予定は未定 でもそのうちやれると思うんだ
2018-02-28 Wed 07:00



当初の予定では こんなラクガキから始まり、
ルカとクリスに大きなサンドイッチを持たせて遊ぶつもりでした。

100円ショップの小物が、人形の遊び道具に活躍しています。

食品玩具も良くできていて、これで100円!と驚き。

そのままでもいいし、手を加えれば自分の雰囲気がでてまた楽しさが増えます。


180229DSC_1106.jpg




残念ながら今回は欲しい物が見つけられず、紙粘土で作ってみたら、これが思ったより手軽でうれしくなりました。

個人のお人形遊びには十分。

パーツはそれとなく揃いました。後はパンに挟んで人形と遊びたい。

が、それがなかなかできない。疲れて気力がいまひとつでない。



考える事、やる事が多くてかなり複雑で深刻。ストレスから十数回目の円形脱毛中。

それに関してはもはや慣れっこで、隠れハゲくらい痛くも痒くもねーよってなっています。

ですが掃除面で部屋に髪の毛が落ちている事にイラっ。

なるべく髪をシニョンにまとめています。でも気づくとたくさん落ちている。

そのうちカッパになる日も近いですわ・・・。


しばらくしたら元気もたまってくるでしょう
180222DSC_1108[1]
油揚げのようなものはチーズ



ルカとクリスはわりと好奇心が強いこ達。 気になる事にくるんと目を輝かせる。

そのせいか簡単なお料理をしたがったり、色んなものを食べたがります。

アメコミにでてくるような、それどうやって食べるの?などーんと高く積まれたハンバーグとか好きらしい。

でもね、猫族のくせに生ものが嫌いで、どちらかというと草食系でお菓子好き。
特にルカ兄さんが焼く果物や木の実のパイとかに目がない。(兄さんさすが主夫)

なのに生ハムとか食べたがり、たいして口にせず結局『もういらなーい 無理』って残してばっか!

レタスとチーズをむしゃむしゃ。

まだ子供なので大目に見ていますが、双子をかなり甘やかしているなぁルカ兄さん。


私には猫がじゃれて遊んでいるようにしかみえません
170801DSC_0123[1]
過去撮




170801DSC_0148 (2)





**********************************

春のように暖かい日が増えてきました。
でもこの冬は全般に寒く思えます。歳のせいか。

夜は背中にホッカイロを貼り、布団の中で主婦雑誌の温泉特集を読むんです。
そして温泉につかっているイメージをしながら寝ると、リラックスして温まるんですよ。


180228DSC_0540.jpg


けっこう気に入って毎晩のようにそうしていました。

それを旦那に言うと、不憫に思ったらしく”アンカ”を買って来てくれました。
「もっと早く買ってやれば良かったな。」って。

ありがとう、でも自分なりに楽しんでいた脳内温泉宿。

これが画期的。温かすぎてすぐ眠くなります。電気代も安そうでもっと早く気づけば良かった。

180228DSC_0512.jpg



旦那にはお礼にフルーツケーキを作りました。

180228DSC_1106 (5)







スポンサーサイト
別窓 | † 筆箱【イラスト墨絵】 | ∧top | under∨
シャルロートカ(ロシアの林檎ケーキ)
2018-02-26 Mon 20:19



161116DSC_2677_20180225112338f9f.jpg



シャルロートカ(ロシアの林檎ケーキ)

林檎が安くたくさん手に入った時に作るお菓子のひとつです。
バターを入れないからパウンドケーキに比べてヘルシー。
(パウンドケーキって主要な材料を1ポンドずつ使うからって知ってました?)

卵、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、林檎、それと牛乳(本来は不使用ですが生地が固かったので)。
今日はオーブンを使わずフライパンで焼きました。
甘党の旦那は朝から3ピース食べていました。

次は林檎を赤ワインに漬けてみようかな
DSC_0532.jpg





161116DSC_2689-.jpg




牡蠣のムニエル ヴァン・ブラン

旦那の古い友人に、産直の牡蠣をたくさんいただきました。

ムニエルにして白ワインと生クリームのソースを添えました。


牡蠣がぷっくぷく
180222DSC_1033.jpg




「俺そーゆーのよりフツーに牡蠣鍋でいいんだけど。」と言われました。

だと思ったんだけどね・・・。


180222DSC_1027.jpg


今各国料理ブーム。





別窓 | † お弁当箱【弁当料理】 | ∧top | under∨
黒のヴォカリーズ
2018-02-25 Sun 15:33



Rachmaninov Vocalise


180222DSC_0885-2.jpg



カインは年齢不詳です。

人形だからそんなものですが、うちの住人の中ではわかりにくいです。

案外歳いってんじゃないかと思う時もあったり。

そして4、5年先の成長が一番楽しみなこです。 


このところ忙しく、3月もかな、データに残っている画像を使うことが多いです。

人形の写真は、撮るのも見るのも飽きません。

実物を眺めているのも大好き。時間が動かない気がするのも好き。


180222DSC_0893_201802250403433ca.jpg





180222DSC_0903_20180225040344e1c.jpg






DSC_0117.jpg





180222DSC_0909_201802250403467c9.jpg





180222DSC_0911_201802250403477cb.jpg




180222DSC_0916_20180225040425960.jpg





DSC_0126.jpg






180222DSC_0921-.jpg







別窓 | カイン    | ∧top | under∨
ロシヤ料理
2018-02-24 Sat 01:01



私が子供の頃からあるロシア(お店の看板はロシヤ)料理レストランです。

子供にリクエストのお店がないようなので、学生同士では行かないような、私には容易く作れない料理で、昔ながらの店に連れて行きたくて今回はロシア料理店にしました。

かつて親戚の叔母が「順番よ。」と色々ご馳走してくれました。

”若い子を自分が選んだ好きなお店に連れて行ってあげなさい。そしてたくさん食べて欲しいわ。私もしてもらったから順番なのよ”という意味です。

私はそのシステムがとても好きです。

お節介なおば(じ)さんらしくて、むしろ粋じゃないですか。

自分の子供にも、いずれ下の世代にそうして欲しいと思います。


落ち着いた雰囲気の店内 寒いこの日は年配の常連さんが目立ちました
DSCN4124.jpg


子供はコース料理(私の推しで)
モザイク・テリーヌ 
ロシアぽい色 さっそく私には作れそうもない
DSCN4122.jpg

つぼ焼きクリームスープ 
熱々の魚介のホワイトシチュー
DSCN4126.jpg

オマール海老 
香ばしい匂い どれもこれもおいしいそうです
DSCN4128.jpg

ピロシキ 
固めの揚げパンにほぐれたハンバーグがぎっしり入っている感じ
DSCN4131.jpg

ロシア料理といえば熱燗?日本酒党の息子 
アテはクラゲに梅肉のとびっこ和え
DSCN4127.jpg

コースメインの和牛ステーキ やはりロシア料理といえばこれ?
話に夢中になって食べかけですみません 柔らかくていいお肉ですって 
焼きたてパンにハムのムースとバター付き
DSCN4130.jpg


デザート盛り合わせ 
シャーベットとクレームブリュレ(焼きカスタードプリン似)
お腹が苦しそうだけどひと皿ごとは女性向けサイズ 
DSCN4132.jpg

苺の粒がごろっとしたジャムのロシアンティー
気に入ったのか、え?ってくらいガンガンジャムを投入してました
DSCN4133_20180222145533f2d.jpg
大好きなホフロマ塗のカップとスプーン



私の注文 
コースは品数が多く、デザートを食べるのも無理そうなので単品を注文。

シーフードサラダ 
イカが柔く細切りで食べやすい 
DSCN4121.jpg

ボルシチ 
これも小ぶりでさわやかな風味 
DSCN4125.jpg

ビーフ・ストロガノフ
フォアグラの様にふんわりぷっくりの半焼きビーフにクリームソースを和えた仕上げ
いつものビーフストロガノフは薄切りで歯ごたえのある肉を煮込んだものなので意表を突かれました
DSCN4129.jpg
これはこれでリピートしたくなります


私もピロシキをいただき、これはビールに最高でした。

週一で食べたいくらいおいしい!テイクアウトできるのにうっかりしました。


オーナーの美人年配マダムの気遣いで「まだ時間があったらどうぞ。」と、ロシアンコーヒーをご馳走になりました。

色々お話を伺いたくなるような、年輪と華のある上品な方でした。

歳をとるのが楽しみに思えるってすごいなぁ。元+生き様ですね。

柘榴シロップとグラニュー糖でグラスの縁を飾り、甘さ控えめの生クリームの下のコーヒーは無糖です。

縁についたグラニュー糖で甘味を加減。


DSCN4134.jpg


この縁のはグラナデンシロップ?なに?苦虫を潰したような変顔をしていたようで、子供にふかれました。

「どうした?大丈夫かい?w」

「この赤いのは柘榴なのよ。いいでしょ。」マダムが助け舟をだしてくれて、彼女のオリジナルデザインなのかなと思いました。

どこか懐かしいセンスが素敵。それに色合いがロシアって感じがします。


次にでてくるお皿がとても楽しみな夕食でした。

おそらく日本人向けの味付けなのでしょう。

パン用のハムのムースは、是非家で作ってみたいです。


8時をまわったばかりなのでこの後にもう1軒。

夜のひとけの少ない浅草寺を散歩がてら突っ切ります。


DSCN4136.jpg


行こうと思ったジャズバーが定休日で、ずいぶん前に子供と来たことがあるお店へ行くことに。

私は旦那や友人と何度か来ていますが、なんで子供を連れて来たのかは忘れてしまいました。

子供は覚えていて「○○さんが出演していて・・・」と言ったら、ママが「あらピアノの○○さんでしょ、仙台が本拠地の。」

○○さんとは旦那の友人。なんだかそんな話でまわりの皆さんと気軽にお話ができました。

この日は飛び入りセッションで、客も演奏に参加できます。

ざっくばらんに和気あいあいと、不慣れな親子に気を使ってくれました。


DSCN4144.jpg


いいなぁ、かっこいいなぁ。(憧れ)常連さんばかりとは言えサラッと合わせられて。

皆さんのようにリクエストに応えられず、芸のない不調法な親子ですみません。

他に若い子がいなかったし、子供は遠慮をしてたのかな。

コードと場に慣れれば大丈夫だろうから、社会人になってからこういう遊びもできると思うんだ。

こんなお店もお客も少なくなってきてますけどね。

心の中にでも残って欲しい、そんな気持ちがあって連れて行きました。

これから子供には、どんどん楽しみを見つけていってもらいたいです。







別窓 | † お弁当箱【弁当料理】 | ∧top | under∨
雨水
2018-02-19 Mon 23:57



180219DSC_0608 (6)



たまに旦那と一緒に仕事をすることがあり、用事を終え新橋駅近くのインド料理店で昼食をとりました。

モティは何十年ぶりかな、派手目な店内が懐かしい。

場所柄かサラリーマンの男性客が8割強です。

エビ、野菜、マトン(羊)の3種のカレーとナン(又はライスどちらも大きい)にドリンク付きをチョイス。

ラッシーが苦手でインディアンティーにしました。少し薬膳ぽいスパイス入り?

我が家では馴染みのないマトンの肉。
(一般に牛・豚肉を食べないのでしたっけ。お店でもメニューにありません。)

味は牛肉と鶏肉の中間のように思え、クセもなくこのカレーが一番好みでした。

野菜カレーは旦那には人参ばかりで、私にはインゲンだらけでしたw

エビも1個しか入ってない方と、4つ入っている方とかなり適当な盛り付け。

インドの方らしい男性ばかりの給仕で(文化?)、もの腰が柔らかく親切でタイミングが良い接客。

発音がイマイチ聞き取りにくかったのですが、旦那は地元の年寄りよりよっぽどわかりやすいそうです。


あ、男性客が多いのは、ナンやライスのおかわりができるからかもしれません。

ランチのお値段はおさえ目だし、カレーの味は3種類共マイルドでした。

うちにはスパイスや本格的な材料は揃えておらず、近頃外食ならではで、色んな国の料理を食べたいと思っています。

めずらしさはありませんが、インテリアも併せて楽しいランチでした。(*´∀`*)

次はロシア料理がいいなぁ。ポルトガル料理やギリシャ料理ってたぶん食べたことないと思う。


旦那はそのまま次の仕事先へ向かい、私は巨大ナンを消化したくて、腹ごなしに東銀座まで歩くことに。

途中、博品館で玩具やぬいぐるみを物色したり、物産展を覗いたり。




180219DSC_0599.jpg



歌舞伎座まで来ると、当日の自由席(立ち見を含む)、幕見が丁度発売される時間でした。

旦那が帰宅するのは夜の9時過ぎらしく、まだまだ時間の余裕あり。

せっかくなので松本白鸚、松本幸四郎、市川染五郎の襲名披露口上を観ることにしました。

染五郎(金太郎くん改)12歳が個性的でドストライクなのだ。

趣味の歌舞伎の絵の生き生きさや、2匹の犬のぬいぐるみに衣装を付け、歌舞伎ごっこを楽しむ姿にやられました。

人形劇の舞台や大道具まで作って本格的。(マニアwおもしろーい

仏像フィギュアコレクションもしているらしく、可愛いんだかシブイんだか。

次元が違いすぎますが、きちんと真面目にお稽古してきましたって人が好きで憧れてしまいます。


ああいいものを観ました。清々しさに寿命延びます。 

そして自分の日頃のものぐさ加減が、大いに恥ずかしくなり反省しました。

幕見は値段も手頃で、今度はゆっくり演目を観たいです。


180219DSC_0605.jpg





180219DSC_0607.jpg





180219DSC_0608 (1)





180219DSC_0608 (2)





180219DSC_0608 (5)




180219DSC_0608 (3)




お土産 もっちりおいしい
ほうじ茶、よもぎ、こし餡、クリームパン 
DSC_1094.jpg




柿の葉寿司 好物
DSC_1093.jpg








別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT