愛を奏でて (海の上のピアニスト)
2015-02-24 Tue 01:04
※The Legend of 1900(海の上のピアニスト)の二次創作になります
ドールの会話が苦手な方は申し訳ありませんがご覧になるのをお控え下さい



大好きな映画です。

曲も何百回聴いて弾いたことか(イントロ部分は無理)。

画像に出てくるステンドグラス風の壁は手作りで30分かからないハリボテ。
H800×W1200とデカいけれど3つ折りにできます。
使いまわそうと思います。


海の上のピアニスト 「愛を奏でて」


彼の名は「1900」(ナインティーン・ハンドレッド)

船の中で生まれ 船の中でピアノを弾いて暮らし 

生涯一度も船をおりることはなかった男


150224SD眠A眠ルカ4


西暦1900年

イギリスから新天地アメリカへ、 大量の移民たちを往復輸送する豪華客船があった

そしてそこに捨てられていたひとりの赤ん坊

彼は戸籍もなくこの世に「存在しない」子だった

気のいい船員たちに育てられやがて誰に教わるでもなく

毎夜演奏される楽団の音を聴き親しみたぐい希な才能を持つ船のピアニストに成長していく

150224SD眠A眠ルカ9


88鍵の上に新しい無限の音楽 感性からjazzを奏でてゆく彼は

船客に狂喜され 日々賞賛される天才であった

彼にとってピアノを弾くことは話すこと考えること表現することと同じであり

音楽以外欲しいものはなかった


150224SD眠A眠ルカ13


そんな彼に人生ではじめての愛が芽生える


150224SD眠A眠ルカ


美しい瞳をした移民の少女

彼女に会ってはじめて”陸”にあがることを考えた


150224SD眠A眠ルカ2


船をおりなければ彼女とこれからの人生を失ってしまう


150224SD眠A眠ルカ7


簡単なことじゃないか 

陸にもピアノはある 音楽はある 彼女もいる


150224SD眠A眠ルカ10


しかし彼は船をおりることができなかった



150224SD眠A眠ルカ11


終わりが見えない巨大な都会

そこにはすべてがある でも終わりがない

世界の終わりが見えない

「ねぇ どうしたの 聴こえないわ 何を言っているの?」
150224SD眠A眠ルカ1


ピアノは違う

88鍵のピアノには端があり無限ではない

ピアノを弾く人間に無限がある

奏でる音楽が無限にある

巨大な都会という鍵盤の上で人間が弾ける音楽はない

僕には無限のピアノは弾くことはできない


陸  あれはきっと「神のピアノ」


150224SD眠A眠ルカ12


もともと僕は存在しない人間

僕のピアノを聴いた人の記憶の中だけに住む幻影

有限のピアノにだけ住むことができる それが僕


だから僕は船をおりれない



「ねぇ お願い 何か言って」
150224SD眠A眠ルカ6


君はこんな僕を愚かだと思うかい? 

それとも幸せだと思うかい?


時は流れ船は老朽化し 

ひとりで船に残り続けた彼と一緒に爆破され そして轟音と共に海に沈んでいった


150224SD眠A眠ルカ5


彼の名は「1900」(ナインティーン・ハンドレッド)

船の中で生まれ船の中でピアノを弾いて暮らし 

生涯に一度だけピアノで愛を奏でた


150224SD眠A眠ルカ8

ワンオフCiera氏 眠ルカと教室眠A

映画に気の利いたラブシーンはないんですが、ルカ君が
『そんなのやる気でない!』ってダダこねましたもので脚色しました。


別窓 | 眠りルカ     | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |