待春
2013-02-12 Tue 11:45
   息子の通っていた保育園のピアノの発表会がありました。
   毎年2月11日の建国記念日に催されます。
   昨年は大学受験当日に当たってしまい残念ながら不参加でしたが、
   早いもので習い始めてから15年以上たちました。
   
   雛

   保育園出身者の同窓会のような発表会でもあります。
   わきあいあい。
   
   息子の演奏の前が音大受験生、後が現役音大生という針のむしろのようなポジション。
   最初の出だしからして音が違う!   
   マイペースな息子はパフォーマンス系で気にするようなタイプじゃありませんが。   
   演奏を途中でごまかして、はしょったりしてました。ちょ、(爆)   

   ピアノ2
                     ピアソラのリベラタンゴ 山本京子編曲

      
   先生が人間的にも素晴らしく、憧れて音楽を目指す子達が15年たって育ってきました。
   育つには、育てるのにはこれだけの年月が必要なんですね。
   うちは好きでやっていたら時間がたっていた感です。はい。  
 
   ここの館長がまた小さな子供から大人にまで同じ目線で自然に接する方で、
   自分にとっても憧れの存在です。
   子供達がピアノを弾ける環境をありがたいと思っているのが演奏から感じられるの
   です。
   特に震災以降変わってきました。
   言葉であらわすのは難しいのですが。
   
   これは先生や館長達の様々な活動の後姿を見てるんだな・・・。   
 

   でもなんかちゃらい?
   ピアノ1 


   この発表会が終わると春がもうすぐだと毎年思います。


眠ルカ2
   淡い陽射しの中夢見ごこちなルカ    ワンオフ Ciera氏メイク 



   いつもありがとうございます。
   拍手コメントのお礼です。 たたみます。

スポンサーサイト
別窓 | † 文箱【日記】     | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † |