ローズヒップ・ティー †人形遊びとは
2016-04-28 Thu 10:05



DSC_0873 (2)-


肌寒い雨降りの今朝は朝食代わりに、
甥から届いたお土産、リンツのチョコレートと熱いローズヒップ・ティー。
メロンパンよりも栄養がある気がしないでもない。


    160428DSC_1151.jpg




160428DSC_0891_20160428034349e0d.jpg




160428DSC_0916.jpg




160428DSC_0892.jpg



        160428DSC_0903.jpg



160428DSC_0896.jpg



160428DSC_0868.jpg




160429DSC_0884.jpg




160429DSC_0886.jpg


Jeromeはけして愛想が良いわけではなく、
いつも少し寂しそうな雰囲気を纏ったおんなのこです。

でも内面はたくさんの表情を持っています。

人形のふり?をしてみたり、あどけなかったり妖艶だったり。

普段はそれを卵の薄い殻みたいなもので、包み隠しているかのように見えます。


彼女(達)とはある程度の距離を保ち(互いに必要以上の邪魔にならないよう)、
少しの時間だけ内側を引き出させてもらい、
垣間見ることが自分の人形遊びの愉しみです。


ファインダーを覗くと違う顔に見える(してくれる)のは確か。
何故か不思議だがファインダーを通してがいい。


高校生の頃、バイトで買った一眼レフOLYMPUS OM-1を持ち歩いて出掛け、
センスのなさに泣き、フィルムの無駄にしか思えなくとも、
印画紙にモノクローム写真やネガやポジの現像もしていたりした、
被写体に対する気持ちや記憶や感覚の名残りのようなものだろうか。


あれなんて言うネーミングだっけ。 四つ切りとかの写真を展示するのに貼る板。
普通に板パネル?
で、周囲にホチキスと深緑のマスキングテープみたいなので固定するの。
ふっ。思い出しちゃった。 ふふ。

はっ、いまだにバシャバシャ撮れず、1ポーズに1、2枚で止めてしまうのは、
セコイ学生時代のフィルム代節約グセのせい??


過去掲載の画像から
20160307141400c3a[2]


2016012414380550b[2]


20150618102125a0d[2]


20151211222148b4d[2]


20160118225221942[2]


151216DSC_0956[2]


2016030917474034a[2]


20150816021735214[2]



そして人形遊びは、
ひとりで静かに空想できる時間であることが自分には大切。

ほんの時折誰かと萌え話でもできればそれで満足。


遊び方に定義があるわけではなくひとそれぞれで、
只子供のころから変わらない、変わりようがないだけです。


2015061902244295b[2]


ローズヒップ・ティーとチョコレートはいまひとつ合いませんでしたが、
体が温まりました。



別窓 | ROSEN LIED水曜子 | ∧top | under∨
森で 1
2016-04-26 Tue 17:30



160426DSC_1092.jpg




      160426DSC_1087 1





160426DSC_1093.png




160426DSC_1095.jpg




      160426DSC_1069 1




160426DSC_1112.jpg





160426DSC_1100.jpg




      160423DSC_1083.jpg




160426DSC_1103.jpg




160426DSC_1108ウィル




GWはほぼ仕事で、息子も製図の鬼課題のため寮に篭ることになり、
ひと足先に初夏の箱根を楽しませてもらいました。
まだ人も疎らで静か。 

登山電車から眺める新緑が、迫ってくるように目に飛び込んで来て美しい。
若芽は毎年目に新しいものですね。山ぎわも空に映えてきれい。

「イノシシが出たら騒がず、静かに後ずさりしてくださいね。」
とホテルのスタッフに声を掛けられ、は、はい?
それだけの対処で大丈夫なのかと心配になりました。

箱根は保養所などが多く安く泊まれるせいか、
子供の頃から2,3年毎に訪れているけれど、注意されたのは初めて。
民家もそこそこ多いところにまで。
最近の境界線の薄さを感じました。
旅行の恒例となっている朝の散策はやめることに。


旦那が仕事の電話をすると言うので、その間30分弱ひとりで撮影タイム。

少しの時間でもおざなりにならないよう、
その場所をうまく生かした写真が撮れるようになりたいものです。
どうしても気がせいてしまって・・・。 いつもこれが課題。


急いで戻ったら旦那はデッキで寝てた。
花粉がすごくて目を瞑ったらそのまま寝てしまったらしい。


斜面の下にはせせらぎ&木々には野鳥のさえずりときたら寝るしかないか
160426DSC_1137_2016042613234983a.jpg


今回の残りの写真はまた後日、ちょっと忘れたころにでも2へ続きます。

ご覧下さりありがとうございました。




別窓 | Midiウィリアムズ | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT