ビスクドール 兎の仔
2017-10-30 Mon 17:24


兎の仔


好きな作家さんのお人形を、そのこのどこもかしこも魅入ってしまい、
しかも手元に来てくれるなんて奇跡的。

SDは元々カスタムできる(する為の)量産キャスト製の人形として傾倒したのだけれど、
作家さんのはそうはいかない。
(そうはいかないから15年ほど前、ルカクリに惚れ今に至る)

家庭の事情やら健康状態、購買のタイミングお足の有り無しも難しい。
好きな作家さんだから手放しで喜び求めるわけでもない。
微妙に作風もこちらの好みも変わる。
引きの運は全般に超弱い。


玉かづらいかなる筋を尋ね来つらむ

どのこもそれぞれに特別なところがあり、このこは来てくれたことが特別。



DSC_0009 (21)



名前はなくその時々に兎の仔とか、カノンとか、葛の葉、玉鬘(たまかずら)などと呼んでいます。

ビスクドールはお人形のカタチをした壊れそうな器。

喋らないし聞こえてないし、見えていない器。

過去と現在と未来の流れる時間しか持たずそこに居るだけ。


自分にはそう思えるところがとても美しくあり、ひとの形をしている分だけ不憫さがつのる。


不憫だから愛しさが増すのでしょうか?

だからといってどうしてあげることもできません。


人形のカタチをした器でひとの形をした兎の仔。




DSC_0009 (4)






DSC_0009 (13)







DSC_0009 (15)






DSC_0009 (8)-







DSC_0009 (18)







DSC_0009 (10)






DSC_0009 (19)





DSC_0009 (11)


部屋の中で兎の仔に触れると、

レンガの病院の壁みたいに少し湿っていて、

いつもひんやり冷たい。


DSC_0009 (2)







酒の肴
*************************************



今の時期、浦霞にはこんなのが好みです。

辛口の白ワインに合いそうな肴と言うのでしょうか?
ほんのり甘い野菜に、素材をいかした淡白な魚介。
おだやかな秋な統一色 

何を言っても呑みたいが為の酒呑みの言い訳ですわ。 ま、のも。
DSC_0009 (12)







別窓 | ビスクドールなど  | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |