8番目のセシル(17ボディ用・傷レイズナーヘッド)メイクログ最終
2019-09-12 Thu 21:45
※ノーメイクヘッド画像あり 自己満足素人カスタムが大丈夫な方



190912DSC_8743.jpg


私の8番目のセシルの最終回まとめのメイクログです。こちらも更新をサボっておりすみません。

17セシルを十数年しつこく待っても来てくれないので、業を煮やして自ら迎えに行きました。

傷レイズナーヘッドを削り、パテ盛りをしています。

実家の介護問題や両指の変形結節痛が重なり中断し、完成までに2年の月日が流れましたが、
その分セシルとは更にじっくり向かい合え、私には幸せな時間だったかもしれません。
セシルの方はどーかなー、はは。ごめんね。つきあってくれてありがと。


来年『銀貨の誓い』が15周年だと思うので、
いい加減17傷セシルがGrと17の間の新ボディをひっさげて乗り込んでくるはず!希望。

さておき、8番目のセシルの順を追ってのメイクログ、備忘録と思い出に残しておきたいと思います。


190912DSC_9196


まず傷レイズナーヘッドの下取り交換後から。2017年3月頃
蓋がずれてきちんと噛み合わないのは磁石の磁気の関係かと。

傷ズナはメイクオフするとこんな造形なんです
170318DSC_0268_20190912172445875.jpg


傷レイズナー左とセシルのイメージに合わせ面取りをしたヘッド画像。
わかりにくいですが鼻と頬、顎など丸みを帯びるようかなり頑張って削っています。

傷もずいぶん浅くしました。

現在うちのズナはこのデフォからオーバーメイクをしています
170505DSC_0974_20190912172446230.jpg


角度により表情がつくよう上唇の中を削ります。これがけっこう私には難しい。

170920DSC_0591_2019091217325266e.jpg


おおざっぱにパテ盛り、これからヤスりながら調整をしつつ磨いていきます。
セシルの造形に影響するので大事ですここ。

170920DSC_0585_20190912172448879.jpg


磨き後ベースメイク。全工程で一番好きな時間。大すきっっ。

普通は線描きが先なのでは?自己流で普通がわかりません。

190205DSC_8094.jpg


線描き中は全くもって余裕がないのでこの間の画像なし。


190212DSC_8142.jpg


まゆげぇ まゆげが難しすぎてまた死にそうになる。助けて。

下手でくじけるくじける。

190314DSC_8353.jpg


カメラテストなのでコントラストあげてます。 もう少ーしアイシャドーいれて、それからクリアを口に塗ります。 

190314DSC_8359.jpg


そして一応完成後、わーいと愛でて遊んで気づいたら半年が過ぎてしまい、
本日ログの為に撮ったら眉毛がもうかすれてる・爆!メンテしなきゃ・・・。
そこのコーティング甘かったか!(´;ω;`)ばか

雑さなど気になって直したいところはそりゃあちこちあります。

でもなんかそれとは別に、ちゃんとうちのセシルの感情が入ってみえる気になるのが人形の面白さ。

その表情を間近でみれる、稚戯ながら自分のカスタムドールを愛する醍醐味だと思っています。

190912DSC_9649.jpg



190912DSC_9657.jpg



190912DSC_9655.jpg


2017年夏に描いたカスタム前のイメージイラスト。時は過ぎぃ

170318DSC_0349イラストセシル1


からのこうなりました。

190504DSC_8742.jpg



190504DSC_8733.jpg


何を言ってもヘッドはまぎれもなくレイズナーです。

私には完璧成長したセシルに見えても、おそらく見て下さってる方にはほぼズナじゃん、ですよね。

言葉での説明が難しく、イラストにすると私の中のふたりの違いはこんな感じです。

170505DSC_0972-2_20190912173749126.jpg


そして自分の世界に住む愛する彼らです。

190912DSC_9145.jpg



190912DSC_9168.jpg



おつきあい下さりどうもありがとうございました

にほんブログ村



別窓 | セルフメイクヘッドログ | ∧top | under∨
キャラド・綿の国星/チビ猫風カスタム(ただのコスプレに
2019-06-09 Sun 21:35
                                              


冷蔵庫の中が淋しいんだけれどな、と外の雨足を気にしながらベランダにでると肌寒いくらいな日曜日。

このところちまちま楽しみながらやっている、メイクカスタムの最後の仕上げをしていました。

そうそう、昨日はどこで失くしたか記憶があやふやだった、
一番お気に入りの日傘が見つかりラッキーでした。

3本の日傘を気分や服に合わせ使っているもので、
なんだか余計にそれをいつ失くしたか思い出せません。電車内、マーケット、病院・・どこだ?

結局先週お見舞いの帰りに旦那と遅い昼食をとった、麻布十番の焼肉屋に置き忘れていたんでした。

昨日もお見舞いに行き、そしてコスパが良かったからまた同じ店で昼食をしようと扉を開けると、
ありましたよぉ傘立てに私のグレー地に白の小花刺繍がある日傘が!そこにいたのか。

良かった~とっておいてくれて。(_ _)
安物なんですが愛着がありあきらめきれなかったもので♪るんちゃです♪気を付けないと。

病院へ見舞った先は義姉で、案じていた経過が良好なようでこちらも本当に良かった~。
\(^o^)/\(^o^)/


そんな週末を送り、さてメイクができました!長年大好きな『綿の国星』のチビ猫ちゃんですよ!

キャラドールというかコスプレして遊んでるだけってやつですね。


190609DSC_9218
Rosenlied Monday`s Child Melon


月曜子Melonちゃんの鼻を少し削っています。りんごほっぺが特徴かな。

服は以前買った玩具メーカーのビスクチビ猫ちゃんから借りたのもの(ちょっと大きい)と、
手持ちのサイズなどが合うもので。

うちのキャスト製BJDのなかでは一番小さいこ。

体長約16cmで手乗りサイズなのがなんとも言えないです。


190609DSC_9217.jpg


彼女は昔の少女漫画にでてくる、小さな女の子の姿をした白い子猫。

自分の歳や生活環境によりお話の受け止め方が違ってくることが、他の漫画より大きく感じられ、
何度でも真新しい気持ちで読み返せる作品だと思います。

中学生の時に初めて出会い、あの時は主にチビ猫や若い登場キャラの気持ちになってたりしましたが、
大人になるにしたがって全ての登場人物(猫)の思いに沿えてくる傑作です。

余談ですが、萩尾望都さんの作品は子供の頃とほぼ同じ感情で読み返しているんですよ。
違いはなんだろ?


190609DSC_9239.jpg



190609DSC_9214.jpg


猫耳は和紙をチュールでくるみ色を付け、ウィッグに縫いつけています。

実はまだ”しっぽ”がありません。うちにもふもふした白いファーがなくて・・・。

ごめんね、探しに行くからもうちょっと待っててね。


190609DSC_9220.jpg


うちでどうやって大きくなっていくのかな。 なんて。


190609DSC_9227.jpg


チビちゃんは大きくなったら目も覚めるほどの美しい”ホワイトフィールド”というお姫様になって、
身も心も沈み込むような一面の綿の野で”ラフィエル”が迎えにきてくれるんだよね。


イメージからすると彼
171210DSC_0143-1[1]



こっちにも耳としっぽをつくってあげなくちゃ
171210DSC_0111-[1]


それまでにたくさんたくさん遊んでゆっくり大きくなって下さい。


190610DSC_9238

(旦那がこんな可愛いリアルにゃんこちゃんがいたらもう会社行かない!って言ってますw)



本日もおいでいただきありがとうございます。

にほんブログ村



別窓 | セルフメイクヘッドログ | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT