どんなふうに人形を撮りたいですか2 背景布
2020-05-24 Sun 21:50
                                        


どんなふうに人形を撮りたいかの2弾目、思いを語るといくらでもでてくる感じです。

他の方が参考になるようなノウハウは残念ながら持ち合わせておらず、
ひたすら自分がツボる範疇で悦に入ったり凹んだり憧れたりしている日々を過ごしているだけなのですが。

お人形遊びとはそういう”ひとり遊びを追求して完結できる世界”でいいんじゃないか、
むしろそれがいいと私は思っています。
勿論好きを語り合え分かち合う仲間は大事。

そして私は人形の写真がとても大好きなんですよね。
でも撮影を必要としない雰囲気の人形がいたり、ずっと箱入りなのがそのこらしい人形もいます。
住人全員が同じタイプというわけではないので。

人形以外の写真はわりと現場写真の記録的で、人形相手だとスイッチの入り方、脳を使う部分が違う気がします。


今回は好きだけれど使いこなすのが難しいと前回ボヤいていた”背景布”を用いての撮影です。

何が難しいかって不自然にならないようにするところです。
でもプリントなんだから不自然で、そういうものなんじゃないかと急に思いました。(爆)


にしてもどうせ撮影をするのなら背景も人形もできるだけ引き立たせたいし、
表情やシーンを素敵に撮ってあげたいものです。

人形には普段みせてくれない(正しくは私が気づけない)顔があるんですよ~たくさん。
自分(オーナーさんそれぞれ)にしか見せない顔、そこを探すのが好き。それが人形撮影の最大の魅力。


◆廃墟の壁

DSC_4459.jpg


背景布に合わせて色々なシーンを広げて遊べるところが楽しい。
そして我が家のような狭小住宅でも扱える手軽さが魅力。

DSC_4473.jpg



† Play in D minor
DSC_4477-.jpg


所持している背景布
170517-.png


◆月夜の窓
これは永遠にゴーストハウスから抜け出せないようなシーンにしたかったところ。

160715DSC_1574-[2] -



◆森の中
絵本の森の中を彷徨うアリスを待ち受けるのは・・・

201510121939563d3[1]-

いーかげんで口が上手いたらしのチェシャ猫とおまけのノーテンキチビうさぎw 

20170518153633546[1] -



◆屋敷のホール
あくまでファントムファイブ家のセバスチャン(黒執事)ですから

廊下の奥はどうなっているんだろう、この館って誰が住んでいるんだろうとか、
ミステリアスにかつ表紙の一頁みたいに撮りたかったんですよね。

20170518153552e0e[2]


◆洋館の一室
映画のようなドラマチックさ、この続きはどうなるのと自分でも思いながらでした。

170517DSC_0418.jpg



◆書庫
これ背景布?ってまじまじと見ちゃう感じで、この時は整然とした図書室より古い書庫にしたくて、
全体のトータルバランスや雰囲気が合うように小物を雑多に配しました。
古書の匂いがする場所を意識しながら。

170510DSC_0031-1_20170509184722c7e.jpg


ウィルがカインに読んでおくべき書物をみつくろい渡しているところ。

170510DSC_0029-1_2017051010090013d.jpg


ウィルが優しそうだよwカインお気に入りだものね。
なのにカインの仕事ですからってスタンスがいいw

170510DSC_0080-1.jpg


などなど背景布を使用した過去撮影分でした。
これからもお話や遊びが広がるように、楽しみながら用いて撮れていければいいなと思います。

布は息子の部屋のクローゼットに保管してあり、今リモートワークの機材やら箱やらに阻まれて取り出せない状態。
またそのうちゆっくり遊んでみたいと思います。



別窓 | 背景布・ ステンドグラス | ∧top | under∨
鐘のキャロルが降り響く
2019-12-03 Tue 22:52
                                          


どんなに愛して長い時間を一緒にいようとも、人間と距離を縮めない人形が好きです。

夢から覚めてしまうから、いつまでも手の届かないところにいて欲しい。


191203DSC_0271.jpg
教室A 削りパテ盛



この冬もここで耳を澄ませば 美しい数式のような


191203DSC_0291.jpg



鐘のキャロルが遠い空から降ってくる


191203DSC_0273.jpg




191203DSC_0292 (2)



待ち構え頭上にとどめようと思っても叶わず


191203DSC_0303-.jpg





191203DSC_0297-.jpg



与えられた問題を解く間には遠く遠く去ってしまい

鐘の音の余韻だけが 冷たい空気に幾重にも響いて止まない


191203DSC_0285.jpg



ベリーショートの墨隼(ぼくしゅん)もかな~り好いけれど、やっぱ金髪カールは捨てがたいですよね。

教室Aの持ち味をどこまでも崩すことなく、かつオーナーの癖と趣味を出してくれる優秀なヘッド。


前回の照明とインテリアを中心にした時は、人形もインテリアとして撮影しましたが、
今回は墨隼らしく往くものは追わずなタチを出したいと思いました。

冷静なのはカインと似ているけれど、違う点はカインはいつまでもずっと待ち続けている犬みたいなところがあるんですよね。

そんなうちの人形の微妙な特徴を出してあげられればいいです。



12月になりいかにもクリスマスぽくしておりますが、玄関は依然としてハロウィンのままですよ!
本日もご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村


別窓 | 背景布・ ステンドグラス | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT