私の失敗 顔にいきなり色移りってちょっと待って
2017-10-13 Fri 09:21




人形のヘッドについた汚れ、色移りのお話。

私がしでかした最近の失敗談です。 (>_<)

誰かの役に立てばいいなと思いながら書きますね。

良かったらご覧下さい。





171013DSC_0038.jpg




自己責任で注意が足りなかったと思っているので、クレームや愚痴のつもりはないんです。

セルフカスタムヘッドでまだ良かった。 でもショック。

結局事なきを得たので、当初書くつもりはなかったものを、

”もしかしてこの失敗は誰かの役に立つかしら。特に最近人形趣味を始めた方に”と考えました。



で何があったかと言うと、

もう9年程前にメーカーから発売された服のセット(聞いたら忘れられないようなネーミングの)
付属品である眼帯を着けたら、ヘッドに色移りをしました。


撮影の10~15分着けていただけなのに、

どうやら経年で眼帯の素材(合皮?)が劣化したのが原因かと考えています。

個体差や保存方法、使用頻度などもあるので憶測です。


そりや10年近く経っているのですものね。 寿命もきますわ。



バタッ 倒   嘘でしょー、ちょっと待ってー
171013DSC_0056 (1)





こうならぬよう直接ヘッドに触れる場合は、特に扱いに気をつけて下さい。


使用時の対策としては

まずヘッドの蓋に装着して試してみる
安心な素材の裏生地を付け、紐も取り替える
古いものは思い切って処分する

ですかね。

そもそもアイパッチとか仮面は必要ありませんか?

でも銀貨好きだから・・・わりと必需アイテム。


今までにも合皮のブーツ、6年程経ったものを久々取り出すと急にボロくなっており、

そちらは見るからにヤバそうで処分したのですが、今回は見た目に油断しました。


保存は購入した際の箱に入れ、毎日開ける押し入れに保管していました。



あああああ

ティッシュに水を含ませてそーーっと拭きましたが全く落ちず。



以前固形石鹸をつけたティッシュで拭いて、メイクが落ちたことがありました。

カスタマーの方のメイクでした。

随分年数が経っていましたので、落ちたというより擦って剥げたのかもしれません。

耳の一部分であったのが、不幸中の幸いでした。



そのような事がありましたので、

万が一汚れてしまったらメーカーに相談されるのが一番だと思います。




セルフカスタムだからいざとなればやり直そう、これも勉強だよな・・・痛いけど。

と思う反面、6回はガッチガチにコーティングを吹いているから大丈夫かも?
若干ヤケ思いました。

しかも自分の不注意で、最後の仕上げのつもりが間違って光沢スプレーをしてしまい、

さらにパワーアップしたコートで膜を作っているはず。



他に良い方法が思い浮かばず、

固形石鹸をつけウィッグに隠れて一番影響なさそうなところを拭いてみると、

ありがたいことになんとかうまく汚れが消えてくれました。


よよ良かったよー(´;ω;`)よよよ

おすすめではありません。私の場合はの話です。



だからぜひ装着前に気をつけて下さい。





自分が使用している仕上げ剤は、Mr.スーパークリアーUVカットつや消しです。
171013DSC_0056 (5)
1stレイズナー



ここまでご覧いただきありがとうございました。



171013DSC_0033 (2)





頻繁に遊ぶ分失敗も
***************************************


ごめんなさいね、ズナ。 

色々失敗はあるけれど、注意をしながらこれからも一緒に楽しみをどんどん増やしていこう。




やっぱレイズナーはこれくらいちゃらい方がいいな
本気になられると怖い怖い
171013DSC_0018 (3)
急に思い出したズナ仮面さん(2017クルーズ) 長身でスタイルありえない程細。
ヤセの大食で、一方セシルは何食べて生きてんの?ってくらい食べることに興味なさそう。

ところで演技で、立っているだけであんなちゃらい雰囲気はでるものでしょうかw

など思いながらあの時は目が釘付けになりました。











スポンサーサイト
別窓 | レイズナー  | ∧top | under∨
完成アンティークチュールのオーバーブラウス 新たにもう一着
2017-10-11 Wed 00:20




ウィルの隣にいるのはセシルじゃなくてレイズナーです。 
うちでは非常~にめずらしいツーショット。


静かに険悪なのが余計に怖さを増して、写真はこの1枚しか撮れない有り様でした。
睨み合うどころかお互い相手を視界に入れたくもないらしくて・・・


『『 ・ 』』
DSC_0055-1.jpg
存在を考えたくもないのでしょうか。
双方がそう思っているようなので、ここでは何も問題はありません。
ふたりが怖いのでこれ以上詮索(下衆の勘ぐり)をするのはやめておきます。





◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆◇◆◆◆



アンティークチュールレースのはぎれで縫っていたオーバーブラウス、
なんとか完成しました。


とにかく簡単な工程のものしかできません。

デザインは幾つか浮かんでも、再現の到達は無理。

出来る範囲で楽しんでいきます。



171010DSC_0027.jpg




短めのガウンとしてもいけそうです。




インナーブラウスは全てディーラー様製。
何故こんな凝った服が作れるのですか。 
ハイネックはどうしてそのような形になるの?間近でみてもわかりません。
171010DSC_0043.jpg






171010DSC_0034.jpg




インナーを替えるとまた違う雰囲気楽しめます。

追々試してみよう。



171010DSC_0064.jpg




性懲りもなくもう一着仮縫い中です。


この手縫いで手刺繍の、とても古い洗礼式用ベビードレスが好きで、
黒いレースでショート丈、袖丈が長目のオーバーブラウスを作っています。

お手本にして縫製を少しでも真似できるようになりたいと、自分にしては頑張っています。


今ではみない清廉なデザインだと思う
自分の子供のお宮参りも清楚で普通に地味なハンドメイドでした
171010DSC_0071.jpg



手持ちの20cm程の幅広チュールレースでは身頃(丈?)が足りず、
アンティークレースを肩のところに足してみました。

肩のラインが強調されて、お兄さん人形にはわりと似合っているかな。

この市販のチュールレースは500円/m程で手に入るので、うれしいコスパです。



胸元のレースのデザインはまだ考え中
171010DSC_0048.jpg




背中の合わせはどうしよう・・・。 ほんとどうする?

スナップ付けとか苦手だからリボンかな。


マジックテープ?


171010DSC_0050.jpg





いつも賑やかで飄々としているズナが重い(>_<) ひぇぇ
171010DSC_0068 -










別窓 | レイズナー  | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT