猫島や ああ 猫島や猫島や その2 
2019-05-03 Fri 21:25



令和が明けました。本日は3日なので遅まきながら新元号おめでとうございます。

こちらは木々が目にも眩しい五月晴れの一日。

私は昭和では子供時代から学生時代を、平成になると社会人であり母親として過ごしました。

昭和を20年間、平成を30年間生きてきまして、首までどっぷりつかったおばさんです。

昨年息子が社会人になり、認知症実父母の介護が終わりましたので(義実家はこれから。義父は大正生まれ)、
令和は自分の余生を大事に過ごすつもりでいます。まぁどうなるか・・・。

これからの若い人によりよい時代になるよう、まだ頑張らなくてはいけない世代でありつつも、
今までより肩の力を抜きながら、旦那と手を取り合い楽しく生活していきたいと思います。

こ~んなこ達も一緒にね

7961638275815.jpg
このイケメンにゃんこがくっついて離れなくていや~困っちゃったなはっはっは(大喜)


猫島の日記その1に続きその2です。

ここまで濃密に過ごせる威力があるとは想像以上・・・恐るべし島です。

猫ズにつかまりなかなか先に進めず、やっと着いた休憩所『島の駅 にゃんこ共和国』。

敷地を見る限りグラウンドが広がり、元は学校だったのでしょう。

周囲は草むらにモンシロチョウが飛びかい、桜がはらはら散ってのどかそのもの。

端の建物内にはお土産や軽食が販売され休憩所にもなっています。

外のウッドデッキで旦那と猫がしばし昼寝をしてました。空は青いし平和。
20190418_115619.jpg
皆でごろ~ん ここの猫さんは日陰が大好きみたい。まぶしいのかな。


野良猫をプロと言うなら君たちはセミプロ軍団でしょうか。

20190418_114629.jpg


優しい女性の店員さんがいて、「みーちゃん(確かそう呼ばれていた)はお外より中が好きで、お客さんと一緒にすぐ店内に入ってきちゃう。」のですって。

みーちゃんは甘えたかまってちゃん声で存在アピール中。足元の写真はもしやみーちゃん?

島の駅の少し先には猫神社があり、気さくな黒猫主?が出迎えてくれました。

20190418_123341.jpg


下調べでは飲食店が島の駅くらいしかないとのことで、乗船前にコンビニで簡単なお昼を買っていましたが、
外で食べようと座ると猫ズがテケテケ走ってくるー。

観光客が食べ物をあげちゃいけないそうで、外で食べるのはちょっと難しいかな。

だって走ってくるよーwだからグラウンドの隅にテーブルがあるのに、立って歩きながらお弁当を食べているひとも。

それで結局店内で食べました。店内にお弁当を持参してもOKです。この時20席はあったと思います。


20190418[8]


相手にされなかったら淋しいと、おもちゃの猫じゃらしをホームセンターで買って鞄にしのばせていた旦那。

「猫がこないとママがベソベソするからさぁ、責任感じて持ってきたんだよ。」ですって。

とんでもない。そんな必要もなく島の猫さんたちにたくさん遊んでもらいました。

感謝感謝です。ありがとう、皆これからも元気でね。


そこかしこに昭和が色濃く残る田代島で一生の思い出ができました。

船を待つ間に港でまたトラックの運転手さんに会って、「また来てくださいね。」と笑顔で声を掛けていただきました。

はい、ぜひ。

20190418_150215


本日もどうもありがとうございました

にほんブログ村


別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
猫島や ああ 猫島や猫島や その1
2019-04-30 Tue 12:10
                                


宮城県石巻市の田代島、通称猫島にやっと念願叶いご隠居中旦那と行ってきました。

猫さーん今行くから待っててねー、と小さな島へ向かう船のデッキで仁王立ちをして目を輝かせていた私。

かなりよろけてました、船が思ったより早。


20190418_154307.jpg


私のようにワクワクうはうはしているどころか、見るからに緊張していたのは旦那。めずらしくどうしたの?

前夜から「お見合い成立するかな。可愛いこ(猫)遊びに来てるれるかな。」と何十回もつぶやくありさま。

まるで婚活パーティへ向かうとでも言うよう。そ、そんなに心配なの?

ペット禁止のマンション住まいなもので、普段は猫カフェや動画を見ては、
「うううかわいいよぉおお!」と夫婦で毎日のように悶えていますから。


着きました田代島。つちのこたん、たくさんの猫に会えるようパワーを頂戴ね。

港を背にほんの少し歩くと、あっこれが有名?な
”多い ← ネコ → 少ない”の看板か。(笑)
ありがとう目的一直線にかなってなんてわかりやすい看板。(私は壊滅的な方向音痴)

初心者は当然多い方でしょと気が早み十歩程進むと、キターキター歩いて来たー猫1号早速発見!

え、え、なんでそんなすぐに、しかも毎日会っているような感じで傍に来てくれるの?
そう思ったら足元にコロンって寝転がってしまった・・・。

え、君も?もう一匹後ろからきていました猫2号。
そんなことあっていいのかしら、まだ看板から1分たった位だよ。

これが猫島ですか!゚(゚´Д`゚)゚

って旦那の存在をおいて来ちゃいました。振り返ると彼はまだ看板の案内を見ています。
ネコ多い少ないのしるべだけでだめ? ←

「ママ普段と全然違って行動が早いな。」と言われました。

20190418_095451.jpg


ウエルカム猫さんに夫婦して感激し、近所の猫カフェならこれだけで満足し数時間過ぎるところですが、
進まなくてはと「またねありがと♥」して後ろ髪を引かれつつそのまま道なりに進むと・・・・

あっという間に猫3号、4号、5号、6号! 鼻ぢでそう。

20190418_101225.jpg


車道ではなく猫の通り道でした。

島の車はこの日1台だけ遭遇し、同じトラックの運転手の方に3回会って気さくにお話をいただきました。

旦那が人懐こいせいか、人見知りな私が猫と話している間に、島の方とそんなプライベートな話までしてたんだ!って感じでした。

猫が道の真ん中でなかなかどいてくれずw運転をとても気をつけてらっしゃっていましたよ。

猫7号、8号。

この8番目の白黒の子猫さんに旦那がめっろめろで、車も人もほぼ通らないからって道路に寝転んで猫していました。

「ママも一緒に寝転んでごらんよ。」っていや・・・さすがにそれは不慣れだから・・・でもなんて幸せな時間。

島の桜も輝いて生き生きしてる・・・。


20190418_102731.jpg


9号、10号・・・何匹会えるかなってしていたカウントはもう意味ないですね。

こちらがしゃがみこむとまっすぐに走ってきてくれるんですよ。くれるんですよ。

20190418_125310.jpg


猫島や ああ 猫島や猫島や

1556459729574


平成もあと12時間で終わりますが、私の猫島日記はその2へ続きます。

今日は息子は仕事です。家で旦那とお人形達と、そろそろお昼ご飯を作ろうかなんていつもの日常の中にいます。

平成になった30年前は社会人なりたてでしたっけ。
悲喜いろいろありましたが、このように平和な気持ちで過ごして終われ、新元号を迎えられてありがたいことです。

雨が止んだので玄関とベランダをちょっとお掃除して送り迎えです。
ここはお正月の新年の気持ちとちょっと似ているかな。

忙しさ真っ只中で大変な方もたくさんいらっしゃいますが、今日が穏やかに過ぎますように。


本日もどうもありがとうございます

にほんブログ村


別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT