† ケルベロス Ⅱ † (ウィリアムズ・遠夜)
2013-05-31 Fri 08:20
                  
  ケルベロスⅠ




  彼は極稀に 私に話かけようとする

 
  でも口がきけないようだわ


  ケルベロス2 ウィリアムズ2




  あきらめて悲しい顔をすると

  また少し離れて いつものように私をただ見ている




  ケルベロス2 ウィリアムズ3





  ある日 驚いたことがあった



  ケルベロス2 遠夜3





  どこに咲いていたのか 彼が私に花をくれようとした



  ケルベロス2 ウィリアムズ 遠夜2





  でも油断してはいけない


  ケルベロスの息のかかった花は全部毒を持ってしまうから


  私は受け取らない



  ケルベロス2 遠夜1




  ひどく落胆した彼が 小さな子どもに見えた



  ケルベロス2 ウィリアムズ4




  さみしいの? ケルベロス


 
  あなたはいつからここにいるの



  いったいどんな罪で地獄の番犬なんてしているの  



  ケルベロス2 ウィリアムズ 遠夜3




  きっと ほんの少しの罪だったのよ



  ケルベロス2 ウィリアムズ 遠夜1




  だから



  ケルベロス2 ウィリアムズ1



  泣かなくていいのよ  ケルベロス




    ケルベロスⅢ



別窓 | ウイリアムズ   | ∧top | under∨
† ケルベロス Ⅰ† (ウィリアムズ・遠夜)
2013-05-30 Thu 05:50



  ケルベロス 地獄の番犬がいつも私を見張っている


  ケルベロス 遠夜3



  ひと言もしゃべらずに



  ケルベロス ウィリアムズ4



  本当は私の頭を噛み砕きたいくせに



  ケルベロス 遠夜4



  逃げ出さないように 今日もただ見ている



  ケルベロス ウィリアムズ3



  私の気が狂わないように いつも気にしている



  正気になればお終いだってことを



  ケルベロス 遠夜2



  もし  あなたがわかってくれたなら



  ケルベロス ウィリアムズ2




  あなたを  きっと




  ケルベロス 遠夜





  愛せるのに




  ケルベロス 遠夜 ウィリアムズ1




  ケルベロス



  ケルベロス ウィリアムズ1


  ケルベロスⅡへ




別窓 | ウイリアムズ   | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT