にしてあげたいと思うようになりました。

そしたらネガをデータ化してくれる手頃なネガスキャナーがあるんですね~。
\(^o^)/

標準価格1~2万なら比較的手が届く範囲。
昔のテープ式ビデオの方は旦那がデジタルにしてくれたので写真のネガは私がやるか。
私が撮ったものばかりだし責任持って。

調べたものは1本ずつネガを差し込んでカードに読み取らせる商品で、どっちにしろ手間と時間がかかりそう。

そのうち数本まとめて読み取りできるまで待ってようかなぁ。高価ならすでにあるのかも。



当の息子は自分の小さい頃の写真を見てもさほどうれしくないでしょうし、
これは親の楽しみなんですよね。特に還暦過ぎの旦那にはそう。

最近テーブルの透明マットに、息子の昔の写真を挟んで愛でているのがブームなのですが、
「なんか俺死んじゃったひとみたい。」と息子は苦笑いで不評です。

でも・・・将来孫が生まれたら・・・それも女の子だったら、
旦那が手のひらを返したように、孫にしか興味を持たなくなりそうなのは目に浮かびますけれどね。



本日もおいでいただきありがとうざいました。
師走に入り冷え込みが増して気ぜわしくなりますが、お互い無理せずいきましょう。


別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
照明タリアセン(フランク・ロイド・ライト)と人形/教室Aにカインの軍服
2019-11-28 Thu 09:35
                                            


教室A(墨隼・ぼくしゅん)にカインのデフォルト衣装の軍服を着せてみました。

それに合わせて髪の毛をショートにしたら、後頭部から襟足にかけての形が非常に好み。

(o´Д`)=♡ 冷淡で薄情な墨隼に似合う!この衣装は配色もデザインも大好きで、
本来は腰丈のマントも付属しています。みづらいですがマスケット銃はウィルのを拝借。


191127DSC_0219.jpg


古株な教室Aは今時のヘッドに比べて大きんですよね。

でも私が好きで所持しているものは、セシルもルカもミシェルもウィリアムズも、
軒並み存在感があるサイズのヘッドなんだな。

カインの服はGrB(13)サイズ。墨隼は普段17ボディ仕様なので、13にすると慣れなくて違和感が。


191127DSC_0240.jpg


若干ずんぐりむっくりして軍服がしっくりこないのは、詰襟に対して首が短いからと気づき、
簡易にヘッドのホール部分を調整し、詰襟に耐えうる(?)首の長さにしてみました。

そうか、カインはホールが狭い上に、GrB特有のなで肩だから余計に首が長く見えるんですね。

その分肩幅が狭く見えたりもするんですが、カインの慎重でストイックそうな線の細さには合っています。

もしやメーカーはデフォ衣装に合わせて限定子のヘッドのホールを決めているとか!?

なんでホールの形状を統一しないのかそれとなく気になっていたんです。リキャスト防止?


191127DSC_0229.jpg


いい、この後ろ姿いい!しばらく眺めていました。

191127DSC_0231.jpg


さてさて、いつものように撮影の背景をどうしようかと考えます。

軍服にマッチするわけではありませんが、タリアセンの照明と人形をテーマに合わせてみようと思いました。

照明のデザインはアメリカの近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト。
次元が違いすぎて超憧れというのも陳腐になってしまいます。でも好き。

幾何学の木材の意匠がどこか日本の寄木細工を思わせ、敷居が高いながらも親しみやすく、
うちにはスタンドライトとキャンドルライトホルダーの照明があります。


191127DSC_0246.jpg


ついインテリアイメージボードに貼るような写真になってしまったぁ。

191127DSC_0248.jpg


今回は人形もインテリアとして、ヒトガタを意識して撮影しています。
めずらしくドールスタンドを利用したり。

191127DSC_0213.jpg



191127DSC_0223.jpg



うーんパネルが安っぽいのは我が家の予算上無理なので許してやって下さい。勿論100円ショップでのもの。

これキャンドルホルダーがもうひとつかふたつ下方にあるといいかも。でも予算の・・・以下略。

家の狭さなどがせっかくの照明を台無し気味にしているのはありますね。

いつかどーんと広い家が欲しいものですが、自分のできる範囲で工夫して日々楽しもうと思っています。

191127DSC_0241.jpg


配置のせいでイマイチさに拍車をかけているなと、掛け軸を外してパネルを壁に掛けてみました。

ちょっと位置が低いか。(後で上方へ移動)

ライトのデザインした椅子がまたモダンなアールデコかつクラシカルにも通じて素敵なんですよね。

ああ、きりがないのであの神ハイセンスを思い浮かべちゃダメだわ、
参考にすべくこれがうちのコーデだと思い楽しみましょう。

画像のは人形の椅子ではなくアンティークの花台。

191127DSC_0256.jpg




191127DSC_0261.jpg



人形のおかげでうち(私)らしくなり、なんとか落ち着きましたわ~。

191127DSC_0258.jpg



話は変わって悪魔のおにぎり
*****************************


食べてみたかったのですよ、ローソンの悪魔のおにぎりをずっと。

遡って家族で初詣帰りにコンビニに寄り、これ何?って思ったんです。

いったい何味なのだろうと気になる。食品表示を見ればいいのですが老眼鏡がバッグに無かった。

普段コンビニでパンと飲料水はよく購入するのに、おにぎりやお弁当にはまず手を出しません。

主婦ゆえに自分でつくっちゃうんですよね、家になにかしら食材があるから。

このパッケージのたぬきの悪い顔wよし食ってやる~。可愛いと食べられない心理をついてるかも。

さあ何味か袋を開けると、ん?鍋焼きうどんの香り?なんだっけこれって。

濃いつゆにたっぷり浸した野菜のかき揚げを細かくして、味飯と混ぜておにぎりにしたものだ。

煮込んだかき揚げ丼の味でした。揚げ玉から悪たぬきのイラストに?

濃い辛くて烏龍茶がすすみ、おばさんはやみつきにはならないけど110円じゃ優秀です。

期間限定とか何種類かあるのかもしれません。

合わせてめずらしく試しに買ったおくらのお惣菜(豆腐は自分で入れた)で朝食をすませました。
こっちは300円程で合計すると主婦の毎日の朝食にしてはちょっと高いか。居酒屋なら全然あり、おいしかった。

191127DSCN3960.jpg


お昼に特売の塩味系チャルメラに、むきエビを塩コショウでソテーしたものをのせてみました。

エビがプリプリでおいしくて、カップラーメンの味わいと食感に合わず残念なことになり、余計なことをしちゃった。
バランスって大事ね。

最後にうちの近所にはないドンキ・ホーテに、出かけた帰りにみつけて立ち寄り、
旦那と店頭にあったおやつ系をわくわくと適当に買ったら、700円でおつりがきたのでうれしくなりましたよ。
今度店内をゆっくり散策したいです。


目先では義父の介護施設代などで真面目に節約しないとなんです。
最近のついついジャンクフード買いは調子にのらないよう控えなきゃですね。(生活習慣病を息子に心配されてしまう)

フランク・ロイド・ライトから一気に生活感丸出しになり失礼しました。



実は玄関がハロウィンのまま(゚д゚lll)だっ!本日もご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村


別窓 | 部屋風背景・家具・飾り付 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT