南条 勲と14年前の古~いボークスニュースと表紙の移り変わり
2018-06-27 Wed 07:07
※ボークスの最新ニュースVol.79が出た最中に、14年も前のニュースなどの話です。
それでもいいよ、って方はご覧下さい。



いっちゃんこと『東京少年物語』の南条 勲くん。

ずいぶんとご無沙汰をしてごめんなさい。(平謝り)

このこはデフォルトメイクのままが好き
180627DSC_5788.jpg




180627DSC_5790.jpg


変わらず元気そうでうれしい!!!

私は超色々ありましたが、またこうして元気にいっちゃんとお話ができて生きてて良かった。

(そう思えるようになったんだ)

待っててくれて、笑いかけてくれてありがとう。

ヒューヒュー(≧∇≦)b笑顔が爽やかでぶれない!元気をもらえます
180627DSC_5786.jpg


いっちゃんの載っているボークスニュースがあったなぁと、突然思い出したのが今回のきっかけです。

2004年・夏第12号!なんと14年前。(ま~だ持ってた)

この時期のニュースは今の4分の1の40ページ程で縦長、大きさは半分くらいでした。

180627DSC_5802.jpg


最新号と並べてみました。

当時冊子は200円。今はいくら?400円か。なんかキラキラ度が違う。

DD(12号の綾波レイ)はこんな感じだったんですね。おいくらか気になる、39800円。

79号のアイマスのこは69000円。 うわーずいぶん手が込んで豪華になりました。

SD13の南条 勲は92000円(全て税抜き)。

納得して購入していますが・・・いいお値段・・・いや、ごめんなさい、いきなり価格を持ち出して失礼しました。



10号より以前は所持していません
180627DSCN5660_20180627022503adf.jpg


長年男の子の主流だった13ボディがついに生産終了に。

あれ?下取り交換はまだやっているんですよね?実は細かいことよく把握していないんです。

皆さん購入システムやイベント、メーカーのことなども良く知っているんだなと感心してしまう。

私は人形の公式設定は好きで見てるんですが。あ、最近はもうわからないな。ツボれば別。


中も時代を感じる。

あっさり、しっかり気味なメイクでした。

2004年春10、11号 夏12号
180627DSCN5669.jpg


その後サイズは今と同じになりぺージも増え、しばらく里の風景や花だけの表紙が続き、
2007年盛夏25号(天草四郎)からSDが風景と重なるようになりました。


2006年早春19~2007年冬26
180627DSCN5663.jpg


字体は違えど30号位からデザインはほぼ今と変わらないようです。

2008年春27~2010年41
180627DSCN5665.jpg


長い間にたくさんたまってしまい、気に入った号以外はさすがに昨年処分。

50号以降はほぼ処分しました。

好きな箇所だけ切り取り保管していますがw


180627DSCN5666.jpg


6年前の伊達さんと支倉さんのツーショットVol.49と最新79の比較。

おふた方揃って艶やかでたおやかに大人っぽくなりましたねー。

伊達さん風情ありすぎ。

進化というか、変化というか、成長というのでしょうか・・・。お人形なのにすごいな。

これだからやめられない。はっはっlは。


180627DSCN5664.jpg


届いたニュース以外に永久保存版用に窓へもう1册買いに行ったりもありましたよ。

提督の表紙のやつVol.72(笑) 自分的号。

買わずにはいられませんでした。

やだ、ずっと眺めていられるわ素敵。バンバン(机)


チラシまでとってあるしやばい いいの幸せだから(一人芝居)
180627DSCN5668.jpg



いっちゃんとも久々に遊べて幸せすぎる。

昔のニュースもざっくり見直す機会があり楽しかった。


180627DSC_5800.jpg



180627DSC_5795.jpg


満足。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

いっちゃんは『東京少年物語』の立役者って思ってる。

今日はありがと。また話を聞かせて。

つかぴょんとか亜美ちゃんとか橘兄妹とか皆にもよろしく。


『じゃね また』  ぜひぜひ!別れ際のポーズもなんてかわいい永遠のアイドル
180627DSC_5794.jpg


うまく紹介できませんでしたが、時代の良い流れを感じてもらえたらうれしいです。

はい、本日もここまでご覧いただきどうもありがとうございました。





にほんブログ村
ありがとうございます ヽ(;▽;)ノ




別窓 | アーヴィン・遠夜・トニー | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT