鬼やらい
2018-02-03 Sat 21:20




180203DSC_0724-.jpg






180203DSC_0727-.jpg




節わかれと明日は立春です。

今年は新たに身の振りを考えたいと、色々過去のものを整理しており、心なしか見通しが良い感じ。



180203DSCN4102.jpg




ビニール傘に積もった雪を枝にかざすと、桜が咲いた様でした。



180203DSCN4104.jpg



鬼やらい。

子供が小さい頃は、遊びがてら派手に豆を撒き、後で掃除が地味に大変。

「豆を踏まないでー!あー、だから踏まないでっ!」と良い思い出です。

夜になるとあちこちで「鬼は外、福は内」の声が聞こえたものでした。



180203DSC_1005.jpg




我が家は節分に恵方巻きを食べる習慣が特になく、手軽に小さな手巻き寿司。

簡単ながら行事は楽しんでいます。


180203DSC_1013.jpg




そして季節の可愛らしい練り切り。



180203DSC_1010.jpg



梅の枝によく見かける若草色の鳥はメジロですね。目の周りが名前の通り白い。

この絵はウグイス。

目元に白と濃茶の横線模様があり、尾羽根を若干長めに、腹を白く描くのが墨絵では通例です。

勿論好きなようにくずして描いていいんですけど、基本のルールは多いです。



これはどっちかなw柴又帝釈天の参道商店で買ったもの。おいしかった。
180203DSC_1012.jpg





追記
***********************************


わーーーーい さっそく福が。

キャビネットの下の隙間に、棒を突っ込んで埃りの掃除をしていたら、行方不明だった目玉が出てきました。
そこにいたのか君達は(*´∀`*)




180203DSCN4120.jpg












スポンサーサイト
別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
少し模様替え
2018-01-14 Sun 18:33



鏡開きも過ぎ、併せて少しだけ模様替え。

昨日友人の娘さんの成人式の画像を見せてもらいました。

晴れ着姿がとても可愛らしかったのが心に残り、うちのお人形にも着物を着せてみました。



DSC_0617.jpg






DSC_0612_20180114163313cfe.jpg






DSC_0625.jpg




お着物似合うねURIちゃん
DSC_0632.jpg






DSC_0627.jpg



先週の七草粥では、家にあるお野菜を使ってはしょりました。

お野菜高いですからねー。無駄なく使い切ることをいつも以上に心がけています。

レタスが年末からとうとう500円に。 これじゃ飲食店も大変だな。


お刺身のツマ(大根)も入っている
180108DSCN4078.jpg



今比較的安い菜の花やさやえんどうに、残っていたかまぼこなど入れたパスタ。

中途半端に余った栗きんとんやあずきはパイシートに包んで焼き菓子にしました。

DSC_0519.jpg


焼豚は冷凍してあり、都度チャーハンやラーメンに使おう。

鏡開きをしたお餅はどうしようかな。

大根おろしと醤油でからみ餅・・・お餅ピザ・・・干して揚げ煎餅。

気分的にからみ餅かな。


180108DSC_0490.jpg






新年会
***************************************


昨夜は中一の頃からの友人4人と新年会でした。

普段あまり喋らない私ですが、3ヶ月分くらい喋って笑ってきました。

皆おもしろすぎ。

そしてブレずに思い切り自分の人生を生きているなぁとたじたじ。

来週から台湾に遊びに行く友人は、よくわからないけれど台湾マスターになるらしいw

もうそんなところが大好き。

私は皆を敬愛しています。 スゲーって。正直なところも大好き。

私ももうちょっと気合をいれなくては。


たいてい友人の旦那さんのお店で呑んでいます。

仕事とは言え、旦那さんは料理上手だし、豆だしいいわね。

家でも放っておいても大丈夫だそうで。


「リコの旦那さんはリコがいない時どうしているの?」
と聞かれ、そういう時旦那は、砂漠か満州に自分は身を置いているって考えているんだって。

と言うと、「砂漠か満州!満州?ww」と笑われました。

彼には過酷な状況ってやつ? なにしろ筋金入りだから。


女の子が二人いる友人の、下の娘さんが成人式でした。

晴れ着姿の画像を見せてもらいなんかじ~~んときました。

赤ちゃんの時抱っこしたんだよー、あたたかくて柔らかかったな。

女の子は華やか。ほんと大きくなったな。

たまに私たちの集まりに参加してくれる懐っこい娘さんで、だから余計にかわいくて。

一番早い友人は21歳で長男を授かり、私は26歳で。

今回でうちらの子は皆成人になりました。

そりゃ白髪も増えるはず。


それぞれ色々あったし、これからもあるけれど、今もこうして一緒に笑い転げていられて嬉しい。

夫婦以上に長く付き合っている共白髪ね。


お土産をもらったので
DSCN4083.jpg



さっそく午後茶しました
DSCN4086.jpg







別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
迎春 2018
2018-01-05 Fri 01:11



明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


お人形を代表してカッパまきたんがご挨拶
『 きゅっ 』 (短!
180104DSCN4072.jpg



家族で大晦日から三が日食べまくっていました。

お煮しめと伊達巻くらいですかね、自分で作ったお節は。


180104DSCN4070-.jpg


180104DSC_0453.jpg


焼豚
180104DSC_0445.jpg


年越しそば用の海鮮かき揚げを作ったら、
子供がおいしいって3個も食べてくれてうれしかったなぁ。

高校の時はおかわりなんてしないこだったから、こんなことで幸せを感じてしまう。


それと「それは何?」と水をはったボウルに入った数の子を見ていうので、
塩抜きしているんだよと教えました。

そんなことが楽しいお正月です。



盛大に外れたピント

180104DSC_0462-.jpg

食卓でオイルフォンデュをしようと用意をしたところ、
旦那に「近距離で油がはねたら危ないだろ。」と超却下されました。(笑

油ハネの少ない食材のつもりだったのに。

皆でやったら楽しいかなーって思ったのに、料理嫌いの旦那にはわかってもらえず。
(・∀・)あちゃー


ふらの和牛初めて。 また買おう



3日目の朝は食べ疲れて(!)湯豆腐と、土鍋で炊いた玉子粥。


180104DSC_0466.jpg



気持ちの良い正月晴れが続き、今年も歩いて近所に初詣。

破魔矢(御神矢)を買ってきて、邪鬼が入ってこないように小さな玄関に飾りました。

マンションということもあり、神棚も床の間もないんです。


180104DSC_0471.jpg



初夢は小学生の頃に可愛がっていた”アカ”という猫が、元気に鳴きながら遊びに来てくれました。

私猫をたくさん可愛がっていました。 

「アカ、元気だったの!ちゃんとご飯食べてるんだねよかった。」と抱きしめて冷たい鼻にキスできました。

元気そうでうれしかったな。私を忘れずに来てくれてありがとう。



180104DSC_0462.jpg



今年はもっと絵がうまくなれますように、と思いながら飾ってみたり。



180104DSC_0468.jpg
布袋見闘鶏図 宮本武蔵





◆お人形遊びはじめ

このところ教室A(墨隼・ぼくしゅん)愛が再発で、今日はヘッドを補修していました。

※ ご注意 ヘッドだけの画像です






このこは4、5 6、7年前に瞼をパテ盛、フェイスライン、頬と口を削りカスタムしました。

補修は2度目かな。

疲れてボディにのせる気がまわらなくて、新年早々どうよ?な画像ですみません。

自分は普通にメンテで扱っているので平気なのですが。



180104DSC_0478.jpg



汚れたり、薄くなったメイクの補修。

それと瞼に少しラインを入れたり。 相変わらず左右非対称です。

うまかありませんし、センスがあるわけでもないんですが、
メーカーの美麗なデフォルト達とは別の愛しさがあります。

自分のできの悪いこ程なんとかってやつでしょうか。


教室Aヘッドいいなぁ。 個人的に再ブレイク中。

墨隼は、はっきり言ってたいした情を持ち合わせていないヤツです。

相手に興味を持てないのかなんなのか、かなり素っ気ない。

彼は何があっても、全て遠い世界のことみたいなんだもの。

悪気もなくすっとぼけていて、そこが面白くて好きなの。


『あなたって何考えているのかわかんない。』って言われてフラれるタイプです。


て私は新年早々何言ってんでしょう。


今度まつ毛もつけ直してあげるね
180104DSC_0478-



そして何が撮りたかったのでしょう。 自分の変な部屋を?

事故って絵の具の水を部屋にぶちまけてしまい、
更にパステルの入った箱を落とし、幾つか粉砕し飛び散り大惨事。

ふぅ。



180104DSC_0476-.jpg



応急処置をして布団を被ってふて寝してみました。

起きても当然現場の状況は変わってはいません。

でも自分の気持ちはすこーしだけ変わりました。

そんなこともあるわ。

墨汁じゃなくてセーフ。



今年も地道に七転び八起きで、疲れたら休み休み、一歩ずつ進んでいきたいと思います。


180104DSC_0471-_20180104223600308.jpg









別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
週末 箱根で遊ぶ
2017-11-29 Wed 18:08



先週末の連休は箱根の保養所で2泊、のんびりしていました。


紅葉の箱根

霧がかかる保養所の周辺 やっと紅葉が見れて良かった~。


171126DSCN3946.jpg


5分ほど坂を下ると、背よりずっと高いススキ野原が一面に広がっている。
行こうよと旦那を誘うと、「ダメ。猪がでる。」  瞬殺却下。

ううっ。

そう、猪は本当にいるようです。 

旦那は安全面に関して異常なほど厳しい。(昔現場監督だったからか田舎で育ったから?)

「駄目に決まってるだろ。」が常套句。

決まってるって・・何故にどのように?(笑)

そのもっと先には大型リゾートマンションがあるくらいだから、大丈夫なのでは。

「ほら、そこにちゃんとススキ生えてんじゃん。」  ✩ケ✩チ✩!



ガードレール脇のススキ・・・
171126DSCN3956 (2)


これじゃない感はあるものの・・・おとなしくあきらめました。

霧がかかっているけれど、周辺は山で空気や自然の気配にけっこう満足。

散策とは言えない散歩後は温泉に入り、お夕飯までひと眠り。 

列車内でも寝たはずなのに眠れるんだなこれが。

そしてカラオケ。

「これ昔スキー場のベランダでよく聞いた。」

・・・ゲレンデじゃ

「EXILEの町って曲なんで入ってないの?」

だからだよ。

「ははは、おっさんはしょーがねーな。」   うん。

うちの旦那の明るさはひろみ郷さん並で、変さは高田純次さんです。

もうかなわないってやっと腹をくくりました。

もっと早くそう思っていればよかった。馬鹿だったな。

話すと長くなるのでやめて、そしてまた温泉、マッサージという定番の流れ。

そしてまた眠る。 寝すぎて腰が痛いオババ。

うっかり贅沢もできません。




大涌谷

次の日は晴天で、強羅からケーブルカー、ロープウエイと乗り継ぎ大涌谷へ。

連休につき乗り場が激混み。外国人の団体客が多かったかな。

小さい子も沢山いて、可愛らしさになごむなごむ。

子育て一生懸命で大変なのに、外野が勝手に遠まきに喜んじゃってすみません。

着ぐるみのような服に旦那は「おいパンダちゃんが歩いているぞ!」とメロメロになっていました。



大涌谷 荒涼として何度行っても別世界 
近づくと地下からゴオオオと轟音が不気味に響く
171126DSCN3995.jpg




171128DSCN3984.jpg




171128DSCN3982.jpg


寒~。 売店で温かいランチ。
ネーミングも見た目のインパクもかなりな、激辛と書かれた「赤池地獄の黒ラーメン」。 

覚悟した程ではないのは、私が辛いのが平気なせい?観光地向けのせい?
スープはくどさのないクリーミーでマイルドなとんこつ。練り白ごま、ラー油、唐辛子かな。

黒い麺は海藻かイカ墨?と思いながら口にすると、
サトウキビのような植物系のほのかな甘さと風味がなんとなくしました。

後から知ると竹炭を練りこんでいるそう。
焦げた苦さや、竹の気になる香りも特に無し。
ここの名物の黒(ゆで)たまごもおいし。 

1000円なのは高山だから当たり前の値段として、
残念なぬるさを除けば、家の近所にあったらリピートしたい、白髪ネギをたっぷり入れたい。

171126DSCN3986.jpg
赤と黒のインパクトある見た目

これをインスタ映え、sns映えというのでしょうか。 
私はインスタもツイもFBもやっておらずよくわかりませんが。

写真テキトーですみません。 
もっとおいしそうに整えるなり気を使えって感じ。お味はおいしいのですよほんと。

普段からひと様に紹介する系映えの意識は、申し訳ないんですがほとんど私の頭にはなく、
ひたすら自分萌で撮って載せています。

それ以外は現場写真として写ってればいいや、になるようです。




岡田美術館


帰りの混雑を避け、昼食後は早めに引き上げて、恒例となってきた寮の近くの岡田美術館へ。

個人蔵なのに美術品の質も量も建物もすごいです。

クラクラしますよ、何故さらっとこれがある?と。 

東洋の焼き物好きの旦那と、軸物好きな私にはもってこいの美術館です。

お前そんな美術のことわかんのかい、と言われたら勉強もしていませんし、
いいえって答えるしかありませんが、好きなタイプの美術品が多いこと、多いこと。

蒐集とは思えないんですよ。行けば何かしらわかると思います。
芸術家の愛好家でここまでの規模だと、使命感も手伝ってもっと色々な傾向を集める気がしますが、
技術者が集めると、いえ集めるじゃなくて”揃える”とこうなるのかなぁと・・・。

パシパシっと纏まってるんです。 
完品が多く取捨はっきりしている印象。

さらっとあっさり、質がいい。(スープじゃないんだから)
東洋美術の特徴もあり、そのように思えるのかもしれません。

そのせいか疲れのこない満足度があり、また足を運びたくなります。
主観や好みで恐縮ですが。

でも入館料2800円にはクラッ。 いつも忘れてそうだ、高かったんだと思う。 

外には足湯があり、「パパ痛風気味でしょ、足湯してく?」と聞くと「ダメ風邪ひくだろ。」  
はい却下。


手荷物のセキュリティもX線を通して空港みたい。 受付のスタッフもき、きれい♥

以前に名前から、岡田茂吉氏の関係者の設立かと思いスタッフに尋ねると、
勢いよく否定されました。よく間違われるんでしょうね。

現在仁清と乾山がメインとして展示中。





陶芸工房


次の日これも恒例になりつつある陶芸工房へ。

庶民はこれっ!

隠居したら小さい焼き釜を買い、自分使いの食器を作りたいという旦那

いいじゃないですか、どうぞどうぞ。 時間ができたら存分に楽しんで下さいな。

旦那は絵が上手(日本画家の孫)で私からしたらうらやましいのに、描かないのはなんか勿体無いなぁ。

仕事では初期デザインをちょこちょこ自分で描いてるみたいですが、そんな好きじゃないみたい。

「めんどくせーよ。」ですって。

(悪いけど焼き物より全然センスあると思うよ?)


コーヒーカップ、最後にかわいらしいイカリのマークをエンブレムで付けてた。
なんか粘土遊びをしている小学生みたい。

うん趣味は楽しむのが一番。

旦那の口ぐせは「かわいくないと許せない。あっちいけよだよ。」ほんと小学生
171126DSCN4000.jpg



私はというと  同じく小学生の図工
171126DSCN3997.jpg


前回ろくろで野点用抹茶碗を作ったら、
几帳面に整いすぎて面白くもなんっっともない出来で、
お茶を飲む気になれず、デイリーな小鉢として活躍しています。

だから今回は遊び心優先で、


たい焼きを意識したお皿! 丸すぎ?
171126DSCN4001.jpg
木べらで模様描き マーカーのキャップの底がいい具合に目玉に
焼けるのがとても楽しみ フフ


先生に「あー日本画好きでしょ、エラの線やらでわかるよ。」と言われました。

ええ、好きですが実はこれがリスペクトなんですよ、


15年程前に買ってずっと大事にしている愛読書!


たい焼きの魚拓


全国のたい焼き達が魚拓になっている大っっ好きな本。

いつかたい焼きをモチーフにお皿を作りたい~~なんて思っていました。


171128DSCN4015.jpg



この本(宮嶋康彦著 たい焼きの魚拓)の最初に紹介されているのは、

東京都麻布十番の浪花家総本店のたい焼き。

懐かしい。良く頂いて食べたんですよ。

この近くのお寺さんに20歳の時から、子供が産まれてからも15年近く墨絵のお稽古に通ってました。

ここのたい焼きはお土産の定番でした。
 


171128DSCN4018.jpg


お稽古後は亡先生を含め皆で十番温泉(銭湯)に行き、
帰りに縄のれんのおでん屋に寄ったりと、もの好き連中の集まりでしたね。

踊りの師匠、プロカメラマン、OL、女優、日本髪(時代劇とか)のカツラやさん、スナックのママと寄せ鍋状態。

旦那も目の病気になる前は、1年くらい一緒にお稽古に通ってましたっけ。



さて、

そんな箱根でたくさん充電してきたから、また地道に真面目に(やってるんですよ)頑張ろ。

まずは年末まで、普通に元気にコツコツと暮らします。

持病の指の痛みが治まっているし、サボっていたお稽古達をしよう。

そしてそろそろ次の人生設計を考えて、実行に移していく時期になってきたようです。




171126DSCN3973_201711282220412e8.jpg








別窓 | † 文箱【日記】     | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT