ghosts in my room43 眠れぬ部屋で
2022-09-26 Mon 11:13




ghosts in my room43 眠れぬ部屋で




220922DSC_7262_20220922212505532.jpg



今宵も彼は此処に訪う


220922DSC_7266.jpg



静寂に満ちた永遠の眠りを手にいれるために


220922DSC_7273_202209221024170cc.jpg




幼い頃一度知った覚えのある
天も地も重力も無い 
有るのは果てしない安寧の世界の夜


220922DSC_7280.jpg




220922DSC_7280 (2)



彼は再びその時を


220922DSC_7300.jpg



惸然と待ち続けるゴースト


220922DSC_7285.jpg





******************



たまにはおしゃれな色や古い銀幕の雰囲気にしてみたくて、画像をあれこれ色加工してみたのですが(右)、
散々悩んだ挙句にどれがいいのかわからなくなりやめました。


左は元の画像
220923DSC_7318.jpg
SDGrカイン オーバーメイク


コロナでずっと会うのを控えていたので、彼岸花は3年ぶりにいただきました。

お会いでき嬉しかったです。

この時期の秋の草花といえば、近くの都立庭園で萩が見頃を迎えています。

どちらも咲き終わると本格的な秋の訪れのように思います。


自分にしかわからないマイナーさながら、今回の撮影で一番好みの写り方は四角で囲んだここ。
好きすぎ・笑

全体があっての一部。一部は全体があってこそ。

稚拙者で理解できているか怪しいですが、亡くなった墨絵の恩師がそう教えてくれていました。

絵や目で見たのとは別の面白みがあるから、下手の横好きでも写真趣味はやめられない。


220922DSC_7280-4.jpg



カインが羽織っているのは人形用のマントではなく、洗礼用アンティークベビーケープ。

古いもので力加減を気にしてそっと触らないと裏地がいまにもちぎれそうで怖い。

素晴らしいレースと刺繍、うまく言い表せませんが実際手にすると敬謙な存在感があり、画面でケープだけが目立たないよう全体のバランスに心したつもりです。


杖はずいぶん前、7、8年前に自作した歪んでたりする自分クオリティのやつ。当時欲しくても売ってなかったから。

画像以外にエンジ色の杖もあります。MidiやSDサイズなど各種揃えました。

カインが手にしているのはSD17用なので、華奢な彼には大きめで貫禄がありませんね。

そんな年若いもどかしさが彼の魅力でもありますから、よしとします。



20151012191242014_202209222052148b3.jpg


20151012191249085-_202209222052138fb.jpg




*******************

私の部屋に棲むゴースト達のシリーズ
† 箱庭のHEAVEN †

220520DSC_6810_20220922120023497.jpgNo.42セシルのことはレイズナーにしか知らない

160331DSC_0631_20210825234517810_20220922120023399.jpgNo.41眠りルカによる奇想曲

210710DSC_5190_20210826001144752.jpgNo.40指も髪も

20190704111359723_202108260016017c0.jpgNo.39Piano Man

DSC_6390 (2)No.38ねえウィル知ってる? 

210111DSC_5914_202106180913186e3.jpgNo.37彼(か)は誰-龍笛-

210109DSC_5945wNo.36誰そ彼-蝙蝠扇-

201208DSC_5779wNo.35宝島 So many days passed

201016DSC_5207-1.jpgNo.34彼岸と此岸の界線に

201007DSC_5293-1.jpgNo.33ご機嫌よう愛しのウィリアムズ~狂った旋律~

20200618075706ca8[1]No.32ご機嫌よう愛しのウィリアムズ~翳った再会~

200509DSC_4669[1]No.31退屈を持て余すゴースト

200216DSC_9720-.jpgNo.30わたしの愛するゴースト達

200222DSCN8180-1 No.29薄情が踏み外す薄氷  

191012DSC_9846[1]No.28愛してる

190730DSC_9501[1]No.27夜半のお茶会

190512DSC_8816 -2No.26瞳に棲む人形

190107DSC_7761-.jpgNo.25からくり仕掛けのゴースト

2018122422075450b[1]No.24クリスマスの訪問者

180921-1DSC_7097.jpgNo.23箱庭の中の華2朱い血

180921-1DSC_7133.jpgNo.22箱庭の中の華1消える華

180920sdgrアーニ1ーDSC_7075No.21訪問者を待つ白秋の秋  

180917061401426[1]No.20ザ・マジシャン

ghosts17.jpgNo.19 鏡の中の男        

ghosts17_201808231236301d6.jpgNo.18 フーガの技法
       
ghosts17_201808231545179ea.jpgNo.17 マリオネット     

ghosts16-2.jpgNo.16-2 雨の子守唄2    

ghosts16-1.jpgNo.16-1  雨の子守唄1     

ghosts15.jpgNo.15 二匹のランビー

ghosts14.jpgNo.14 共鳴         

ghosts13.jpgNo.13 キャロル

ghosts12.jpgNo.12 エデン        

ghosts11.jpgNo.11 逢瀬

ghosts10.jpg No.10 緋蝋燭      

ghosts09_2018082313420848b.jpg No.09ゴーストはかく語りき

ghosts08.jpgNo.08 再帰的と非再帰的  

ghosts07.jpgNo.07何かが道をやってくる

ghosts06.jpgNo.06 眠り姫         

ghists05.jpgNo.5 紙のお城

ghosts04_20180823151444d97.jpgNo.04 トミノ        

ghosts04.jpg No.03 月夜の窓辺

ghosts02.jpg No.02 PARTY2     

ghosts01.jpg No.01 PARTY1  






別窓 | カイン      | ∧top | under∨
骨と人魚11 -九月の人魚-(番外)
2022-09-01 Thu 21:20



骨と人魚11 -九月の人魚-(番外)



ある九月の 月明かりが海の底に届きそうに眩しい夜のことでございました



220901DSC_7252 (1)



しじまだけが果てしなく呼応し広がる冷たい水底で

珍しい貝の卵から孵ったばかりの小さな人魚は

魚の尾ではなく二本の人間の足を持っていました



220901DSC_7196 (2)



あれはまだケアラシが海面に立ちこめる凍てつく冬のことでした

汚れた人間の世界を疎い悲しんだひとりの若い女は

これから生まれてくる愛しい我が子には

どうか陸(くが)とは違う世界で暮らして欲しいと願いました

「目の前の海原はなんと広大で美しく神秘的なのだろう

我欲にまみれ罪を罪とも知らぬ者の魂はクラゲとなり当てもなく漂い そのうち泡のように消えてしまうと伝え聞く

海に棲む者は皆浅ましく不浄な争いなどせず 其処は朝焼け夕焼けが珊瑚色に染まるまばゆい極楽のような場所に違いない」



220901DSC_7160 (2)



「止ん事無き綿津見神に願い奉る

生まれてくる我が子をとこしえの命を持つ人魚とされ 海神の妃として迎え入れ給え」

女は海を見渡す山の上に建つ 小さなお宮様に三百日の間 赤い蝋燭を灯してそう願い続けました

「赤はお宮の鳥居と同じ色 きっと魔除けとなりましょう
蝋燭の火は生まれてくる子の道を照らしてくれましょう」



DSC_7259 - コピー



願いが届いたのか夏の終わりの晩

不思議なことに女は貝でできた卵をひとつ産み落としました

母親となった女は卵を胸に抱くと 月明かりを頼りに沖に小舟を漕ぎ出し

そっと手を離しまだ温かい卵を海の底へと沈めると手を合わせました

するとたった今まで凪いでいた海が轟々と恐ろしい音を立てて渦を巻き出し

瞬く間に小舟ごと女を飲み込んでしまったのです

女が最後にちらと見たものは 山のお宮様に灯した赤い蝋燭のほのかな明かりでした


やがて波が静まると 後は何事もなかったように

九月の澄んだ夜の下の海面を 月が青白く照らすばかり



220901DSC_7209 (3)



卵から孵った人魚の子どもの足は魚の形をしておらず

永遠に目を覚まさすこともなく

頼りない藻屑のようにゆらゆらと揺れながら 唯眠ったままなのです



220901DSC_7245 (2)



これが母親の願った

極楽もかくやとばかりの海中で とこしえの命を与えられた人魚の姿なのでありましょうか



20901DSC_7225 (2)
人形作家: 櫻井紅子




ワタツミにはワタツミの クガにはクガの

ヒトにはヒトの生きる道がありましょうに


小さな人魚は何を思い 今も海の底で眠っているのでございましょう

お宮様には今も誰かが供えた 赤い蝋燭が灯っているのでございましょうか




*****************


これまでに何度となく読み返したり、朗読でも繰り返し聴いている小川未明の『赤いろうそくと人魚』。

未明らしい物悲しさで人間のエゴを映し出し、場面のひとつひとつが影絵のように静かに浮かんでくる短編です。

作中の人魚の母親は、我が子が暗く冷たい北の海で寂しく育つよりも、
情を持ち豊かな生活をする人間の世界で暮らした方がさぞ幸せだろうと考えて子供を手放しました。

では人間の世界を疎う人間の母親であればどうだろう・・・。

その子どもはどうなるのだろう・・・。

(育児放棄をされた子の魂は)そう考えながら今日即興で作ったお話です。

我が子が幸せにと願う気持ちを考えると胸が詰まりますが、境界線を超えることや過ぎた欲よりも、
足るを知るのが大事だと自分に言い聞かせる部分があります。


骨と人魚シリーズ、ぽつりぽつりと2016年から続けています。
18年からは毎年1作づつのスローペースで今回は番外編。
前回は森鴎外の「高瀬舟」の主人公の気持ちに沿い、うちのウイリアムズの心情に当てはめたものです。

人形作家による70cm程の眠り目の球体関節人形と、今年の7月にご縁がありました。

彼女は永遠に目を覚まさないような、仮死的な風貌です。


*****************
シリーズを細々続けています

210720DSC_6010-_20220901203304b21.jpg10. 高瀬舟 202006301728381d9_20210720114508590.jpg9.喰いちぎる腕

1190504DSC_8741 あ8. 難破船 180815DSC_6541w7 呼ぶ声  

骨と人魚180704DSC_5983-26 銀の砂 骨と人魚201709151554065b7-25 肋の心臓 

骨と人魚170805DSC_0279-24波の底の花骨と人魚20170807032123863-23 夢なら
 
骨と人魚20170315125824be2-22.Angels talk骨と人魚201602251554307fa-21 骨と人魚 




別窓 | ビスクドールなど     | ∧top | under∨
しろたん達の誕生日2022 20歳と19歳
2022-08-09 Tue 11:08



8月8日、今年も我が家にこの日がやってきました。

うちのごまちゃん(大)20歳と、しろたん(中)19歳の誕生日。

ショップで息子がごまちゃんを抱きしめて離さず、そのまま抱っこして電車に乗り連れて帰ってから、
もう20年も一緒に生活してきたのね・・・・感慨深いわぁ。


暑いのでしろたんマシュマロ入りフルーツかき氷でお祝い
220809DSC_3678.jpg



ひさびさ使った氷かき、懐かしい~。


220809DSC_3683.jpg



しろたん公式ツイッターでは、気弱で優しいらっこいぬと、新しいおともだちで天然なところが健気ならむねちゃんが、
しろたんの誕生日ケーキを作るお話が連載されていました。

私はアカウントを持っていないので、息子がLINEで送ってきてくれましたよ~。


ラムネちゃんてんぱってる がんばれ
Screenshot_20220808-170601.png



Screenshot_20220808-170734.png



き、緊張する。はたしてこのふたりで無事にケーキは完成するのか。



Screenshot_20220808-170807.png



すごーい、空を飛びたいらむねちゃんの夢が詰まった雲ケーキだ。
しろたん仲間にお祝いしてもらって良かったね。

うちでもお祝い。


Screenshot_20220808-170905.png




Screenshot_20220808-170959_202208091031103bb.png



な~んて息子とLINEで楽しんでいました。
彼のアイコンは理系男子によくいる顔シリーズ?からのチョイスだそうで、
あまりにもそっくりすぎて最初オリジナルかと思いました。
どこも違わない。
大学の友人は見分けがちょっとムズイくらい似てるこだらけ。


自然災害、人災、諸々の世の中で、こんなちょっとした幸せが余計にありがたいです。



********************


買い物途中の道端に咲く、年々背が高くなっていく白百合。

塀は180cm位あるんじゃないかな。背が高くなる品種なのか、それとも環境に併せて育ったのか。

気合はいってるわ。

雑多な町中にあって逞しくも美しくて目を奪われます。

立秋を過ぎても日照りが厳しい日々、負けずに咲き誇って下さい。


220809DSC_3662.jpg


********************


追記


気になっていたしろたんのたすき、

「本日主役」でした!


Screenshot_20220809-123731.png


憧れるなぁ・笑






別窓 | しろたん       | ∧top | under∨
リカちゃん⑤ ダイソーのエリーちゃんを削って魔カスタム
2022-08-04 Thu 17:13
※ノーメイクの人形画像あり



ダイソーのオモチャコーナーに、リカちゃんのようなお人形さんが売っているのは、以前からなんとなく目の端に入り知っていました。

でもまさか気合入れてカスタムをする日がくるとは全く考えていませんでした・・・・。


手にするとこの値段でこのクオリティはすごいと純粋な驚き。


220805DSC_2375.jpg
この他にエリーちゃん本体をもうひとり追加で購入


合計で千円ちょっとですよ。

服はポリエステルが主でペラペラツルツルでも、上手にきちんと縫製されていて、靴や靴下まで付属して100円。
かなり感動してまたこんなに買ってしまった。

国産リカちゃんの聖地では似たような靴下と靴だけで千円ちょっとするかも。
人件費やモノが違うと怒られそう



でも肝心のエリーちゃんが・・・
ダッサいおばばの私にだけは言われたくないだろうけれど、おばさんぽくてちょっちダサいの。

輪郭がお弁当箱で顎がしゃくれてる。

顔に比べてボディが細くて手足が短いし、どうせ型をとるならもっと小顔にしてスタイルをよくすればいいのに、ファッションドールなんだから。

確かに美人ではあるのになんか自信なさげ。そして制服や可愛い服が・・・似合わなかった・・・。


ヘッド、これって削れるのかなぁ?

でた!散々な事を言い、100円エリーちゃんまでが私の魔カスタムの餌食。
ごめんね。


220805DSC_2360.jpg



試しに首の付け根部分を手持ちのサンドペーパーで削ってみるといけそうです、削れます。

ところがそこからが大変だった~。
いつものキャスト製ドールよりずっと削るのに力と根気がいりました。

いや~疲れたヤスリ掛け。

下唇からの顎が長いので必死になり短くしたんですが、疲れて限界。
ここから削った際の細かい傷を磨かなきゃならないし、もうやめやめ。


こうしてみるともっと頬を細めに削れば良かったなぁ
メイクはTAMIYAのうすめ液で落としています。エナメルリムーバーでもいけるはず。 
220805DSC_2373.jpg
頭部:塩化ビニル樹脂、ボディ:ポリエチレン


さて、次はメイクですが、おそらくリカちゃんもエリーちゃんも工場での凹版転写印刷でしょう。

通販で目が印刷されているデカールシールがないか探しましたが、リカちゃん用はみつかりませんでした。

仕方ない、じゃあいつものようにアクリル絵の具と筆で自分で描くか。

リカちゃん系の顔を描くのは初めてです。

ねんどろいどって顔はシール?いろんな表情があっていいですよね、キャラクターにそっくりですごいわ。

できるだけエリーちゃんを踏襲してちょっとつり目気味で、眉毛は自信有り気な勝気な感じでいこう・・・・


わー、けっこう難しい、左右対称にならない・・・。

悪戦苦闘で完成したのがこちら。実際にカスタムをしたのは5月の後半頃。


220805DSC_2868.jpg
撮影場所:6月竹芝 背景布じゃあないんだよ
服はタカラトミーのリカちゃん用 


ほとばしる昭和のかほりのバリキャリS商事勤めなエリーちゃんに・・・・

なっちゃいましたーーー



220805DSC_2883.jpg
撮影場所:6月汐留



なっちゃったものはしょうがないわね。


220805DSC_3561.jpg
うちの玄関で


リカちゃんのコートは手足の短いエリーちゃんだとこうなります。


220805DSC_3562.jpg



一昔前のシロガネーゼマダム?


220805DSC_3580.jpg



ジェニーちゃんのレトロワンピ、似合うわ。

足はブーツの途中までしか履いてません。上げ底とか嵩増しの術。


220805DSC_3589.jpg



さすが着せ替え人形、お着替えが楽しいですね~。子供の頃を思い出します。

これは友人Pさんの作ったサマードレスで幼SD用。デザインによっては兼用できてうれしい。

220805DSC_3605.jpg



それにしても100円のお人形さんで、ここまで気合を入れて大人が遊べるなんてありがたいものです。

そう、趣味だからいいの、自分が満足できればの世界。

エリーちゃんはもうひとりいて、そのこはそのまま可愛がっています。

不器用だけれど今度髪の毛を切ってあげようかな。


220805DSC_3609.jpg



自分でカスタムをしてわかる、本家リカちゃんの尊い愛らしさ。

なんちゃってリカちゃんハウスも作ったので(まだ途中)、それはまたいずれご紹介を。




別窓 | リカちゃん | ∧top | under∨
眠るビスクドール
2022-07-19 Tue 10:40




時折、老舗の草餅を買いに歩く地蔵坂に、
いつから開いたのかこじんまりとした画廊店があり、わたしはそこで眠るビスクドールとご縁がありました。


220719DSC_7112.jpg



わたしは20年間静かにその日を待ち望んでいました。


櫻井紅子バロットDSC_7109





櫻井紅子バロットDSC_7113





櫻井紅子バロットDSC_7121



戻り梅雨のそぼ降る日、ワンピースの袖と裾を濡らしながらおずおずと扉を開けました。

ギャラリーって私には・・・アーチスト系な人が集まりそうな場に居ていいのかと気後れがする。



物静かな若いご店主の距離を保った出迎えと、昔から存在しているような店内の空気と音楽に安心して顔を上げると、
彼女はなんの疑いも持たず、わたしを待っていてくれました。


櫻井紅子バロットDSC_7119




*******************
gallery hydrangeaにて
撮影及び掲載許可


自分の情報力と行動力の乏しいせいがままあると知っていますが、
作家の創作ビスクドールに一目惚れをして、且つドールにも受け入れてもらい、時世や己の生活環境などを併せて考えると、
お輿入れしてもらう可能性は人生の中でけして高いものではないと思います。


ご店主との短い話の流れで、ツイッターのアカウントを持っていないことを告げると、
どうしてここを知ったのかと少し不思議そうでした。
個人活動の作り手、売り手、買い手、ツイッターは情報を回す生命線といって過言じゃない時代なのでしょう。

ぬいぐるみやお人形が好きな地元のおばさんで、こちらのギャラリーはお買い物の道すがら気になっていました。
(コロナで色々あり)なかなか入店の機会がなく、ようやくこうしてご縁がありました。
そうまんま応えました。

微かな笑顔を返してくれましたが、きっとなんか客層が違うと思われたことでしょうね。


20年間眠るビスクドールとの出会いを待っていました。





別窓 | ビスクドールなど     | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT