玉川
2017-06-30 Fri 21:48


170630DSC_0615.jpg






170630DSC_0619-.jpg






170630DSC_0619.jpg






170630DSC_0623.jpg



清流を泳ぐ鮎が涼しげな錦玉羹(きんぎょくかん)は玉川という名前です。

昔ながらの和菓子屋さんのショーケースに顔を出すのを毎年楽しみにしています。

毎月4種類程、季節に合わせて並ぶ和菓子の姿が愛しい。



静かな粋を感じる 職人のご店主も素敵な方
私は昔々和菓子職人に憧れていたのだ
170630DSC_0782.jpg





170630DSC_0635_20170630185838de0.jpg







170630DSC_0644.jpg





カインが笑うとカワイイ(・∀・) でもこのボディ、キープ力弱い それも個性か
170630DSC_0630.jpg
 ↑ 笑ってるんですよ



錦玉羹のイメージで撮影しながら遊びたいと思い、カインと公園に出かけました。

そうは見えないでしょうが手にしているのは龍笛です。

残念な手作り。  不気味ですか??  

だって売ってないんですもの・・・。




カインは何事も卒なくこなすけれど、セシルの方が無駄に才能があったりする。オレ様度の差?
160404DSC_1002-_20170701140149fd8.jpg

(自前伏せ目カスタム)セシルが笑うとふてぶてしい・・・






別窓 | カイン      | ∧top | under∨
梅雨晴れ間と待ち人
2017-06-29 Thu 20:56



170629DSC_0665.jpg






170629DSC_0667 (2)








170629DSC_0663.jpg






めずらしく落ち着きのない



170629DSC_0673.jpg





そんな庭先に出て 小走りに




170629DSC_0658.jpg






170629DSC_0654-.jpg







170629DSC_0649_201706292201201f6.jpg






どうやら待ち人が来たようですね。






別窓 | カイン      | ∧top | under∨
ハンドパーツのパステルメイク工程 SD男の子  
2017-06-28 Wed 17:31
                                         


ハンドパーツのメイクについてご質問を頂戴いたしました。

当方の一人相撲で楽しんでいる感満載なブログに目を留めて頂きありがとうございます。
簡単ながら作業中の画像をアップしたいと思います。

タイトルは工程としていますが、個人の趣味範囲、自己流で思いつくまま作業を進めています。
何かしらの参考にして頂ければ幸いです。

主にSD17男の子白肌の画像。LED蛍光灯下で画像が粗く申し訳ありません。


今回使用したのは簡単に材料を揃えられ、梅雨時に乾き待ちなどもないパステルです。

複数のハンドパーツを塗装する場合、慣れている方はエアブラシが効率が良いと思います。


SDGr白肌カイン  塗装前
無塗装もこれはこれでまた人形ぽくていいんですよね冷たい感じが
170513DSC_0241[1]


塗装後
170531DSC_0811-[1]


今回使用した材料 それとつや消しスプレーが必要

◆トーンナイフ(カッターナイフ可)と研磨スポンジはバリ除去用 
 気にならなければこの過程は省略で
 バリとは形成時にできる凸な繋ぎ目

◆メラミンスポンジ 失敗した時などに軽くこすって消すため

◆パステルと削り用サンドペーパー ざっくりで白・青系・赤系

◆色鉛筆 主に17男の子ハンドの血管用に

◆平筆 ぼかしや複数色をバランス良くのせたり調整用
 (私はこれがないと始まらないってくらいパステルには重宝して使っています)

◆綿棒 
 1.日常で使っているものが柔らかくていい・・・・広い範囲の赤みや青みのぼかし部分に使用
 2.先が尖っているもの・・・・爪のまわりの溝に赤みを入れる時に使用
 3.先が丸いもの・・・・爪のつけ根と先端を白くする時に使用
 2と3はホビー用の丈夫で硬く細いものがおすすめ

DSC_0592_20170626213515c37.jpg


内心自分が教えてもらいたいですし、標準でハンドメイク済で販売して欲しいので、
こんなやり方もある程度でご覧下さい。


バリ除去→その部分研磨→台所用中性洗剤で洗浄→乾→ツヤ消しスプレー→乾

ハンドは時短の為ドライヤーで乾かしていますが、
仕上がりが違う、パーツが傷むと感じる方は自然乾燥で。
ドライヤーはパーツから距離を離して使用して下さい。

血管の芯を色鉛筆でなぞる
DSC_0581.jpg



なぞったその上から直接パステルをこするようにのせる
DSC_0583_20170626213323a22.jpg



ぼかす 家庭用綿棒が柔らかくて良い   
DSC_0584.jpg



地道に繰り返す これが薄くてなかなか色がのらない
(私だけ?皆さんどうされているんだろう?ここでエアブラシにすれば良かったと後悔したりする
DSC_0585_2017062621341401f.jpg



(まだ血管が途中ですが撮影の便宜上)広範囲の手の甲に赤、青、白で適当に陰影をつける。
適当ってなんだよって感じですが、好きな人物の手の画像などを参考にして下さい。
センスがある方は必要ないのかもしれませんが、私は以前なにかにつけデッサン必須でした。
今回は動画を見ながら好きなピアニストの20代前半頃を参考にしました。
鮮明な手の画像がないのでそこはまた適当にイメージで。

大好きな工程、平筆活躍。
DSC_0586.jpg



ここは騙しだまし?濃くしつつ整えていきます。
DSC_0587.jpg



指や爪は主に家庭用綿棒でやっています。
濃くなりすぎたらメラミンスポンジなどで軽~く拭き取る。
DSC_0593-.jpg



手のひらは筆でペタペタ。 だんだん説明も順番もいい加減に・・・。
それぞれの好みのサジ加減としか。
DSC_0596- (2)


ここまでくるとなんとなく息吹?入ってきますよねw


爪のまわりの溝は先端が尖った綿棒で赤系を。
爪の付け根と先は先端が丸い綿棒で白を。
DSC_0597-_20170628171321b7a.jpg



これは銃持ちハンドなので銃を持たせてみて、あーここは力が入るところだからもっと濃くしよう、白くしようとかここは筋張るはずとか調整。

つや消しスプレーで再コーティング後に色をつけるとのりやすいですよ。
バランスを見ながらお好みで。

疲れたからもういいやと思ったら仕上げのコーティングを。
お好みで最後に爪にクリアをいれてください。
今回自分はいれません。いれるのに飽きたのかな。
色々やりやすいようにお試し下さい。

DSC_0599-_201706281709466f0.jpg

SD17ハンドはリアルで大変良く出来ているので、メイクをしていて楽しい。


SD17白肌   繊細さがでるつもりで
170625DSC_0557 



SD17ノーマル肌   神経質且つ若干ワイルドに(なってたらいいな
人形っぽい造形の顔と手のギャップが個人的に好き
170521DSC_0562-2[1]



SDGr白肌   白肌少年はやっぱり痛々しい感じに
爪をもう少し青白くしたくなりました  
DSC_0589_2017062816574316b.jpg


171101DSC_0051_2017110119125490c[1]



ネイルメイクもそのうち努力していきたいです 
SD13ノーマル肌 イマイチなので次がんばろ
160314DSC_0454_201706281033064de.jpg


ついでにたまにご質問を頂く照明ですが、室内撮影にはいつもこれ。
芸のない普通~のLED電気スタンド。特別な機材はありません。

170531DSC_0768_20170628144410d4f.jpg



ここまでご覧下さり誠にありがとうございました。

ハンドメイクをするとバイオリンを持たせたくなりました
人形友達のPさんの、白ウィリアムズは13の少年ぽさが残っているとの言葉に納得
私はミカヤ坊ちゃまって呼んでいます(乳母とか婆やスタンス)
バイオリン弾けないからポジションがわからなくていい加減です
DSC_0563_20170628112333cd2.jpg



いつもありがとうございます

にほんブログ村



別窓 | ハンドパーツメイクログ | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT