ご挨拶
2017-01-31 Tue 22:51
ご挨拶



二十数年にわたる介護に区切りをつける時がきました。

26歳の時からですので、人生のほぼ半分という長い時間です。

当時はいずれ失明といわれていた旦那、徘徊し肺がんで亡くなった父、認知症の母。

認知症の母につけいるパラサイト姉。

まだ介護の終了ではありませんが、気持ちの整理が大分ついてきました。

もうここを拠りどころとしていた役目を終えたと思えるため、
最後に幾つかの記事を残し、こちらのカテをここで閉じさせていただきます。


信頼できる方々に出会えて心より感謝致します。


どうもありがとうございました。


2017.07



鬼灯
*******************************




170711DSC_0956.jpg




黒い川に鬼灯を浮かべ灯してみた


するとそこは川ではなく  淀み 溜まったまま行き場のない水だった



浅い薄汚い川なのに



鬼灯を踏めば パンのように自分ごと深く深く沈んでいくんだろう  





170711DSC_0962.jpg




そんなもんだったんだね   ルカ



170711DSC_0988.jpg




そんなもんだったんだよ クリス



170711DSC_0998.jpg






170712DSC_0996-.jpg








170711DSC_0967.jpg





  


役目を終えた時に





これ以上真夏日になると無理なので、涼しい朝のうちにスケッチへ。

絵ではないのですが努力されている方に感化されて、私も上達したいとの気持ちがでてきました。

今からでもまた大事なものが見つかりそう。



170710DSC_0951_2017071118464747e.jpg



浅草寺へお礼参りと、お盆の提灯かわりにほおずきを買ってきました。



26歳から二十数年してきた介護に区切りをつけたら、重い肩の荷がおり目の前が徐々に晴れて見通しが良いです。



長すぎた。

もう疲れたよ(フランダースの・  あっいずれイケメン天使が迎えにきてくれるかしらと期待大


好きでやっていたわけなどないし、元々デキが悪いからプラスに変えるよりも、失ったものの方が遥かに多い。

それでも信用できる人に出会えたし、福祉関係の住宅設計も強くなれました。

自分の時間もたくさん増えたじゃないか。

なんて身軽・・・。



そして遅かりしの感ありきながら、最近古い友人の言葉でやっと気づけたことがありました。

ただ「朝ご飯を母に作ってもらっている。」と、たったそれだけなんですが、
それも朝はパン系かご飯系かの流れで、それだけの他愛ない話で終わって。

でも気づいたことがあり救われたんですわ。 



夏野菜モリモリサラダ
170711DSC_0954.jpg




今年のほおずき市は風鈴の音がいつもより清らかに聴こえたりしましたよ。

ガラス風鈴のチンカラも心なしか天上的。


170711DSCN3683.jpg



介護が終了したわけではありませんが、記事を記載するその役目がやっと終わったと言うのが近いかもしれません。

自分は救われ助かった場所であり、その目的で始めた傾向のブログですが、
多くの方にはお目汚しでしかなかったと思います。

お詫び致します。






スポンサーサイト
別窓 | † 薬箱【介護思い健康】 | ∧top | under∨
緋の月光
2017-01-31 Tue 18:13



170201DSC_0293 1






170201DSC_0217 2 






170201DSC_0219 (2)






170201DSC_0249 (2)






170201DSC_0254 (2)






170201DSC_0260.jpg






170201DSC_0265 1








170201DSC_0284.jpg






170201DSC_0274.jpg





ベートーベンのMoonlight Sonata 第三楽章Op.27-2をエレキギターで聴いた時は衝撃でした。

月光?・・・だ。 すごいロック。


レイズナーはショパンだろうがピアソラだろうがとりあえずなんでもロックになりそう。
さすが攻めてくるなぁw。
認めた相手に対してはね。 普段は飄々。

それにしても彼は緋色が似合いすぎ。


色と音楽と人形の合わせ、
楽しくイメージを浮かべているのがまだ幾つかあります。

あれもこれもやりたくなってしまう。

人形達も自分なんかによく長年つき合ってくれていると思います。



乗りかかった船とか毒を食らわばなんとやらですかね、うちの住人達のことだから。





170201DSC_0280.jpg










別窓 | レイズナー  | ∧top | under∨
浅はかと(3) きれいなものは
2017-01-31 Tue 08:08
※介護にまつわる暗い話 許容外の方はお控え下さい。m(_ _)m





きれいなものは愛しいけれど、外野のその自分にはキレイゴトと思える上辺の言葉はもういい。

もういらない。
意味があるなしではなく、今はもういい。



腕力があるであろう大の男が、枕元に刃物を護身の為に置いておかないと恐怖で眠れない。
介護をしている父親が何をしてくるかわからないからだと言う。


わかる。 怖い。 
自分はまだ一緒に暮らしていないからどれだけましなことか。


人間としてこのように思うことは悪いことだと十分わかっているが、
亡き父がいよいよベッドから動けなくなって、
見るに堪えない辛い気持ちの中に、
これで徘徊で他人を巻き込む事故なども、自分の身の危険もなくなると安堵した。
生活も仕事も安心してできる。



痴呆症の母が怖い。  
罪の意識が元から少ししか備わっていない姉の脳みそが怖い。
気に入らないものを全力で壊し続ける彼女が怖い。


三つ子の魂百までもとは、歳を経るごとにその通りだと実感する。


どうすればいいのか、20数年の間に3人を介護をしていれば経験でわかるようなものだが、
どうすれば一番良いのかがいつもわからない。

一番に拘っているわけではない。


何が悪かったのか。

自分が常に正しいなんて思ってはいない。


いつかそんな時もくるかなと
子供の頃から信じている友人が言った「時間が全てを解決してくれるから」と、
旦那の言った「天道を歩いていけばいいから」が救い。


今はひとりではとても背負いきれない。





別窓 | 未分類 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT