花に染む
2018-05-11 Fri 18:11




DSC_4835-.jpg
義母作



母の日用に義母の描いた草花のフォトブックを2冊送ったら、予想以上に喜んでくれ「同じのをあと5冊増刷してちょうだい!」と元気な声で電話がありました。

まぁうれしい。

親しい友人やきょうだいに渡したいからとのこと。

私の撮影や知識の未熟さと、思ったよりフォトブックの画質の粗さが目立った為「撮り直します?費用を調べていませんが印刷にかけることも検討しましょうか?」

責任を感じてそう持ち出したところ「あはは、いいわよリコちゃんそんな真面目に考えなくても。こんな立派なの笑えちゃうけどありがとう。これで問題なし!オーケー!」

あっけらかんとした答えが返ってきました。

そう、こういう人なのはわかっているのだけれどね。豪胆でサバサバ。

悩んだり落ち込んでいるところを見たことがない旦那とやはり親子だと思いました。

気が強い旦那と義母が話していると、口を尖らせあって小競り合いに見えるのよw

旦那に「お義母さんあれでいいんだって。」と言うと、
「だろ。画集なんてもらっても迷惑じゃないか?もっとちっせー(サイズの本)でいいんだよ、高いんだし。
ったくワガママ言ってんじゃねーよな。ママくらいだよあんなに喜んで見ているの。
もっともあなたら二人にしかわかんない世界があるからな。」
母親に何かと厳しくない?


にしてもいかんせん原画とのギャップが・・・
でも喜んでもらいたくて作ったので、あれだけヒャッホーしてもらえれば私がとやかく言う必要など全く無いというものです。


義母が描いた草花の大半は、友人の田山夫人(仮名)が育てて持ってきてくれました。

そして田山さん含め何人かの世話好きは、勝手に庭に苗を植えていくそう。

しかも他の人の植え方が下手だとこれまた勝手にやり直す。

朝起きると庭のレイアウトがなんか違うことがしょっちゅうらしい。

GWに旦那が帰省した時も、田山さんがやって来てうちの庭で菜の花を摘み「これ持って帰んなさい。おいしいわよ。」って。
誰んちだとw


「そうゆうことだから、田山さんに渡すのだけタイトルは”田山家の花々”にしてちょうだい。できるでしょ。んじゃよろしくねリコちゃん。またねバイバーイ。」 ←

クラッ・・・

はい、わかりましたお義母さま。仰せの通りに(するしかありません)。




花に染む 心のいかで 残りけん
捨て果ててきと 思ふわが身に

西行 『山家集』


とおに世俗を捨てたのに なお心から離れることのない桜 
西行の桜愛


皆それぞれに心に棲み続ける、いつまでも色褪せない”桜”があるんだろうな。

そのひとにとっての桜はなんだろう。

紙面からはみ出さんばかりに描かれる義母の四季の花の絵。
おさまりが悪く尻切れ蜻蛉に思えるどころか、私には義母のしなやかな自由さが心地よく元気をもらえます。









スポンサーサイト
別窓 | † 筆箱【イラスト墨絵】 | ∧top | under∨
予定は未定 でもそのうちやれると思うんだ
2018-02-28 Wed 07:00



当初の予定では こんなラクガキから始まり、
ルカとクリスに大きなサンドイッチを持たせて遊ぶつもりでした。

100円ショップの小物が、人形の遊び道具に活躍しています。

食品玩具も良くできていて、これで100円!と驚き。

そのままでもいいし、手を加えれば自分の雰囲気がでてまた楽しさが増えます。


180229DSC_1106.jpg




残念ながら今回は欲しい物が見つけられず、紙粘土で作ってみたら、これが思ったより手軽でうれしくなりました。

個人のお人形遊びには十分。

パーツはそれとなく揃いました。後はパンに挟んで人形と遊びたい。

が、それがなかなかできない。疲れて気力がいまひとつでない。



考える事、やる事が多くてかなり複雑で深刻。ストレスから十数回目の円形脱毛中。

それに関してはもはや慣れっこで、隠れハゲくらい痛くも痒くもねーよってなっています。

ですが掃除面で部屋に髪の毛が落ちている事にイラっ。

なるべく髪をシニョンにまとめています。でも気づくとたくさん落ちている。

そのうちカッパになる日も近いですわ・・・。


しばらくしたら元気もたまってくるでしょう
180222DSC_1108[1]
油揚げのようなものはチーズ



ルカとクリスはわりと好奇心が強いこ達。 気になる事にくるんと目を輝かせる。

そのせいか簡単なお料理をしたがったり、色んなものを食べたがります。

アメコミにでてくるような、それどうやって食べるの?などーんと高く積まれたハンバーグとか好きらしい。

でもね、猫族のくせに生ものが嫌いで、どちらかというと草食系でお菓子好き。
特にルカ兄さんが焼く果物や木の実のパイとかに目がない。(兄さんさすが主夫)

なのに生ハムとか食べたがり、たいして口にせず結局『もういらなーい 無理』って残してばっか!

レタスとチーズをむしゃむしゃ。

まだ子供なので大目に見ていますが、双子をかなり甘やかしているなぁルカ兄さん。


私には猫がじゃれて遊んでいるようにしかみえません
170801DSC_0123[1]
過去撮




170801DSC_0148 (2)





**********************************

春のように暖かい日が増えてきました。
でもこの冬は全般に寒く思えます。歳のせいか。

夜は背中にホッカイロを貼り、布団の中で主婦雑誌の温泉特集を読むんです。
そして温泉につかっているイメージをしながら寝ると、リラックスして温まるんですよ。


180228DSC_0540.jpg


けっこう気に入って毎晩のようにそうしていました。

それを旦那に言うと、不憫に思ったらしく”アンカ”を買って来てくれました。
「もっと早く買ってやれば良かったな。」って。

ありがとう、でも自分なりに楽しんでいた脳内温泉宿。

これが画期的。温かすぎてすぐ眠くなります。電気代も安そうでもっと早く気づけば良かった。

180228DSC_0512.jpg



旦那にはお礼にフルーツケーキを作りました。

180228DSC_1106 (5)







別窓 | † 筆箱【イラスト墨絵】 | ∧top | under∨
人形のイラスト 今年の目標でした2
2017-12-29 Fri 12:25




171229DSC_0170.jpg



年頭に立てた目標ではなく、初夏頃から人形の写真を撮る前に、イメージイラストを描いてみようと思い立ちました。

そのうち撮影後に描いたりと、なんだかまた適当になりました。


撮影の前には写真の出来上がり予想ではなく、私は大抵イラストになって頭に浮かびます。

じゃあそれを描くのも、あとから見直すのも楽しめると思いました。

細々と続けてみます。


ピックアップで。



   『羽黒』  カイン (なんですよ
   墨絵 墨と顔彩、白麻紙  修正がきかないので神経総動員
   171229DSC_0080.jpg
   




素描  鉛筆画
171229DSC_0346[1]
セピア加工しています





素描   白ウィリアムズ
鉛筆画 コピック 
171229DSC_0458.jpg




171229DSC_0404.jpg





これはヘッドドレスのイメージデザイン ウィリアムズ
ロットリング コピック 色鉛筆も使ってるかな
171229.jpg






灰薔薇女学院(でしたっけ?)の制服が可愛いなと思って描いたもの
まだ制服を着せた写真を撮っていませんでした!
色鉛筆画 鉛筆
171229DSC_0152.jpg






『いばらの海に祈る』セシル
色鉛筆画  線はブラウン系のペン0.1mm 
すごく考えながら描いた覚えが いたって普通なのに何を難しく考えてたんだろう?w
171229DSC_0194.jpg






171229DSC_0035.jpg





『瑠璃色の船に乘る』 白ウィリアムズ 
色鉛筆画 ロットリング コピック 鉛筆
これは頭より先に手が動いていたので、ほぼ無意識と言える状態でした 
171229DSC_0167.jpg





171229DSC_0428.jpg



あれレイズナーがいない・・・・
ごめん、次回ちゃんと描くから。 


と言うことで、来年はレイズナーを最初に描こうと思います。







別窓 | † 筆箱【イラスト墨絵】 | ∧top | under∨
いばらの海に祈る
2017-11-16 Thu 01:13




いばらの海に祈る



色鉛筆画  線はブラウン系のペン0.1mm
171117DSC_0194.jpg




セシルはいばらの海に100年祈りを捧げるのも厭わないのでしょう。



前回ウィリアムズを描いたならぱやっぱセシルも、と思いました。

ウィルを宗教画風にしてしまったため、対するセシルをどうしようかと困りました。

セシルは漫画チックな顔だから、リアルな像を全然結ばなくてまいった。


結局苦し紛れで、カスタム中のヘッドの顔を絵にしてみようと・・・。


これはあきらめて途中でやめようと思うも、

好きなことなので最後はかなり楽しくなりました。

でもウィルの時みたいに頭で考えなくても、手がどんどん先に動くようなことはありませんでした。

一生懸命考えながら塗りましたーw


イメージできないものは、どうしていいかわからなくなり難しいなぁ。 




171116DSC_0012-.jpg




意外なことにセシルは空に、海に、大地に祈りを捧げています。

跪いて。

まったく見かけによらないものです。


何が彼をそうさせるというのでしょう。


たとえわかってどうなるわけでも、どうしてあげられるわけでもありません。





1711156DSC_0194-.jpg








*****************************************



ひさびさに食べた朝食のホットケーキがおいしかった!

いつも焼くだけで自分では食べないことが多くて。

なんとも懐かしい味でした。



DSC_0184-.jpg









別窓 | † 筆箱【イラスト墨絵】 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT