アンティークチュールでオーバーブラウス作り
2017-10-06 Fri 01:40




気に入ったデザインの、アンティークチュールレースのはぎれを手に入れました。

とても繊細な手触りと柄。


171006DSC_0958.jpg



約40cm×60cmでSD17のオーバーブラウスを作ろうと思います。

生地の欠片を少々残す程度でなんとか型紙(適当)が取れました。



こちらは久しぶりの眠りルカ君です。


171006DSC_0956.jpg




久々だから個人的趣味でちょっとルカ画像を。

うちの住人の中で一番眠っているこ。



171006DSC_0960_20171006082500bc4.jpg







171006DSC_0964-.jpg





ルカが着ているのもアンティークベビードレス。



171006DSC_0967_20171006082504291.jpg





ローゼンリード火曜子さんの服や、

ベビードレスの洗礼服が素敵なので、そちらのデザインを参考にしています。

裁縫が下手な為、相変わらずきれいに仕上げることはできません。



火曜子のOF 可愛~ 
171006DSC_0973_20171006082505aa1.jpg




途中ですがこんな感じです。


まだ片袖が付いていません。 ホックなんかも。

あ、後ろ姿を撮り忘れました。

生地がもうちょっとあれば、セーラーカラーにできたのに残念。


なのでそれはまたの楽しみにします。



前回はアームホールがキツく、最初はハンドパーツを取らないと袖が通らなかったのです。

SD17の手は大きい。

それで後から直したので、今回は余裕をもたせました。


経年の繊細で柔らかいチュールレースは、ミシンがかけられるのかわからず、自信もなく、

チョーチョー汚い手縫い。

縫い目が笑ってるってやつです。



欲を言えばきりがなくハギレにしてはうまく柄がでてくれてうれしい
171006DSC_0977

ヨシ、遠目には縫い目がわからないゾヽ(*´з`*)ノ 
それにしてもうっかりすると破れそうで怖い




もう随分夜遅いので、お裁縫の続きはまたにします。


ありがとうございました。









スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨
あかい蝋燭と人魚
2017-10-04 Wed 00:06




あかい蝋燭と人魚



171003DSC_0911.jpg








171003DSC_0909.jpg




171003DSC_0923.jpg








171003DSC_0925.jpg






171003DSC_0928.jpg







171003DSC_0914.jpg




小川未明の『赤い蝋燭と人魚』

子供の頃、図書館で幾度も繰り返し読みました。

大人になってから読むと、印象や視点が違う本が沢山ありますが、

これは寸分違いません。



人魚のこが急き立てられ、連れて行かれる間際に、

美しい絵蝋燭を描くことができず、

手に持っていたすべてを赤く塗ってしまったところが、

子供ながらに、やけにそこだけ生々しく現実味を帯びて映り、

記憶の中に鮮明にあかあかと小さく灯り続けています。



このお話は、どうしてもいまだに声にだしては読めない本のひとつで、

私は私の子供には、読んであげることができませんでした。





171003DSC_0932.jpg












別窓 | 未分類 | ∧top | under∨
| † 箱庭のHEAVEN † | NEXT